« こみいってきました | トップページ | ぎゃーん »

2006/05/26

だびんちこおど。

どーも。

観ましたよダ・ヴィンチ・コード。小説も読んでいたので観る動機は「あのラーメン屋うまかったな、別のメニューも食ってみようか」みたいなトコロ。あちこちで不評を買っていたようですがハリウッド映画としては佳作といっていいんじゃないでしょうか。小説に出てくるいろんな名所・旧跡を見ることもできるしね。物語自体ははっきりいってどうでもいいです。スマートに仕上がっている、と言っておきましょうか。このお話が話題になっているのは、やはりレオナルド・ダ・ヴィンチという歴史的人物を入り口としてオカルト的陰謀史観に入り込み、あたかも劇中に展開される仮説が限りなく事実に近いように描かれている点にあります。たしかに切り口としてはおもしろいですし導き出される結論も若干、鮮度は落ちていますがここまで大々的に謳われたことはなかったと思う。たぶん。キリスト教世界の裏事情について触れている書籍群にはとても胡散臭いものが漂っていますが、事実としてすべてを飲み下すよりも物事を多角的に捉えなおし再構築していくおもしろさ、そして人間の後ろ暗い本質がどんよりと垂れ込めていて読み物としても興味深いものが多いです。荒俣宏先生のノンフィクション作品あたりから入るのはいかがでしょうか。ただし、あくまで丸呑みしないこと。気をつけなければいけません。この分野はアタマがチャンネルしている方が跳梁跋扈する魔境でもあるのです。

さて。らしくない文章をダラダラ書いたもんだ。どうせ誰も読みゃしないと思って調子に乗ったんだね。かわいそうに。今日は例のがっつくんをちょいちょい進めながら乱れ飛ぶ新製品情報をわくわくしながら見守った。まずレイとアスカな。いわゆるフラゲ組がいきなりトイザラスに陳列された新製品を手に取り、ミクロ界ではすでに恒例行事となった「破損報告祭り」に上がったり下がったり。今回の不具合はどうやら足首にあったらしい。この新製品ははじめて本格的に「ミクロレディ素体Ver2.0」を導入していると掲げているんだが、そのせいなんだろうか。さっそくポッキリ折ってるヒトが続出しているようだ。どうなってんのか見てみたいなあ。

そしてもう一つがMGギャン。………なにも言うまい。なにも言うまいよ! この手に取るまではな!

|

« こみいってきました | トップページ | ぎゃーん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101067/1939856

この記事へのトラックバック一覧です: だびんちこおど。:

« こみいってきました | トップページ | ぎゃーん »