« さんざいざんまい | トップページ | 奥の手出たぜ! »

2007/07/01

ご~~~~~~る! 2

どーも。

このところプラモデルにばかりかまけてちっとも釣りに行けないままなんとなく鮎のシーズンに入り鮎のシーズンになるってことは鮎師と鮎が川の主役になるのでなんとなーく気が向かないままとうとう渓流が静まる季節にさしかかってしまっている出不精のとまそんですがみなさんはいかがお過ごしでしょうか。秋葉原のナンタラいうおもちゃばっか売ってるビルとかに出かけていったり東京おもちゃショー2007やらに出向いて近未来に想いを馳せたりしておられましょうか。体調を崩しやすいこの季節、流行の風邪などもらわぬようご注意下さい。ウチのカミサンはかれこれ1ヶ月近く鼻声のまんまですよ…。

ほぼ一年前に観にいった熱血サッカー映画GOAL!ですが、当初より3部作であることはアナウンスされていましたね。あまりCM等を見かけませんが、実はとっくにそのパート2が上映されていたのです。電車などの交通機関や通勤と縁が薄い生活を送っているカントリージェントルマンのオレはマジでその存在を忘れており、こないだ突然思い出して近所のシネコンの上映予定を確認しました。すると……吹き替えしかやってねーでやんの。なるほど、やる気ナシ、なんすね。DVDでレンタルが始まったら(そしてそのときもし憶えていたら)観ることにします。

舞妓HAAAAN!は観て来ました。阿部サダヲさんが主役の映画って言われたら今すぐ観るか後で観るかの二つしか選択肢はありません。とりたてて「あそこがおもしろかった!」だのなんだの言うのはバカバカしいので割愛しますが(ご覧になった方はきっとわかると思います)とにかくむちゃくちゃ。阿部サダヲに始まり阿部サダヲに終わる阿部サダヲ映画でした。阿部サダヲさんをとにかく観ていたいという趣味の方には至福の時を提供してくれることでしょう。オレは映画が終わった後、とにかく大声を出したくてたまらなくなりました。植木等さんの最後の出演作、としても話題になったこの映画ですが、植木さんも出演時に「この映画は僕の映画と空気が似ている」とおっしゃっていたらしく、言われてみればそんな側面もありました。

ずっと観ようと思って観ていなかったミュンヘンをやっと観た。シンドラーのリストの系譜に属すると思われるシリアスなドラマで、目に馴染みのある俳優もおらず、チームが淡々と報復テロに明け暮れる様子と徐々に荒んで行く描写などが真に迫る作品でした。ただ… うかつなオレはこの映画の上演時間を調べずにビデオに撮ったため、主人公が奥さんと子供に会いに戻る最後の最後の場面でテープが終わっており、いったい主人公はちゃんと奥さんと会えたのかその直前に殺されたのかはたもう一場面残っていたのかわからなかったのです! ああ… オレはもしかしたらこのままその先を知らずに終わってしまうのかもしれません。なんだったらそれはそれでキレイなような気もしますね…。

さて、そんなワケでオレはこれから釣りに行ってきます。ほどよく雨も降っていますしね。近所の山にもぐってエンピツくらいあるエゲツないミミズをたっぷり掘ってきたので、これをエサに… いっひっひ。

|

« さんざいざんまい | トップページ | 奥の手出たぜ! »

コメント

「カントリージェントルマン」
という言葉が、心の琴線に触れました。
トダナツコ(仮名)的なアレですと、
「田舎侍」
とでも訳すのでしょうかね?

川に行かれるのですね、お気を付けて。
ミミズはチンチンが腫れるので、恐くて触れません。

投稿: あご。 | 2007/07/01 09:27

ご無沙汰してます。
筆塗りでは塗膜の白化というのは起きないもんなんでしょうか? どっちにしろ、ちょっとツライ時期ですね。

トダナツコ(仮名)的なアレだとどうなのかは怪しいですが、表舞台から離れて地方に隠遁するエスタブリッシュメント、を指す言葉です。多くの場合、中央や社交界における地位や財産をキチンと確保した上での隠遁ですね。もちろん自分自身を揶揄した表現でしたがわかりにくい上になんだか鼻持ちならない感じでした。。

こうして無事に川から帰ってきたワケですが、どうやらチンチンのほうは相変わらずなようです。つまり、尿の漏れ具合も含めて、です。

投稿: とま公 | 2007/07/02 23:46

白化…。カブりのことかしら?
なら、Yes。

でも、梅雨〜夏場よりやっかいなのは、冬。
寒い屋外で塗装して、急に部屋に入ると、とたんにカブる。窓ガラスや眼鏡と同じ理屈ね。
ガキの頃、やった苦い思い出。

投稿: あご。 | 2007/07/05 13:07

やはり白くなりますか。
エアブラシが水分を多く含んだ空気を巻き込んでしまうための現象とか勝手に思っていたのですが…
じゃ、もしカブってもリカバーは利くワケですな。

投稿: とま夫 | 2007/07/06 22:15

筆だとカブらないというつもりでYESとコメントしたのですが、誤解を与えてしまいました。
が、筆でもカブるときゃカブる。
つか、梅雨やら夏やら塗装には向かないってのは、ハゥトゥ本やらネットやらの情報に踊らされてるだけっすよ。
特に某所ガンプラ系スレで梅雨は塗装がカブる云々とえらそうに書いてる奴、作ったことねえだろ!
と、突っ込みたくなりますが、どうでもいいよねー。
なんていうか、やってみてカブったらリカバリーすればいいだけじゃん?みたいな。
自分の経験上は、光沢塗装に、異常に執着してる人や、カーモデルでもないかぎり、カブりなんか無縁。
オールシーズン、ペイントデー。

投稿: あご。 | 2007/07/07 03:11

筆だとカブりませんか。なるほど。

あくまで塗装面温度と室温の差でおきる結露が白化の原因なのですね。
ご覧いただいている当ブログの様子からもおわかりのようにキチンと完成(つまり塗装)にまでたどり着くことがマレなオレはとことん塗装にはうといのです… しかも色にも弱いし。またふとした疑問が湧いたら恥かきついでに質問させてください。
っつか、オレもよく考えたらバイク関係の塗装でさんざん白化を経験していました。でも表面は磨いてしまうので特に問題を感じたことは一度もなかったんでした…。

投稿: とま蔵 | 2007/07/11 21:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さんざいざんまい | トップページ | 奥の手出たぜ! »