« 科学! かっけー | トップページ | くやしくて。 »

2006/09/09

おしゃれな秋がやってきた!

  どーも。

ここんところロクなこと書いてないですね。。中身がない上に文章がどっかしらおかしい。モチベーションが下がってきているんだろうか。尿は漏れるわモチベーシションは下がるわ、ほんとにイヤです。おまけにここ一週間、抜いたはずの親知らずがズキンズキン痛みよるんです。抜かれた痕が腫れてるような。そのせいで右側頭部がホラ、あれなんつったかな… コメカミを拳でグリグリする罰ゲーム… あれをずーっとされているような鈍痛にさいなまれているのです。頭痛薬もあんまり効かない。歯医者行かないとね。ああ、気が重い。

…えー 諸事情でミクロマンの方がちょーっと止まっていまして、代わりといってはなんなんですが保留中のドキュメントを一個見せびらかしておこうかなあと思うんだ。前にチラッとお見せしたヤツなんだがきっと誰も憶えちゃいまい。ふっふっふ。

Img_0508 これ、なんだと思いますか。よーく見てください。だんだん画像の一部が変化していきますよ・・・・・・・・・(ウソ

 

Img_0509 わかりますかね。MGグフカスタムを2年ほどいじくって半年放置しておいたモノです。ミクロマンなんていじくりはじめたからすっかりホコリかぶっちゃって貼り付けたプラ板なんて色変わっちゃってんの。

 

Img_0514 おしゃれポイントその1♪ おめめがぱっちり光るんだ! でもハンダがすげーテキトーな上に可動クリアランスのことをとっても安易に考えていたためにちょっと動かすと点灯しなかったり。気分屋サンだね!

 

Img_0515 おしゃれポイントその2☆ プリーツスカート。設定画稿とはまるっきり異なる妄想デザインが全開だ。一番おまたに近い装甲2枚を躊躇なく切り離したら動力パイプの付け根に干渉して動いてくれないことに気付き、なぜおまたと1パーツだったのかを思い知らされる。パイプ付け根のブロックを動かしちゃえばいい、というエポックメイキングな新設定で華麗に克服。

Img_0518

おしゃれな女の子なら、やっぱり足元に一番気をつかわなきゃだよね! バンダイがコンピューターを駆使して作り上げたMSの基礎構造をまるっきり無視したシリンダー。もちろん伸縮するよ。このためだけにWAVEのボールジョイントを5×2で10個使っている。ゴージャス~

 Img_0527

足の裏もあたりまえのように勝手なでっちあげ。ホビージャパンの作例かなんかで見たかっこいい足の裏をいつかオレも… と思っていたんだけど、それをまさかこれといった思い入れもないグフカスで初挑戦することになるなんて。ああ、思い入れがないからこんなにしちゃったんだっけ。

Img_0528 わお! 動きそうな分割線は確かに設定にもあったけれど… マジメな話、これは苦労の割に効果はほとんどありませんでした。人間の足首はかかとに重心を置いてつま先をあげることは可能ですね。このポンコツは足首がつま先の部分に接続されており、かかとは後ろに上がるようになっています。最初からこう動くように、とか考えないで行き当たりばったりの作り方をしていたための悲劇です。

Img_0526 おしゃれポイントその3。この画像だけでもすでにつっこむべきところは多々あると思います。が、それはまだちょっとガマンしてください。

 

Img_0525 ヒザの二重関節に連動して膝小僧が持ち上がってシリンダーが! 我ながらバカなことを考えたもんだ。効果? もちろん見たとおりロクに見えませんよ! いちいち言わなきゃ誰も気付かないと思うよ。まっ、それこそがおしゃれさんの証、かな?

Img_0517  最近のMGやPGなんかではこの部分に2本のシリンダーが入っていることが多いんですがいろいろな事情でウチのグフカスは1本で勝負! 細いのが2本よりぶっといのが1本入ってるほうがなんとなく男気。押忍!

 

Img_0529 あん♪ そんなとこ見つめられたら…あたし… そんなにオレってシリンダー好きか? そういえばこれ作ってる頃友達の前でシリンダーについて語りだして「そこまでシリンダーで動いてないと思うよ」って言われたんだっけな。今こうして振り返ってみるとエロフィギュアのおまたを丹精込めて仕上げて行く特殊な嗜好の方よりもよっぽどヤバいと思う。でもコレ、あとでテキトーに仕上げてごまかそうっていう下心丸出しでなんか不愉快だ。結局未来のオレが尻拭いをするんだろうな~(他人事)

Img_0519 グフカスタムの資料をお手元にご用意できる方はどうぞ比べてみましょう。おっと、モノを投げないでくださいね。見ての通り原型をとどめていない、というより元のデザインのことはなかったことにしています。まあ、最近のガンダムじゃよくあることだよね。流行にも敏感じゃなきゃ、ファッションリーダーは務まりせん。

 

Img_0510 おしゃれ改造ポイントその4。どうしてそんなことしようとしたのかは忘れたけど、手を人間のソレと同じように動かしたくなったのさ。

 

Img_0511 調子に乗って某掲示板に画像うpったりしたのでひょっとしたらご存知の方も… とりあえず動くことに満足してしまい、詰めは甘いんだ。いつものことだけど。

 

Img_0513 それでもグーはそこそこ絵になっていますね。18箇所の可動軸、親指の付け根はイエサブのボールジョイント。もう二度とやりません。誓って。だって、いつだって新鮮な自分でいたいから!

 

Img_0520 右手で懲りたから、じゃないんだけど左手は鉄爪。グフってたしか左手がツメだったハズ。えっ? マシンガン? それじゃ動かねえだろ! ツメでいいよツメで。

 

Img_0521 ポリパーツが丸見えですね。これはちょっとマイナスポイント。おしゃれに隙は禁物。気になるアイツに見抜かれちゃったらアナタの評価は一気にガタ落ち! これまでの努力も水の泡なのだ。 たしか、半年放置するに至った主な原因がこの鉄爪基部。どーーーーーしてもデザインが決まらなくてウダウダしてるウチに釣りのシーズンがきちゃったのだ。さらにミクロマンの誘惑が…

Img_0522 このグフカスタムの最大のおしゃれポイントであるハズのこの左手ですが、未だに完成形が見えません。誰かオレにうまいアイディアをください。200円くらい払いますから。切手で!

 

Img_0530 今日は友達を呼んでティーパーティー。おしゃまにはにかんでいつもと違う自分を演出してみる。ナチュラルな笑顔で、きっと気になるアイツのハートもキャッチしてみせる! というわけでおしつけがましくドム自慢。まあ、フツーに作っただけなんだけどね。比較してみてください。ドムよりもボリュームのあるグフってどうなんでしょう。

Img_0531身長はあきらかにグフの方が高いです。足し算だけの改造の結果だね。それにしても… ここまで風呂敷ひろげといていったいいつ完成させられるんですか、オレ。めちゃくちゃカネ使ってんだから絶対に完成させろよ? このゴクツブシが!

 

Img_0532最後に、本体に行き詰ったときにちょびちょびやっていた兵装類を。っつーかカタチになってませんよね。すんません。ガトリングの弾帯、一個一個手作りなんですよ♪ まったくバカですね。

 

Img_0533 左手のバルカン砲とヒートロッド。キットのバルカン砲も出来はいいのですが、本体がでかくなりすぎて武器が小さく見えるので(ほんとにバカですね)やむを得ず大きめに自作。ヒートロッドはどうしたことかハリガネが一本ピロンと入っていただけだったので作るハメに(怒)。やれザクのパイプがめんどくせーグフはパイプがめんどくせー言う困ったちゃんが多いのを悲観して突貫でやった覚えが。ムキになってやらなくったっていいのに。

 

そんなワケで久々に思いっきり画像を載せてみたよ。「ほらほらオレってこんなにすごいんだぜ」みたいな感じだろ? と受け取られるのは仕方ないんですが、驚いたことにどこ一箇所とってみても完成していないという恐ろしい状況です。あれ? そーいえばオレ、このブログ始めてからまだ一度も完成品って作っていないのでは・・・・??  そう、おしゃれに完成はないんです!

|

« 科学! かっけー | トップページ | くやしくて。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101067/3380299

この記事へのトラックバック一覧です: おしゃれな秋がやってきた!:

« 科学! かっけー | トップページ | くやしくて。 »