« もっしもっしかーめよ かーめさーんよー | トップページ | ご~~~~~~る! 2 »

2007/06/29

さんざいざんまい

どーも。

雨が降って涼しくなったかと思えばすぐに蒸ししてきて肌はベタベタ。すわ、梅雨本番といった感じですがみなさんはいかがお過ごしですか。パンツの中に手をつっこんでガリガリ掻いちゃったりしていませんか。文明国家に住まわう人間として、人様に晒してはならない醜態というのをわきまえて行動してください。ホネミッツとの約束だよ!

Img_1036 買ってしまいました。黒い箱は限定商品の証。まったくイマサラですが、クメン編に登場する傭兵部隊のATがこれ一つで全種揃います。ただ… セットで買わなければならない理由は希薄です。アクティック・ギアにハマッたのが遅かったオレはベルゼルガマーシィドッグも買い逃していたので(お見せには山積みでしたが)どうせならまとめて揃えたい、しまうのもコンパクトだし、と思って手を出さないでおいたのでした。

Img_1024Img_1034アッセンブルEX-10(部隊の基地)に傭兵としてやってきたキリコは先輩にあたるブリ・キデーラに「最新鋭のATが配備されている」とダイビングビートルを勧められますが、乗りなれてるほうがいいんだと言い張ってこのかっこ悪いATを選んで変な目で見られます。ですが、放映当時の中学生くらいだったオレには、この「ムリヤリ湿地帯向けにチューンされた感じ」やソードオフされたヘビィマシンガンがミリタリー色が濃く、リアルに感じられたせいか、全AT中最も好きなATだったのです。は、恥ずかしい…。

 

Img_1025Img_1033_1 半裸の巨人、クエント人のル・シャッコが乗る高級ATベルゼルガ。マーシィドッグなんぞにお熱だった生意気な中学生にとって、真逆の雰囲気を持つこのヒーローロボはどうしても気に食わない存在でした。ミタメがシュッとしているのに乗っているのが石器人みたいな大男、というギャップは今でこそ魅力的に感じますが、アタマがガチガチに固かった当事は理解しようともしなかったのです。 そして不思議と人気があったのも気に食わなかった。ベルゼルガの人気はやがて賛否両論が激しく渦巻いたスピンオフ作品まで生み出しました。もちろん触れる気はおきませんでしたが…。

Img_1026Img_1035 前にもとりあげましたが、せっかくいっしょに来たんだもの。並べて撮ってあげましょうよ。新作アニメ「ペールゼン・ファイルズ」でも登場する気配が濃厚なダイビングビートル。すでに新設定画とCGが発表されています。ふとももと足首はデザインがハッキリ変わったようですね。みなさんはどっちがお好みですか。

 

Img_1027 ミッションクメンセットにはおまけとしてフィギュアが付属します。このたるんたるんの人形はフィアナ。劇中のイメージを再現するために左手にダボで接続できるようになっています。なんというか、気持ちだけはありがたい、っていう感じでしょうか。。

 

 

Img_1028_1Img_1029_1そしてこのセットでのみ手にいはいるポル・ポタリアとブリ・キデーラのフィギュア。これにカン・ユーが加わって小隊の構成員はコンプリートになります。うれしくないのか、といわれるとそんなことはないんですがイマイチ気持ちが盛り上がらないのは確かです…。

 

Img_1030ここにストライクドッグが加わればクメン編に登場するATが全て揃うことになります。ストライクドッグラビドリードッグって、なんだかやたらに人気がありますよね。やみくもにマイナー指向を気取っているワケではないのですが、どーにもこーにもあのわかりやすいかっこよさには抵抗を感じてしまうのです。レッドショルダーしかり、ターボカスタムしかり。現在進行中のコマンドフォークトなんてもうとても見ちゃいられない。あんまりこういうアンチを声高に言うのは好きじゃないんですよ、こう見えても…。

みなさんは今頃、バンダイの1/20スコープドッグに夢中なんでしょうか… うらやましい。

|

« もっしもっしかーめよ かーめさーんよー | トップページ | ご~~~~~~る! 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もっしもっしかーめよ かーめさーんよー | トップページ | ご~~~~~~る! 2 »