« 最低です! | トップページ | おしゃれな秋がやってきた! »

2006/09/05

科学! かっけー

どーも。

やあ、なにやら暑さもどこか力を失って風がサラサラして気持ちいいですね。これをお読みになっている奥さんたちも後れ毛が肌にはりつく季節が過ぎ、晩御飯のお献立、ちょっと手の込んだものをがんばっちゃおうかな、なんて気分になっちゃったりしてるのかな? べらんめえ!

ついさっきまで劇場版パトレイバー2を観ておったのですが(仕事のことは気にしないでくださいね)一度観たハズと思っていたらまったく観たことありませんでした。おかしいなあ、冒頭で無人のレイバーが暴れたりコート姿の男が飛び降りたりする場面があったはずなのに… それはどうやら1作目だったようです。それにしても今日見た映画はいつまでもグジグジグジグジと。。いつまでたってもロボットが暴れない。なにこれ? ゴーグも第4話まで一回も出てこなかったけど、ちゃきちゃきしたアクションもそこそこあってイケイケの白人女子も出てきたし飽きなかったよ。でもこの映画は1時間半ほどずーーーーっと暗ぁぁぁい話をボソボソしてるだけ。戦後がどうたらとか。マンガだとおもって反射的に見に行ったお子さんとその保護者の方々はどんな顔して2時間を劇場で過ごされたのでしょうか。これじゃあまるで「教会でクスリマスを迎えるなんて、ロマンティック♪」とおもってちょっと着飾って行ったら周りは黒いベールをつけたおばさんとか肌のなまっちろいおっさんばっかし、外人牧師のたどたどしいイタリア訛りの説教が2時間近くも続き、そろそろ七面鳥の一つにでもありつけるんだろうと思ったらアメ横の二木の菓子でも最近は見かけないセコいキャンディをパラパラッとくれただけ。。。っていう目にあったモノを知らない若いアマっこですよ。まあ、それもこれもすでに15年前には終わってることなんですね。15年もオレはこの映画を観たもんだと思い込んでいたのか。ああ。。。思い込んだままでもそれはそれでよかったのかもしれない。

シリアス、そしてペシミスティック。押井守監督の辣腕も冴え渡るヘヴィな作品でした。まだ観ておられないという方は、健康状態、精神状態を考慮した上で、ぜひ。

それはそうと、ここ2日ほどこんなサイトに入り浸って悦に入っています。ああ、無断でリンク張ったりしてごめんなさい。まあ、ここをご覧になられているミクロマニアのみなさんはおそらく一度は、少なくともバナーくらいは見たことがあるはずですね。だからいいや(よくないけどな)。200Xシリーズは可動フィギュアとしてコスト面、ボリュームと総合的に非常によくできたおもちゃだと思います。たとえ破損が多くとも、です。しかし、オレが子供のころに魅せられたあのレトロフューチャーの引力、「科学、未来=夢」みたいな、ジョン・ゾーンの前衛音楽が宇宙空間に響いているような(真空とかそういうヤボなこというヒトはいないかな?)あの感じ。ミクロマンの向こう側に見えていたあの雰囲気がそこにはまだ残っているんです。そりゃ、たしかにアクロイヤーとは戦いますけど、そんなのは些事に過ぎない。ミクロマンたちは科学によって知識を、技術を、宇宙を探求し、平和を愛しているだけの存在なのです。しかも故郷の星を失って! 切ないなあ。

なんだかオレも自分のミクロマンたちに名前とかプロフィールとかを与えないといけない気がしてきた。もちろんひらがなでね。

|

« 最低です! | トップページ | おしゃれな秋がやってきた! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101067/3330653

この記事へのトラックバック一覧です: 科学! かっけー:

« 最低です! | トップページ | おしゃれな秋がやってきた! »