« 具合がよくない! | トップページ | ハードルたけーっつの »

2007/10/27

ん、んがっ…

どーも。

突如出現した台風20号は思わぬ韋駄天台風でしたがみなさんはズブ濡れになったり柳の木の下敷きになったりしませんでしたか。わたくしとまそんは南の島の住人さながらに風が吹いたら遅刻して雨が降ったらおやすみになる感じの特殊業務に携わっていますので今日なぞとてもとても仕事に出られず、大変不本意ではありますがプラモデルのほうが進んでしまいました(てへ。 …それにしてもまー飽きもせず亀田亀田やってますよねえ、テレビ。どうでもいいっていうか、勝手に盛り上げて勝手に槍玉に挙げて完全にマッチポンプですよね。世の中がなにかにちょっと注意を払って週に何時間かテレビで話題になるだけでガッポリ儲けるヤツが必ずいるもんなんです。感化されてカッカしてるアナタ。アナタのその発熱量は確実にどこかのペテン師のフトコロでチャリンと音を立てているのです。電通とか博報堂とか糸井重里事務所とか、なんかそんな連中っすよ。バカバカしいでしょ? やめやめ! アメトーークでも録画しておいたほうがいいですよ。

Img_2203 ヒザ関節は降着込みでできている上に水陸両用ATに特徴的である蛇腹構造がどーーーーしても無視できないため、このよーな強度的に絶対にあってはいけないカタチをとることになってしまいました。。。

 

Img_2207 組み込んでいない状態でこのくらい曲がっておけばたぶんクリアランスは取れるハズ。えー、なんのための蛇腹なのかとか聞かないように。私だって寝ていないんだ! (古いデスネ)

 

Img_2206 重ねてみました。まあ、なんとなくソレっぽいからこれでいいですよね? ね? でもアレですよね。こーゆー工作って、手間かけてやればやるほど報われないっていうか、誰に認めてもらえるわけでもないし… 認めてもらいたいんだったらプラモじゃなくて別のことしろ、ってハナシなんですけどもね。ぐちぐち。

 

 

Img_2204太腿、2ミリ幅増ししてみました。あと頭部バルジはエバグリの極うすプラ板の切片を貼ってほんのちょっと厚くしました。バルジ構造の側面にスリットが開いているため、これを彫刻じゃなくてプラ板切って穴開けて表現しようと思ったからなんだ。スリットはまあまあイイとして、厚み増しはちょっと厄介なことになりそうですわ~

 

 

Img_2205 白いのでわかりにくいですがどうでしょうね。つまり、ゆるい球面を均一に厚くするためにこんなことをしたんですが、このスキマをどうやって埋めようてんだ、オレ?時間ないのに…。でも、ずっと悩みのタネだったヒザ関節にメドが付いたのでちょっとほっとしています。おっと、こういうときにフッと気を抜くと思わぬポカをしたり体調崩したりするんで気を張っておかないといけませんね。よーしよし、いいか~オレ、オレならやれるぞ、そうそう…今ここで男になるか負け犬になるかだぞ。気ぃ抜くなよ~…プラモデルだけどな。 

|

« 具合がよくない! | トップページ | ハードルたけーっつの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 具合がよくない! | トップページ | ハードルたけーっつの »