« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006/09/27

タイマニック!

どーも。

早いところではもう新作ミクロが売られているようですね。いわゆるフラゲってヤツっすね。興奮しながら開けてクニクニ動かしてる方もおられるんでしょうな。うん、まあ、よかったよかった。オレ、いちおう女の子たち3人をトイザらスで予約してみてるんだけど、なんだかちっともワクワクしてこない。それよりもいっしょに注文したマグネフォースたちのほうが気がかりなのさ。そう、それはね、なぜかというと

タイマニック

っていう単語が今更オレの脳みそをグラグラ揺らしやがったのさ! タイマニック。今でこそさえない中年なこのオレが紅顔の幼児であった頃… ミクロマンよりでかいミクロマン然としたおもちゃが登場した。それがタイマニック! ウロ覚えだが、なにやらぽっかり穴の開いた小天体から黄緑っぽい光線が放射されているようなイメージ絵があり、内容はほとんど記憶にないし今さっき片手間にググってみたんだけどコチラの方が当時モノのパンフの画像をお持ちでしたので勝手に拝借するぜ(ごめんなさい)。

Timanic_panf01 オレがおぼえてたのはカラーでもっと線がしっかりしていない感じだったハズなんだけど、記憶違いかもしれないね。どうやら超人ロックをお描きになっておられる漫画家さんのイラストだそうです。おめでとう。さあ、目ン玉ひんむいてよく読みやがってください。

この当時、たぶん単行本のマンガさえ手に取ったことがなかったコドモだったので、こういう安SFな雰囲気はキラーでした。でも、その時期しつこいくらいやってたロボットアニメはなにかが違った。アレはロボットが暴れる劇なんであって(それはそれで観てたけど)、ミクロマンだのウルトラセブンだのとは全然違うんだった。なんかこう、科学の臭いがする感じ。それがたまらんかったのだと思う。

中の下よりもうちょい下くらいの経済環境に育ったオレはそうそうおもちゃなぞ買い与えられなかったが、白いヤツを一個買ってもらった覚えがある。友達が赤いヤツを持ってて、毎日いっしょに遊んでたんだ。憎たらしいことに、そいつはさらに鉄アレイみたいな乗り物まで持っていて今でも脳に焼き付いているほどうらやましかった。最近になっていろいろミクロマンのことを調べたりするようになってやっとわかったんだけど、オレの海馬が告げるところによるとそのヘンな乗り物=ミクロマンと雑に分類されていて、もちろん間違っているんだけどなにぶん人格形成以前のインプリンティングなために感覚が書き換えられない。ついでに言うと鉄アレイにトゲが生えたようなカタチだと思っていたら球状の構造は2つじゃなくて3つだった。でもこれも書き換えられない。リングワールドに出てくるだっせえエアバイクは完全にタイムマシーン1のことになっているのさ。

Sub3106 これな。どっかのお店から画像持ってきた。でも、なんか同じ画像を何度か見たような。。。今見てもかっこいいなあ。サンライズやスタジオぬえやその系譜に連なる現代のロボット/SFデザインに駆逐されてしまったカンブリアモンスターですね。

そんなこんなで、タイマニックはガンダムがオレの心を奪うまでの短くて濃ゆい期間をともに過ごしたあまじょっぱいアイテムなのね。ついおとといくらいまでほとんど忘れてたけど。マグネフォースをこちょこちょいじくっていたらなんだかいろいろ甦ってきた。おお、まるで失われた時を求めてのイントロみてーじゃねえか! 早く届かないかな。オレのマグネフォース。でも、どっちかっていうとミクロ・タイタンシリーズのほうが近いんじゃないか? コレ・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/26

寂。

どーも。

とても寂しい。30半ばで尿は漏れ、結婚できない男サラリーマンNEOも終わってしまったし、入れ込んだ丹沢のイワナもついに釣れずじまいでシーズンは終了。おこづかいもこころもとありません。あー寂しい。

Img_0538_edited トイザらスで一つ500円だったよマグネフォース。安売りしてるの見たことなかったからイマイチ手を出しあぐねていたんだけども…やっぱりコレはイイ。昔あったミクロマンのコンドルとかを思い出したよ。ただ、材質の関係だろうけどすぐに関節がゆるくなってしまうのさ。寂しい…

       

Img_0539_edited_1マグネフォースはもともと6人いて、みんなで南米に出稼ぎに行かされたら3人が病気になっちゃって、みたいなお話なんだよ。この方はメティスといって病気を感染されてしまった人。そのわりにけっこう元気そうでなによりさ。

 

Img_0541_edited 彼はアキレス。これはオレの勘なんだが、おそらく下の名前は「健」だと思うんだ。それはさておき、こっちは病気にならなかった方。またしてもオレの勘が告げるんだが、目が二つの人は病気に罹らず、そうじゃない人は罹ってしまうようにできてるんじゃないかな? 500円か、ううむ。。。二つ買ってしまうと残りも欲しくなるよね! でもフォボスだけ売ってなかったんだ。それだけ定価で買うことになるのかな。寂しい…

Img_0534_edited そんな寂しさを紛らわせたくて、オレはまたしても戦場の業火に身をやつした。。。おう、どうですかこの陸戦型ファッティー。すっげえかわいくないですか。

 

Img_0535_edited ああ、かわいい。。。宇宙戦型もソーファニーソーキューですが陸型もきゃわええ。なでまわしたい、ボールをとってこさせたい。いっしょに陽だまりでまどろみたい。

 

Img_0536_edited 後ろからみるとけっこう違うんですね。ボトムズ野郎どもはごちゃごちゃ武器をくっつけたスコープドッグをわんさか買わされていますが、シンプルなほうがかわいいんだ。陸型もとってもかわいいんだけど、緑のほうがもっとかわいい。ああ、どっちももう何個か買い足したい。こんな風に物欲にかまけて精神が充足していない自分をごまかそうとするオトナになんて、なりたくなかったのに。。寂しい。。。。。

Img_0542_edited 連休だなんだヒマはあったのに結局手は動かせない。天気がよすぎてかえってなんにもできなかったんだよ。ホントはコレ、もーちょっと手を掛けずにサクサク作るつもりだったんだ。どうしてこんな風にしなくちゃいけなかったんだろう。なんだか自分がわからなくなってきたよ。

この寂しさも秋が深まるに連れてより濃さを増すんでしょうか。実体はないのに季節の移り変わりだけで感情が揺さぶられるって、いったいなぜゆえ。はあ・・・さっさとエポパテ乾かねえかな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/20

くやしくて。

どーも。ごぶさた。

連休だなんだで遊び回っててこのブログ的に進行させたかったコトはなーんにも進めていませんでした~。ゲハハハ。北海道行ってカニ食ったり川下ったりしてきちった。すげえおもしろかった。あははは。

さて、どうですか皆さん、お宅の武装神姫さんたちの按配は! もうね、ボクも気が気じゃない。発売数日前に相模原タムタムでお見かけしまして、へーもう売ってるんだーくらいのそっけない印象で流してしまいましたがまーどうだろうこの盛り上がりようは。うらまかしい! まざりたひ! ボクもなにやら様々な装備を組み合わせたい~! ね。ミクロマンもあんな感じで完全後追いシリーズ、やってくれないかな。あんなに今風な感じじゃなくっていいんです。というよりヤボったい感じのほうがよくなくないですか。そう、あのロボのように… 実は、武装さんのことを知る前にウチのアンドロイ子さんのパワードスーツ的な装備としてあんな感じの乗り物を妄想していましたよ。でも武装さんがあんな出来になってるとやる気なくす。どうあがいてもマネになっちゃいそうだし。こうなっちゃうと今更買えないんだよな~武装さん… くやしい。ねたましい。そねんでやる。

ウチのミクロマンたち、残念ながらちっとも進めていませんズラ。写真でもみてやるか、と思っておいでになった諸兄には大変申し訳ないです。そろそろ完全に飽きれて見放されそうですが、またぞろ違うコトをしておりましてね。。それに関しては近いうちに写真を公開できようかと。まあ、たいしたモンじゃないんスけどね。ゲハハハ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/09

おしゃれな秋がやってきた!

  どーも。

ここんところロクなこと書いてないですね。。中身がない上に文章がどっかしらおかしい。モチベーションが下がってきているんだろうか。尿は漏れるわモチベーシションは下がるわ、ほんとにイヤです。おまけにここ一週間、抜いたはずの親知らずがズキンズキン痛みよるんです。抜かれた痕が腫れてるような。そのせいで右側頭部がホラ、あれなんつったかな… コメカミを拳でグリグリする罰ゲーム… あれをずーっとされているような鈍痛にさいなまれているのです。頭痛薬もあんまり効かない。歯医者行かないとね。ああ、気が重い。

…えー 諸事情でミクロマンの方がちょーっと止まっていまして、代わりといってはなんなんですが保留中のドキュメントを一個見せびらかしておこうかなあと思うんだ。前にチラッとお見せしたヤツなんだがきっと誰も憶えちゃいまい。ふっふっふ。

Img_0508 これ、なんだと思いますか。よーく見てください。だんだん画像の一部が変化していきますよ・・・・・・・・・(ウソ

 

Img_0509 わかりますかね。MGグフカスタムを2年ほどいじくって半年放置しておいたモノです。ミクロマンなんていじくりはじめたからすっかりホコリかぶっちゃって貼り付けたプラ板なんて色変わっちゃってんの。

 

Img_0514 おしゃれポイントその1♪ おめめがぱっちり光るんだ! でもハンダがすげーテキトーな上に可動クリアランスのことをとっても安易に考えていたためにちょっと動かすと点灯しなかったり。気分屋サンだね!

 

Img_0515 おしゃれポイントその2☆ プリーツスカート。設定画稿とはまるっきり異なる妄想デザインが全開だ。一番おまたに近い装甲2枚を躊躇なく切り離したら動力パイプの付け根に干渉して動いてくれないことに気付き、なぜおまたと1パーツだったのかを思い知らされる。パイプ付け根のブロックを動かしちゃえばいい、というエポックメイキングな新設定で華麗に克服。

Img_0518

おしゃれな女の子なら、やっぱり足元に一番気をつかわなきゃだよね! バンダイがコンピューターを駆使して作り上げたMSの基礎構造をまるっきり無視したシリンダー。もちろん伸縮するよ。このためだけにWAVEのボールジョイントを5×2で10個使っている。ゴージャス~

 Img_0527

足の裏もあたりまえのように勝手なでっちあげ。ホビージャパンの作例かなんかで見たかっこいい足の裏をいつかオレも… と思っていたんだけど、それをまさかこれといった思い入れもないグフカスで初挑戦することになるなんて。ああ、思い入れがないからこんなにしちゃったんだっけ。

Img_0528 わお! 動きそうな分割線は確かに設定にもあったけれど… マジメな話、これは苦労の割に効果はほとんどありませんでした。人間の足首はかかとに重心を置いてつま先をあげることは可能ですね。このポンコツは足首がつま先の部分に接続されており、かかとは後ろに上がるようになっています。最初からこう動くように、とか考えないで行き当たりばったりの作り方をしていたための悲劇です。

Img_0526 おしゃれポイントその3。この画像だけでもすでにつっこむべきところは多々あると思います。が、それはまだちょっとガマンしてください。

 

Img_0525 ヒザの二重関節に連動して膝小僧が持ち上がってシリンダーが! 我ながらバカなことを考えたもんだ。効果? もちろん見たとおりロクに見えませんよ! いちいち言わなきゃ誰も気付かないと思うよ。まっ、それこそがおしゃれさんの証、かな?

Img_0517  最近のMGやPGなんかではこの部分に2本のシリンダーが入っていることが多いんですがいろいろな事情でウチのグフカスは1本で勝負! 細いのが2本よりぶっといのが1本入ってるほうがなんとなく男気。押忍!

 

Img_0529 あん♪ そんなとこ見つめられたら…あたし… そんなにオレってシリンダー好きか? そういえばこれ作ってる頃友達の前でシリンダーについて語りだして「そこまでシリンダーで動いてないと思うよ」って言われたんだっけな。今こうして振り返ってみるとエロフィギュアのおまたを丹精込めて仕上げて行く特殊な嗜好の方よりもよっぽどヤバいと思う。でもコレ、あとでテキトーに仕上げてごまかそうっていう下心丸出しでなんか不愉快だ。結局未来のオレが尻拭いをするんだろうな~(他人事)

Img_0519 グフカスタムの資料をお手元にご用意できる方はどうぞ比べてみましょう。おっと、モノを投げないでくださいね。見ての通り原型をとどめていない、というより元のデザインのことはなかったことにしています。まあ、最近のガンダムじゃよくあることだよね。流行にも敏感じゃなきゃ、ファッションリーダーは務まりせん。

 

Img_0510 おしゃれ改造ポイントその4。どうしてそんなことしようとしたのかは忘れたけど、手を人間のソレと同じように動かしたくなったのさ。

 

Img_0511 調子に乗って某掲示板に画像うpったりしたのでひょっとしたらご存知の方も… とりあえず動くことに満足してしまい、詰めは甘いんだ。いつものことだけど。

 

Img_0513 それでもグーはそこそこ絵になっていますね。18箇所の可動軸、親指の付け根はイエサブのボールジョイント。もう二度とやりません。誓って。だって、いつだって新鮮な自分でいたいから!

 

Img_0520 右手で懲りたから、じゃないんだけど左手は鉄爪。グフってたしか左手がツメだったハズ。えっ? マシンガン? それじゃ動かねえだろ! ツメでいいよツメで。

 

Img_0521 ポリパーツが丸見えですね。これはちょっとマイナスポイント。おしゃれに隙は禁物。気になるアイツに見抜かれちゃったらアナタの評価は一気にガタ落ち! これまでの努力も水の泡なのだ。 たしか、半年放置するに至った主な原因がこの鉄爪基部。どーーーーーしてもデザインが決まらなくてウダウダしてるウチに釣りのシーズンがきちゃったのだ。さらにミクロマンの誘惑が…

Img_0522 このグフカスタムの最大のおしゃれポイントであるハズのこの左手ですが、未だに完成形が見えません。誰かオレにうまいアイディアをください。200円くらい払いますから。切手で!

 

Img_0530 今日は友達を呼んでティーパーティー。おしゃまにはにかんでいつもと違う自分を演出してみる。ナチュラルな笑顔で、きっと気になるアイツのハートもキャッチしてみせる! というわけでおしつけがましくドム自慢。まあ、フツーに作っただけなんだけどね。比較してみてください。ドムよりもボリュームのあるグフってどうなんでしょう。

Img_0531身長はあきらかにグフの方が高いです。足し算だけの改造の結果だね。それにしても… ここまで風呂敷ひろげといていったいいつ完成させられるんですか、オレ。めちゃくちゃカネ使ってんだから絶対に完成させろよ? このゴクツブシが!

 

Img_0532最後に、本体に行き詰ったときにちょびちょびやっていた兵装類を。っつーかカタチになってませんよね。すんません。ガトリングの弾帯、一個一個手作りなんですよ♪ まったくバカですね。

 

Img_0533 左手のバルカン砲とヒートロッド。キットのバルカン砲も出来はいいのですが、本体がでかくなりすぎて武器が小さく見えるので(ほんとにバカですね)やむを得ず大きめに自作。ヒートロッドはどうしたことかハリガネが一本ピロンと入っていただけだったので作るハメに(怒)。やれザクのパイプがめんどくせーグフはパイプがめんどくせー言う困ったちゃんが多いのを悲観して突貫でやった覚えが。ムキになってやらなくったっていいのに。

 

そんなワケで久々に思いっきり画像を載せてみたよ。「ほらほらオレってこんなにすごいんだぜ」みたいな感じだろ? と受け取られるのは仕方ないんですが、驚いたことにどこ一箇所とってみても完成していないという恐ろしい状況です。あれ? そーいえばオレ、このブログ始めてからまだ一度も完成品って作っていないのでは・・・・??  そう、おしゃれに完成はないんです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/05

科学! かっけー

どーも。

やあ、なにやら暑さもどこか力を失って風がサラサラして気持ちいいですね。これをお読みになっている奥さんたちも後れ毛が肌にはりつく季節が過ぎ、晩御飯のお献立、ちょっと手の込んだものをがんばっちゃおうかな、なんて気分になっちゃったりしてるのかな? べらんめえ!

ついさっきまで劇場版パトレイバー2を観ておったのですが(仕事のことは気にしないでくださいね)一度観たハズと思っていたらまったく観たことありませんでした。おかしいなあ、冒頭で無人のレイバーが暴れたりコート姿の男が飛び降りたりする場面があったはずなのに… それはどうやら1作目だったようです。それにしても今日見た映画はいつまでもグジグジグジグジと。。いつまでたってもロボットが暴れない。なにこれ? ゴーグも第4話まで一回も出てこなかったけど、ちゃきちゃきしたアクションもそこそこあってイケイケの白人女子も出てきたし飽きなかったよ。でもこの映画は1時間半ほどずーーーーっと暗ぁぁぁい話をボソボソしてるだけ。戦後がどうたらとか。マンガだとおもって反射的に見に行ったお子さんとその保護者の方々はどんな顔して2時間を劇場で過ごされたのでしょうか。これじゃあまるで「教会でクスリマスを迎えるなんて、ロマンティック♪」とおもってちょっと着飾って行ったら周りは黒いベールをつけたおばさんとか肌のなまっちろいおっさんばっかし、外人牧師のたどたどしいイタリア訛りの説教が2時間近くも続き、そろそろ七面鳥の一つにでもありつけるんだろうと思ったらアメ横の二木の菓子でも最近は見かけないセコいキャンディをパラパラッとくれただけ。。。っていう目にあったモノを知らない若いアマっこですよ。まあ、それもこれもすでに15年前には終わってることなんですね。15年もオレはこの映画を観たもんだと思い込んでいたのか。ああ。。。思い込んだままでもそれはそれでよかったのかもしれない。

シリアス、そしてペシミスティック。押井守監督の辣腕も冴え渡るヘヴィな作品でした。まだ観ておられないという方は、健康状態、精神状態を考慮した上で、ぜひ。

それはそうと、ここ2日ほどこんなサイトに入り浸って悦に入っています。ああ、無断でリンク張ったりしてごめんなさい。まあ、ここをご覧になられているミクロマニアのみなさんはおそらく一度は、少なくともバナーくらいは見たことがあるはずですね。だからいいや(よくないけどな)。200Xシリーズは可動フィギュアとしてコスト面、ボリュームと総合的に非常によくできたおもちゃだと思います。たとえ破損が多くとも、です。しかし、オレが子供のころに魅せられたあのレトロフューチャーの引力、「科学、未来=夢」みたいな、ジョン・ゾーンの前衛音楽が宇宙空間に響いているような(真空とかそういうヤボなこというヒトはいないかな?)あの感じ。ミクロマンの向こう側に見えていたあの雰囲気がそこにはまだ残っているんです。そりゃ、たしかにアクロイヤーとは戦いますけど、そんなのは些事に過ぎない。ミクロマンたちは科学によって知識を、技術を、宇宙を探求し、平和を愛しているだけの存在なのです。しかも故郷の星を失って! 切ないなあ。

なんだかオレも自分のミクロマンたちに名前とかプロフィールとかを与えないといけない気がしてきた。もちろんひらがなでね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/02

最低です!

どーも。

このブログ、自作のフィギュアヘッドを見せびらかしたり制作過程をだらだらつづったりする目的で始めたんですが、すぐに集中力が切れてもっと別のさらにくだらないことに執心してみたりなんにもやる気がしなくなったりと、まーオレあんまりブログとか読むほうじゃないんですがその中でもわりとだらしのない感じになってきてると思うんです。基本テーマが「手を動かしていく」っていうことなワケだし、更新ペースがのんびりしがちなのはやや仕方ないんスけど、更新のために話題を持ってくる、っていうのもなんとなく違うような気がして。世間様に練の足りない素朴なルサンチマンを垂れ流すのもオトナ気ないし、買ってきたおもちゃのレビューとかそういうのはもっと目が肥えていてお金も潤沢な方がたくさんいらっしゃることだしオレは別にやんなくていい、そういうスタンスでいるんです。。。あ、ウソです。

Img_0472 すんません。ちょっと見せびらかしたくなったんだ。背景を黒にしてうまいこと写真を撮る練習もしたくて。まあ、あんまりうまくいってないけど。

 

Img_0467 アクティック・ギアはシリーズ開始当初からドキドキしながら待ってたんだけど、初回のディストリビューションがいつものタカラクオリティだったらしく、模型屋にいる友達に「取り置きしといてくれないか」と頼んだところ「数はいってこないから予約分で終わりだよ」とこともなげにあしらわれました。賢明なる読者諸氏はすでに察しがついていると思われますが「手に入らない」となるとどうしても欲しくなるというダメ人間でして、しばらくはピリピリと動静をうかがっていたのです。

Img_0470 しばらくしてから最初のスコープドッグを手に入れたんだけどなんとなくおもちゃっぽすぎてちょこっといじくってほったらかしでした(最低ですね)。ちょこっと色でものせるだけでだいぶよくなるというのに… そして再びAG熱がぶり返すのはこのダイビングビートルの発売の報を聞いてからだった。 

 

Img_0477 今度は前回の轍を踏むまい。オレはすぐさま件の友達に連絡を入れた。「今度は取り置きじゃない、予約を入れておいて欲しい」。ところが最低野郎たちの世界はまるで血の臭いをかぎつけたピラニアの池のごとく飢餓感と不安に沸きかえっていた。雑誌で発売予定を知った時点でオレはすでに負け犬だったのだ。予約は締め切られていて、もしもキャンセルが出るようだったら取って置いてあげてもいい… なんだかドラクエ2が買えなくて泣きそうになっていたあの頃をちょっとだけ思い出してしょっぱい気持ちに。

 

最近おもちゃやプラモの並んだお店に足を運ばれた方はご存知かもしれません。AGシリーズはラインナップも豊富になり(スコープドッグのバリエーションがほとんどですが)、小売店での在庫も現在はかなり安定してきています。狂犬どもも新製品に目を血走らせることなく掲示板なども比較的ホンワカしたムードです。オレもとにかくダイビングビートルだけは! と思っていたのですが無事に入手し、ファッティーを手に入れて開封してみたらそのおもちゃ加減が思いのほか気持ちよくてみせびらかすことにしたワケです。

Img_0473 そのわりに写真のアングルとかもロクに考えてないんだけどな。どこまでも片手落ち、まったく最低ですね。。

 

 

Img_0482 あとはこんなんとか。路線を変えてアクロイヤーぽい感じにしてみたよ。お色気を意識したんだけど伝わるかなあ

 

  

Img_0478  

 

 

Img_0479 WFで買ったファルコンな、今までネットで見かけてて気がつかなかった。かなり顔小さいよ! オレのヘッドがかなりでっかく見える。今更どうにもなんないけど… 並べらんないよね これじゃ。

 

Img_0496 ………まあ、今度また詳しく書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »