« いっとかないと。 | トップページ | みんなの好きなアニメだよ~ »

2007/10/02

銀河がどうしたって?

どーも。

いや~、オイルランプがついたらすぐにエンジンオイルを足さないと危ないもんですね。仕事で使うトラックが大変なことになってしまいましてもんのすごいブルーです。今日入れよう、と決めていた日の朝、カラカラ音がし始めましてね…。ため息の混じる秋です。

さあ、みなさん! サムシング・ニューへのアンテナ感度常にバリ3な紳士淑女の皆さんならもうとっくにご覧になられたと思います。かの大ヒット作品、次々と映画史に残る記録を打ち立てる超・超スペクタクル。公開から10日近くもジリジリと待ちながら、やっと劇場に足を運びましたよ。ファンタスティック・フォーーーーッ!・・・・・・もうね、まったく想像した通りの作品でした。スケールの小ささといいテンションの上がらなさといいSFXの脱力感といい、前作にきっちり身の丈を合わせてちんまく作ったしか思えないのでした。惑星を食らう魔神・ギャラクタスとその尖兵・シルバーサーファーが人類を未曾有の危機に陥れる、というのが今回のストーリー。お話の主幹が古すぎてジュラ紀レベルなのはまあこの際さて置きましょう。逆に新鮮でさえないですけどもね。それよりも肝心の、いやさ、ほぼこの映画の全てといっていいシルバーサーファーの活躍、その切ない生い立ち、魅力がぜんっっっぜん伝わってこないのだよ、ワトソンくん!(広川太一郎風に) ジェシカ・アルバだかいうちんちくりんとイケメン俳優のクリス・エヴァンスがぐいぐいフォーカスされていくばかりで、オレたちの愛する銀色のヒーローは捕まって真っ黒けになってるだけ。。。

とまあ、ひとくさりグチを言ってはみましたが、元からほとんど期待せず「動いてしゃべるシルバーサーファーに会いたい」ただそれだけの気持ちで観にいったのでさほどのガッカリは感じませんでした。アイドル映画みたいなもんですよね。前作を見てだいたいの力量を見知っていた分、むしろそのしょうもなさを楽しめるくらいでしたが、シルバーサーファーにもジェシカ・アルバにもその他キャストにも特に思い入れがない場合、もしもあなたが変態的C級映画ファンでもない限りお金を出して観に行くこともないでしょう。ファンタスティック・フォーのファンであるという方はもうとっくに前作をチェックされておられるのでしょうね。残念ですが前作と同じ思いをするだけですので気持ちは半分に。ただ…あのおもしろビークル「ファンタスティック・カー」は一応見ておくべきでしょう。この乗り物がオールドファンの記憶にそうたがわぬ姿で現れ、そして分離した瞬間、「そっか、これは子供映画なんだな」と気付いて気持ちをすっきりさせるのもまた一興です。

それはそうと、上に貼った公式サイトの具合のおかしいことったら… どうやら関係者の誰にもやる気なんてないようです。そこがまあ、魅力ともいえますけども。

|

« いっとかないと。 | トップページ | みんなの好きなアニメだよ~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いっとかないと。 | トップページ | みんなの好きなアニメだよ~ »