« これくらいで勘弁しといたる | トップページ | ずら~り »

2007/07/29

※今回は読まなくていいです※

どーも。

本日は参議院選挙でしたが、当ブログの常軌を逸した言動・思想を寛大にも許容されている懐深い紳士淑女の皆様はすでに投票を済ましておられましょう。家族連れ立って投票に行き、帰りにフラリと外食して帰る…。モーニング娘。の歌みたいなのどかな光景が目に浮びます。そして帰ってきてのんびりと選挙特番を眺めたり舘ひろしの女子高生演技と新垣の愛らしいオヤジ役なぞに団欒したりしてから、深夜にパソコンを立ち上げてこの真っ黒な画面に垂れ流された毒文章を読み、口元に冷たい笑みを浮かべるのです!! ああ、美しきかな日本のカタチ。ご機嫌はいががでしょうか。

Img_1058 先日、オレがあこがれている駄菓子の老舗・パイン株式会社があろうことか100円ショップにパインキャンディなるデッドコピー品を供給していることに触れましたね。あの日以来、パ社の老舗としてのプライドというかものづくり精神のあり方に疑問を感じていましたが、「堺商人の商魂たくましさが生んだデフレ対策商品」であり、パインアメの品質を保ちつつ廉価版によってリスクヘッジを敷いているのだと解釈することにしました。ささいなことでファンが疑問を抱くのは、もちろん惚れているがゆえの気持ちの表れ。ですが、本当のファンというものは多少のマイナス要素なぞ逆にチャームポイントとして咀嚼するべきなのです! しかし… このさわやか果実とかいうシロモノはいったいなんなのでしょうか。パ社にはおそらく関西圏にのみ流通していると思われるパインアメの姉妹品、パインアメをマリオとするならルイージと言っていい立場にあるオレンジアメの存在が知られています。本当に残念なことにオレは未だに一度もお目にかかったことがありませんでして、いつの日かそのみずみずしき橙色の甘露をこの口に入れるのが一つの目標なのです。そ、それなのに… こんなどうしようもないモノをバラまいてお茶を濁すとは一体どういう了見なのでしょう!? おそるおそる口に入れてみたものの、あまりのぞんざいなフレーバーが逆にさわやかな印象を受けたほどです。オレンジアメを自由に手に入れられる状況があったならばオレのこのやるせない憤りもまた違ったでしょうが、なんだか「関東人のおまえらはありがたいオレンジアメが舐められない飢餓感をこのニセオレンジでも舐めてせいぜいまぎらわすがええんちゃう?」とでも言われているような… (そんなことはないですね)。まあ、オレが勝手に買って勝手に怒っているだけなのですが、この粗悪な駄飴を通じて、さらにその向こうにあるオレンジアメへのあこがれは以前にも増しているのです。憎くったらしい愛しのあんちくしょう、そのうち手に入れてやりますよ! ヘッ。

またどうでもいい話なんですが、コンビニで不気味なものを見かけました。みなさんもあまりに突飛なその姿につい目を留められたかもしれません。ビンゴボンゴがとんちんかんなジョークビジネスを懲りずに延長するという暴挙に出たのです。しかも時期的には若干鮮度が落ちたようなダジャレの名前をひっさげて。。一目見て人体に影響を及ぼしそうだと察知できる戦慄のブルー。こんなもん、一体誰が買うのか… もちろんオレだよ! というわけでさっそく飲んでみました。とてもとても甘ったるい缶詰のパイナップルの味…。自販機で未だに末席を汚している「レッドグレープ&カシス」の殺人的な異物感に比べればはるかに危険度は低いのですが、やはり酔狂で「おもろいかしらみんなも飲んでみてよ!」的ななれなれしい商品開発をしているとしか思えませんでした。こういう狂ったモノを作ってバラまけばオレのようなくだらない人間がふざけて買い、ブログなりミクシィなりで「しってっか? すげーぜ!」みたいな大脳皮質抜きのクチコミ活動で自動的に宣伝をすると見越しているのです。ソフトドリンクというものはそのほとんどが宣伝と容器の開発に原価を割いていると言っていいモノだそうで、容器をアリモノで済ましてしまい、宣伝もまったくせずに鼻ッからクチコミで売るつもりであれば原価はかなり抑えられるハズ。長く細く売れなくとも、初回生産1万のみとかの出荷でも相当な利益が上がりそうです。まったくナメられたものです…。オレも。

さて、ぼちぼち開票が始まるようですよ。さ~楽しみ楽しみ♪

|

« これくらいで勘弁しといたる | トップページ | ずら~り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これくらいで勘弁しといたる | トップページ | ずら~り »