« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007/05/30

できまいた。

どーも。

Img_0910_1Img_0881  思ったより ずーーーーっと時間がかかってしまい、仕上げで焦りそうになる自分をなだめるのが大変でした。ヨメにザク緑のダメ出しをされながら、一体オレに見えている緑色とは他の人のにとってのなんなのか… 自我の境界について考察をめぐらせながらの作業。黄色味をとばすために青を足せばよかったのかもしれないと気が付いたのはデカールを貼り終えてトップコートするための乾燥待ちをしている間のことでした。

 

20web2 今回は大変勉強になりました。なにが得意でなにが苦手でなにができてなにができないのか、いろんな場面で思い知った。もう一回り自分を小さくまとめることができそうです。

さてと。いくらになるんでしょうか

| | コメント (2)

2007/05/22

こんなこともしてみたよ

どーも。

せっかく塗装ブースを組み立てたので、ついで、といっては大変アレなんですが

Img_0874Img_0875  半年くらい放置していた彼をメッキ頭にしてさしあげた。

 

 

Img_0879 なんかホコリがたかってるのかなあ。すげー片手間にやったからな。最近ちっともアタマ作ってない。作りかけのヤツも箱にしまったまま… ああ…

 

Img_0877 装甲を黒く染めてメッキシルバーを吹いてみた。が、これは明らかに失敗。下地に黒をスプレーする理由は二つ。明度を調節しやすくするためと、表面を滑らかにしてより金属っぽい光沢を出すため。黒く染めただけではダメでした~ へへへのへ。もっかいやり直し。

 

ミクロマン、新しいシリーズやらないね。自分でなんとかしろ、ってことなんでしょーかね。パワードスーツみたいなモンとか作りたいな~

あ、そうだ。ブログ開始から一年、100回を超えました~ パチパチパチ。

| | コメント (0)

ザクがまだつづく

どーも。

凶悪な事件や恐ろしい出来事が続きます。家族のもめごとからガンガン拳銃をぶっぱなすオヤジ、ゴミ捨て場に赤ちゃんを捨てる親… 目も覆わんばかりですが、みなさんは落ち込まずに上を向いてがんばっておられますでしょうか。おれはもうめげそうです。でも、ザクは進めています。

Img_0866 Img_0865

オレってつくづくほんとーに配色のセンスがない。モデグラの岡やんザクを丸々パクろうとしてなぜだかこんな気味の悪いロボットになってしまいやしたでやんす。へへへのへ~。もう少し落ち着いて色を検討するべきでした。

 

Img_0867 調子に乗ってメタルカラーを多用した結果、なんだか品がおよろしくない感じに…

 

Img_0868

Img_0871白い部分と茶色っぽい部分のトーンが違いすぎるせいでしょうか。岡やんのザクではどうやらもう一色、白と茶色の中間くらいのグレーが配されていました。それが非常に効果的で、このザクではそれをサボッたのも雰囲気が違う一つの要因でしょうか。というか、似せて作ろうとしてきちんとトレースできていないだけなんですが。

 

Img_0869 心配していた指の関節も塗装に耐えてくれた。ABSだからって過敏になりすぎなくてもよさそう。ただ、どういうワケが指の付け根のボールはユルユル。これはどうにかしないとダメかもしれん。

 

 

Img_0872 ランドセルの中身。バーニアはメッキシルバーで塗るのが昨今のトレンドらしいのでやっといた。個人的にはちょっとどうかと思うんですがねー。人は光ってるものを好む習性があるらしいので、いわゆるスネークブレインに訴えるんでしょう。

Img_0873 中身はこのあとデカールを配してからできるだけシンプルにスミ入れします。外装はまだこれから……今週中に終わるでしょうか。

 

今頃になって思い知ったこと。オレ、せっかちなくせに思ってたよりずっと手が遅いみたい。 

| | コメント (0)

2007/05/16

ザクのつづき

どーも。

先週末、6月の忙しさを控えて休養をとっておこうということで土日を休ませていただいたんですが、金曜の夜からなんとなく痛かった背中が土曜日の朝から息も出来ないほどの痛みにグレードアップ。ベッドに寝られないほどになってしまいました。ひとまず整形外科に診てもらうと、「尿に血が混じったりしていませんか」との不吉な質問。今のナーバスなオレは医者の口から「にょう」と聞くだけでレベルが3下がります。。。どうやら痛む箇所はちょうど腎臓の直上にあたるらしく、背中を痛めるようなエピソードが記憶になかったため、念のため内臓を疑うことに。突如背中に激痛が走って担ぎ込まれる患者の中に、腎臓結石の遊動が原因だというケースがあるそうで… 尿検査の結果、どうやらオレはまだ結石とは無縁な様子でした。原因がわからないまま、土日キッチリ微動だにできないカラダのままソファーで寝起きし、湿布と痛み止めのせいか月曜の朝にはウソのように痛みは消えてしまったのでした。いったいなんなんだ。ただでさえ時間が足りねーっつーのに。

Img_0857 ザクは小改造にとどめて大きなことはやるまい、ちゃきちゃき作っちゃうんだよ、と心に決めていたんですが、足首だけはどうしても大きくしたかった。その結果、足の裏は作らないといけなくなった。この写真はまだ途中なんですが…

 

Img_0856 上の画像で充分お判りになると思われますが、工作の精度はさほど高くありません… ですが、情報量を増やせばきっとごまかせるハズ。このようにヒキの絵ではそれなりに見えていませんか。意地悪く目を凝らさなければいいのです! どうせ足の裏だし。一番難しいのはそう、自分をごまかすこと……

Img_08591_3こんな比較でわかりますでしょうか。わかんないかな。ちぇ。色塗らないとわかりにくいですかねー。高さにして2ミリ、ソール部分の外周の厚み1ミリ増しです。

 

Img_0860 これ… 誇らしげに発表できるほどじゃないんですがポーズをいじくってみた。キットのままの仁王立ちのフィギュアは使い道ないよね。でもレーザー彫刻だかなんだかでこまか~いとこまでよくできているんで活かしたいなあ、と思って。

 

 

Img_0861_1 Img_0862_1

 ね、仁王立ちよっかはマシでしょ…

 

 

 

Img_0853Img_0852 

こっちのほうは元からあんまり出来がアレな感じ。形状と「抜き」の都合なんだろうけど、どっちかっていうとこっちのほうが重要なんじゃないだろうか。組み込んでしまったらほとんど見えないんだけど。わからないと思うけどコレもいったん手足を切って若干表情をつけときました。でも、塗装がこの程度なのでどーも効果が低いような… めんどうだしヘタにいじって取り返しがつかなくなるとまた完成が遠のくので、ちょこっとシャドー入れてツヤ消ししたらもういいや。へへ~ん。

| | コメント (2)

2007/05/06

たまにはお役に立ちますよ!

どーも。

ここんとこ売り飛ばすためのプラモデル制作にのめりこんでいて、こちらをちょくちょくご覧になってくださっている30代前半の奥様たちの「いつになったら完成品が見られるんだ」「大風呂敷ひろげといてやる気はあるのか」「こんな紙切れ、ケツ拭く紙にもなりゃしねえ」「カニクリームコロッケの上手な作り方を知りたい」「ブログでやれ」という辛らつなご意見がたくさん寄せられています。ワタクシとまそんも胸を張って「どーよ」とお見せできるものが何一つないという状況を大変心苦しく感じておる次第でして、手を休めてはいないのにどうしてこのようなザマになっているのかと自省に自省を重ねながらヤスリがけにいそしむ毎日であります。まったくもって情けない。

そこで今回はホネミッツプロダクツでしか見る事ができないMGザクver2.0の小改造テクニックをご紹介しまして、「おまえはまたしても余計なことを始めたか」と火に油を注いでみましょうか! とにかくなにか完成させないと鬱が悪化しそうなのでメンタルヘルス的にサクッとやってみました。今回はマジでサクッとです。

Img_0827_1Img_0828_2 この工作に必要と思われる工具を紹介しておきます。某汚職政治家が公職選挙法改正で締め付けが厳しくなる前に地元民にバラまいた精密ドライバーセット(チョイスが謎ですね)のマイナスドライバーを研いだなんちゃってノミです。これはミクロマンの顔を作るときにも欠かせないツールですので、用途に合わせて各サイズで作っておくといいでしょう。お金を持ってるかたはこんなみみっちいことをせずに精密彫刻刀を買ってきましょう。

Img_0830_1  モーターツールのアクセサリー、回転ノコです。プロクソンの軸径2.35ミリ、刃の厚さは0.1ミリ以下です。100円ショップでも回転ノコのヘッドは売っています。精度は裕次郎ゆうたろうくらい違いますが、プラモデルに使う程度でしたら100円ショップのものでも問題はないでしょう。今回の工作には大変重宝しますが、なければエッチングソーでがんばります。

 Img_0844
モデルグラフィックス見てオレも金ヤスリを浪費するのはやめようと思いました。ホームセンターで1メートル500円弱でアルミの平棒を買ってきた。材質がアルミである以外はモデグラの岡やんが使ってるものと同じなのでうらやましかったらモデグラをみましょう。ちなみに、アルミの平棒を切るにはイトノコが必要ですよ。念のため。

Img_0845_1 そんなに目新しいティップスではないのですが一応コレもね。模型漬けの人生を送ってきた友人・Sに教わった重要アビリティ。調合スティックの平べったいトコに細く切ったペーパーを貼って使います。これは同サイズの金ヤスリが入らないスキマもやすれるので必須です。イマサラですね。

Img_0839さて、今回ホネミッツプロダクツが提案する春のモテカワポイントはこれ。可動手首のほぼ完全可動化です。せっかく動くザク2.0の指、どうせならもう少し動かしてライバルに差をつけたい…。そんなおしゃれ志願兵は必見! お国のためになんか、死にたくない!

Img_0825_13本つながっている指パーツを教科書どおりに切り離しますと、指は最初左のように第二関節のみが動くようになっています。これを加工し、第一関節の可動化をしようというワケです。10本指の10箇所だけを加工するだけですのでハードルは比較的低いです。両手の指の38箇所の関節をすべて作らなくてもいいんですから!

Img_0826回転ノコ自作ノミヤスリを駆使して左のようにします。可動のために軸を打たないといけませんので、まずそのための丸いでっぱりを作っておきましょう。1 上の写真の切り残した部分を使います。カタチを出してから回転ノコまたはエッチングソーで1ミリ程度のスキマができるように二本の切れ目を入れ、ノミを使ってスキマを作ります。

Img_0846Img_0847Img_0848こんな感じです。画像は完成後に準備したのでABSランナーの残りッス。

   

Img_0829 Img_0831_2

いつもなら真鍮線を使って軸をうっていくんですが、モデグラの岡やんはABSパーツのランナーをあぶって延ばして使っていました。使いやすそうなのでパクります。右の写真はABSのランナーを加工し、上の写真で指にいれたスキマに入るように先端をひらべったくやすったモノを挿し、軸で動くように調節した結果です。上の写真からこの状態まで調節するのはちょっと厄介でして、コツとしてはまず上の写真のパーツに軸穴を打っておき、次にやすったランナーを入れてみて、軸穴にドリルを入れてランナーに軽くアタリをつけるのです。アタリがあんまり端っこのほうについていたら、スキマの彫り込みが浅いということですのでもっと彫りましょう。上で書いたスキマがけっこう奥行きを持っていないとこの軸加工は不安を残すことになります。まず最初の一本目は慎重の上に慎重を重ねて行きましょう。ちょっとずつ、ちょっとずつ、切り込みを入れてノミで削ってスキマの奥行きを体得してください。軸を打ったら、はみだした部分に瞬間接着剤を少量盛って留めます。低粘度の瞬着は使用禁止。絶対に使ってはいけません。

Img_0832 上の加工をすべての指に施します。一本できればあとは早いと思います。特にモーターツールの存在は相当な時間節約になります。というか、回転ノコが使えないならこの加工は止めておいたほうがいいかもしれません。。。最初の一本はピラニアソーを使ってやってみたのですが、大変神経をすり減らしました。

 

Img_0834 …このように整形します。断面が四角い指はなんとなくザクっぽくないので丸くしました。あと、親指は他の指にならって第一関節だけ可動化しましたが、これはあまり効果的ではないようです。第二関節が動くようにしたほうがいいと思います。あと、ABSはあまり低い番手のペーパーをかけると表面が毛羽立ってしまいます。なので、320番ないし400番くらいのペーパーで削っていき、#320~#600あたりのやや細かいスポンジヤスリで均します。  

Img_0836 加工前の写真を撮っておかなかったので、お手元のザクの手と比べてみてください。苦労したワリにさほど報われてないように感じるそこのキミ。ああ、オレも実は同じことを感じていたさ。でも、言わぬが花、って言葉があるだろ?

 

Img_0840Img_0841指を加工したことでなにかが大きく変わるということはありません。元々動きますしね。ですが、キットのままの可動手首の評判がソコソコにとどまっているようですし、事実、感激するようなできでもありません。そう! こういったポイント工作は「わたしはこんなところにこだわってみてるんだよ」というこだわりのおしゃれ。どうですか? ゴールデンウィークも明けようっていうこの時期、貴重な時間を使ってこんな作業に没頭してみては?

 

以上、ホネミッツプロダクツがお送りするお役立ち情報でした♪   だれもやんねーか、こんなこと…

    

| | コメント (2)

2007/05/02

あうあうあー

どーも。

HONEMITS PRODUCTSと銘打ったこのブログ、この世になんらプロダクツを輩出せぬまま1年が過ぎようとしております… みなさま、お元気でしょうか。ご機嫌はいかがでしょうか。ゴールデンウィークも中盤、天気も気候も素晴らしいですね。

BABELを観てきました。画面が点滅するところでローゲーされた方が出てしまい、すわポケモンかと槍玉にあがっている模様です。結論から言って、その点はほとんど心配無用。気分が悪くなるのはよほど体質が合わない方だと思っていいでしょう。昔、ドリフのヒゲダンスかなんかの下りで連続ストロボが使われましたね。アレみたいなモンです。

アカデミーカンヌだ騒がれているせいで映画のストーリーなんかろくすっぽ宣伝されていないようですが、4つのパートが逐次的に進行して行く物語なので、さらっとあらすじを書くのが困難かと思われます。ですが… この映画はあらすじがそのまま映画の内容になってしまうので、特に知る必要はありません。観たほうが早いのです。観るつもりがあれば、ですが…

早く言ってしまうと、この映画はアカデミーというよりポリティカルなのです。ブラッド・ピットとかケイト・ブランシェットが出ていることはひとまず忘れましょう。楽しいことは一つもありません。痛快な場面やアクションもありませんし、話題になっている菊池凛子さんのおヌードはハッキリ言いましてサービスとかそういうシロモノではないのです。むしろ不愉快、といいますか… いや、そのように演出されてそのように撮影されているので当然のことなのですが。

長い時間ジクジクと苦しい思いに胸をかきむしりながら、なお最後になってもカタルシスはありません。もやもやした気持ちを抱いたまま映画館を出るだけ。映画が終わって映画館を出られるのが幸せに感じられるほどです。この世の苦しみや痛み、解りあうことなく互いを、そして己を傷つけてしまう人間の業についてご覧になりたい方だけが観るべきでしょう。そしてそのような方にとっては、とても示唆に富んだ作品になると思います。皮肉ではありません。オレはこの映画、観ておいてよかったと心から思います。そしてなんとなくですが、こういう映画が人種や立場を越えて世界中の人間の心を揺さぶることがあるのなら、それだけはほんの少しうれしく思います。す、すんません。キレイゴト並べて。

でも、この映画の中でただ一点、ガマンできないことがあった。役所広司演じるサラリーマンが、モロッコにハンティングに行っているという設定だ。サラリーマンがハンティング・・・? いかねーよ!

| | コメント (0)

小ネタ・続き

ちょっとちょっとちょっとお! どういうことですかコレは!

Img_0824パインキャンディ」。某99円ショップで手に入れたパチもん。まあ、こういうこともあるんだろうと思って舐めてみたらやっぱり味が安っぽい。キレがないあのシャープな専門の職人に丹念に研ぎ込まれたような化学の力の攻めの酸味が袂まで踏み込んできやがらねえ。そう…言うなればザ・クラッシュに比してのシャム69ポルシェ・カレラ911に比してのサバンナ・RX-7小室哲也朝倉大介熊田陽子くまぇりだよ映画・タイタニックAV・パイパニックくらい違う。フッ… そりゃそうさ。パインアメは半世紀近くも洗練されてきた老舗の味。ポッと出の青ビョウタンがちょっとばかりがんばったところで足元にも及ぶべくもあるまい。安さで売り出し中のルーキーも悪くはないが、もうちょっとばかり地に足付けてねえと、あぶくみたいにフワフワ消えちまうんだぜ……あ、あれ? コレ、パイン株式会社の製品じゃないか……

| | コメント (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »