« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008/04/29

大変ですよ。

どーも。

ここ最近、プラモデルが作れない作れない言うとるダメ中年とまそんです。プラモデルなんか作らなくていいからもっと社会に貢献したり家庭を豊かにすることなどを考えるべきでしょうし、なにより一人前に仕事をそつなくこなすことを優先するべきなのですが、そういうことはもっとちゃんとした大勢のまともな大人の方々がされていることですし、働くよりも遊んでいたい。許される限り甘えていたい。ダメ人間のレッテルを貼られてもヘラヘラ笑えるほどプライドと無縁でいたい…。そういうのもストレス社会に生きる現代人の一つの夢だと思うんですよね。オレはストレス社会に生きてないですけどね。

Img_2459ね。ここしばらく、毎日なんかかんかデザインナイフと細切りの#400をもてあそんでいるうちに少し進んでおりますデス。まだまだ粗いんだけど、いい加減にしないといつまでたっても完成が見えてこなさそうなんで切り上げることにしたよ。

 

 

Img_2452で、もうディテールね。細かいことをたくさんやれば粗も目立たなくなるかもしれない。これはなにをやっているかというと、リベットを打っているところ。0.5ミリから0.7ミリで穴を開け、伸ばしランナーを植えていきますデス。

 

 

Img_2455で、長さをそろえて刈り込んだらライターの火を近づけて先端を丸くちぢこめますとリベットになるんデス。たぶん、スケールモデルとかで昔使われてた技法。知らんけど。

 

 

Img_2456左腕は「磁石です」で片付けられている超技術でできた義手ですので、マンガをめくりながらそれっぽくしときましたよ。設定どおり作ろうとすると絶対つまづくのでやめておく。でも、サイズが1/6だったら絶対にやってたな…。

 

Img_2458_2

ここまでやってきたけど、まだまだやることあんな~。だいたいこの人カラダにいろいろくっつけすぎだよね。ちょっとづつ進めまーす。

| | コメント (2)

2008/04/26

うずうず。。

どーも。

前回からだいぶ間が開いてしまいました。そうこうしているウチにヤマブキの咲く季節が過ぎ、渓流シーズンは盛期を迎えました… なのにオレときたら釣具のメンテナンスなぞうっちゃらかしてリビングにどてんと寝そべり、お笑い番組でゲラゲラ笑いながら発泡酒をくらってる始末! 合間にリンゴアメをなめながら、です。。。これはイカン。大変イカンです! こうやって能動的な刺激から遠ざかってしまうのは老化現象の一つだそうです。刺激、刺激… 刺激が欲しい! 有閑マダムのようなことを言いながら今もこの手に本日二本目の発泡酒が握られている。そんな状況ですキャップ!

Img_2445前回もバカみたいに作るメドの立たないプラモデルの山をお目にかけましたが、恥を忍んでまた買い足してしまった買い物依存症のオレ。 MSVのキット、久々の再販ということでいつ発作的に作りたくなっても作れるようにと手堅い貯蓄をしているワケです。積みプラモの習性がなかったので久々に見たよ、このジャケ絵…。さすがに子供の頃にみたときよりも印象が弱いけど、やっぱり想像力をかきたてられますな。ジャケ絵が購入動機の半分くらいを占めるような気がする。砂ザクの絵なんてももーかっこよすぎる。20メートルくらいあるロボットが砂の中からザーッと飛び出してきてるなんて最高。ほんとはプロトタイプドムも買って置きたかったんだけど、どーせしばらく店頭にあるだろとタカをくくって未購入です。プロトタイプドムのジャケも素晴らしすぎますよね。バズーカを空にむかってズドンとやっているドム。その横で「先輩、最高っす!」とばかりにサムズアップのザク。いつか作ってみたいね、そのザク。ああ。。。プラモデル作りたい。作れないとなると余計に欲求が高まります。ゲンキンなもんだなあ、いつでもできるときはやんないくせに。

Img_2446Img_2447 …とかいいながらも手慰みにこんなことをしてたりなんかして。先日衝動買いしたDRAGONの1/72キングタイガーについていたお人形さんです。。。オレにとって72というサイズはハセガワの飛行機プラモのスケールなのですが、キットについているパイロットのフィギュアはどれもアメ細工のようにとろっとろで辛うじて手足が判別できる程度のものがほとんど。実物もかなりタイトにできている飛行機のコクピットにおさめるため、本来の寸法よりもかなり小さめにできているのが常なのです。しかし、そういった制約のないAFVキットではのびのびと造型されており、ディテールは非常に精緻。

Img_2451自分が買ったキットが1/72であることを疑ったぞ。。

 

 

 

Img_2449…なんですが、カラダに対して顔が小さすぎる! かなりよくできていて是非とも使いたいトコなんですけど、もちょっと不恰好なおっさん体型のほうが好みなオレとしては、もこみちもビックリの欧米人体型に戸惑いが隠せませんでした。というワケでパテから削って自作っす。や~、細かいことは楽しい。米に字書く中国の人の気持ち、わかります。もし自分にあの技術があるのなら、日がな一日米粒にお経を書いて過ごす事でしょう。。そんな技術なくてほんとによかった!    

それはそうと、満を持して発売されたPerfume初のフルアルバムGAMEオリコンのウィークリーランキング一位を飾りましたね。。。4月に入ってからはそれこそ毎日のようにラテ欄にその名が見られ、ゴリ…いえ、天使のような愛嬌をふりまくあ~ちゃんのトークを目の当たりにする機会も増えました。ミュージックステーションはおろかタモリ倶楽部にさえ出演を遂げた快挙は、長いこと応援してきたファンの皆さんにとってさぞ感慨深かったことでしょう。椎名林檎がかつてそうでしたが、業界内にファンがついているようですので、しばらくはあちこちで見かける機会も多そうです。少なくとも今年の紅白のいわゆるアキバ枠での出場は間違いなさそうですね。それまでに見飽きてしまいかねませんが。。。

| | コメント (0)

2008/04/15

まーね。

どーも。

啓蟄、などという言葉がありますが、春になると脳ミソの中に住んでいるムシがいつにも増して活発になるようですね。もう昔の話になってしまいましたが、毎年一度仕事で精神病院に出入りする機会があり、これがたまたま春先の恒例になっておったのですが、収容(!)されている患者さんの状態によっては病院の敷地内を散歩してもいいことになっていて、言葉は悪いかもしてませんがいわゆるゾンビさながらの様子で梅の咲く庭をぐーるぐる周回しておられる光景を眺めていたものです…。この病院にまつわるエピソードは素晴らしすぎてココに書けないものが多いのですが、気が向いたら小出しに書いてしまうかもしれません。クチが軽い男なんです。

ってことで、今日は薫風かおる春にふさわしいニュースを紹介するぜ! リンゴアメを紹介したばっかりで、みんなのほっぺたな中にもまだ溶けかけたまんまのが2、3粒入ってるとは思うんだが、パイン株式会社から矢継ぎ早においしい刺客が送り込まれてきた。こいつは忙しい春になっちまったな…

Img_2441そう、老舗菓子メーカーとして長い歴史をもつパ社にはいくつものロングセラー商品があるんだが、そのうちの一つであるどんぐりガムがついに…ついになめられる&噛めるときがきたんだ!  このチープ極まりないパッケージ。コマとか竹とんぼ、風車といった明治・大正をしのばせる子供だましアイテムをやんちゃにちりばめた元気いっぱいのデザインイカれたピンク。チープ・アンド・ワイズの概念を前衛に近い地点まで押し広げた大胆な芸術性にはもうひれ伏すしかないねえ。これはどうやら駄菓子屋さんの店頭のビンにざくざく入ったアメの一種として一粒ナンボで売られていたモノみたい。アメをなめ終わるとすみやかにガムへと移行、っていうのは子供にとって意外とエバーグリーンな要件なんだろうね。ただ問題は、フーセンガムと謳っているものの、ガムの分量を足したくなったらまた別のアメをなめてガムにしないといけない点だ。今すぐガムをふくらましたい性急な子供たちの気持ちにはフィットしない気もするんだけど、いや… アメをなめてさらにガムまで噛んでる子供をこれ以上甘やかすのもオトナとしてよくないよね。アメだけど! なんつって~~~!

Img_2442進んでるように見えないでしょう。。進んでるんですよ奥さん!

 

 

 

Img_2443ほらほら、このヘンなんかが。ね。。。

| | コメント (2)

し、しまったあああ…

どーも。

さっきテレビつけたらWOWOWでシン・シティやってて「あ、やべ」くらいの気持ちで観はじめたらものすごくおもしろそうで今テレビから目をそらしているところなんですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。最近なにかおもしろい映画やマンガ、小説などと出会われたりされましたか? ここのところ好奇心がギンギンに張って夜も寝られない、なんて思いもすっかりなくなり、昔読んだSFをめくってみたりクイズ番組観たりしてるばかりで、どんどん老化していくオノレを感じております。ちょっと前からカウボーイ・ビバップがNHK衛星第二で放送されているのをついさっき知り、もんどりうってテレビの前に座ったのですが、なんだか懐古趣味にばかり走っているのもやはり老化の一端なのでしょうね…

Img_2440お金もないのに、作ることもできないのに、なぜか溜まるプラモデル。作りかけでほったらかしてあるのもたくさんあるのに… こういう人間になってはいけませんね。

現在絶賛進行中のアレですが、こちらはどうにか進んでいるんだぜ。でもホント、エポパテの盛って削ってはうまくないです。微調整するよりは思い切ってエグってガツッと盛ってやるほうがエエですわ。2歩進んで1.5歩下がるような、そんな調子でオトナのホビーです。オトナのホビーに落ち着いてられるほど老化しちゃいらんねーけどな!

| | コメント (0)

2008/04/09

はいは~~~~い

やっほ~ みんな!

春の嵐が吹き荒れて桜はほとんどとばされちゃったな! 花見の機会もたっぷりあったし、もう充分楽しんだだろ? 散った花びらが地面で汚~くなっていくのもなんかダークな気分になるし、さっさと片付いてくれて結果オーライって感じだね!

Img_2439リンゴの季節は終わったけどパインアメファンにとっての真のリンゴの季節はまさに本番。フルーツテイストの定番中の定番、リンゴがついに登場だよ! リンゴかあ… リンゴといえば思い出すのが訪問販売だね。何年か前の冬、家のチャイムがなるので玄関に出てみると、そこに高校に入ったか入らないかくらいの朴訥を絵に描いたような柴犬そっくりの男の子が。くたびれたロゴ入りのMA-1に下はタルッタルのスエット、ウソみたいにまっかなほっぺ。それが気仙沼ちゃんみたいなイントネーション「あのー、青森がらきたんですけどー、リンゴ買ってもらえねっがーど思っでー」ともう東北丸出しのピュアすぎる眼差しで…。一つ150円とかならまだしもケースで買えと大きく出てきたので追い返しちゃったけど、ありゃーちょっと年配の地方出身者とかはほとんどコロッとやられたんじゃないかなあ。オレみたいなネジ曲がった人間は背後で糸をひくチンピラまがいのオヤジをどうしても想像しちゃうんでアレだけど、一時期バーッとあのテの商売がはびこったところをみると、やっぱり相当いい稼ぎになったような、ね。それにしても待ったなあ… 以前お伝えしたように今回に限って早い段階で発売を知らされていたので、特に待ち遠しく感じたよ。4月7日にファミリーマートを確認したところ、どこの店でも「パイン(株式会社)・リンゴアメ」のラックが設けられているのにカラッポまさか、買占め? と戦慄が走った。。。でも、オレ以外に発売日を先回りして店頭に並ぶのを待ち、ありったけ買い占めるようなマネをするほどクレイジーなオーディエンスがそうそういるもんだろうか? 落ち着け、オレ! 商品が入荷するのを待ってお店の人がスペースを確保してただけだって! お店でフツーにぶら下がっているのを見つけたときはホッとしたぜ…。気になる味のほうは、是非、全国のファミリーマートで確かめてくれ! 相変わらず手堅い直球勝負、さすが老舗って感じで想像を裏切らないぞ!

毎年のことながら年度変わりでハラハラしているとまそんちゃんだけど、アメをほおばってがんばるぜ!

| | コメント (8)

2008/04/04

ぶぉぉおおお~~ ボンッ パリンッ

どーも。

新年度に入っていろいろごたついてらっしゃる方も多かろうと思いますが、みなさんはいかがおすごしですか。寒暖の差も緩んだこちらでは満開の桜もそろそろ散りはじめ、花見がてら散歩にでかける方々の姿もたけなわといったところです。思えば去年でした、花見に出かけたら実家の近所で飛び降りがあったのは…。今年はなんとほぼ同じ場所で火災が発生したらしく、先日実家に顔を出しましたら当の家とその上の家が真っ黒けになっておりました。それにしても火事って恐ろしいですね。なんでも朝6時くらいに出火したとかで、ベランダにファイナルファンタジーの魔法みたいなうねる火柱がごうごうと噴き出していたらしいのです。いちおう鉄筋コンクリートの建物なのにベランダ伝いに上の階に延焼してしまうあたりに炎の激しさを感じます。朝っぱらから家を追い出されて避難させられた挙句、消火のために家をめちゃめちゃにされた上の階の人、御愁傷さまです。ちなみに実家のお隣さんの今年大学を卒業された息子さん、卒業祝いにもらったお金をそっくりつぎ込んだデジタル一眼レフを手に火のような勢いで写真を撮りに飛び出していったそうです。いい写真、撮れたかな?

ところでガンダム00が終わりましたね。とうとう一話も見逃さずにキチンと付き合いきりました。みなさんもご覧になりましたか。もう、なにもかもがブッ壊れて一切合財がリセットされた感じでしたね。もはや新しいプラモやおもちゃを売るためでしかない大破壊なのはオトナの我々の目には明らかですが、それにしてもあざとすぎるというか、オレにはいったいなにが言いたいのかちっともわかりませんでしたけど、みなさんはどうでしたか? おもちゃが新しくなりますよ、の予告以外になにか感じられましたか? 感じられたならそれはそれで幸福なことだと思います。オレはもう、とにかくティエレンを出せティエレンがどたんどたん走ったり転んだりしてる姿を見せろと念じていることしかできませんでした。最近のサンライズロボットアニメは途中で主役機が交代するのではなく、いったんお話が終わったことにして半年ほどしてから続きを始める、というシステムになっているようで、その間に登場人物の顔も名前もすっかり忘れてしまうようなおっさんは冷遇されております。小うるさいことばっかり言ってひとっつもカネを落とさないようなヤツなど相手にする必要はないということなのでしょう。続編にGNドライブ搭載型ティエレンなどというフザけたシロモノが登場しないことだけを祈るばかりです。

Img_2437唐突なんだけど、ずいぶん久しぶりにこんなものをいじくり始めてみた。キムさんのココナを塗ったせいで閉じかけていたチャクラが開き、炎のヘビ・クンダリニーが脊髄を伝って昇っていったためです。未だミクロマン 改造で広大なネットをさまよう流浪の民はあとを絶たないようで、本当にみなさんミクロマンに飢えてらっしゃるんですね…。新作の報も絶えて久しく、トイザラスに行けばミクロマンの棚自体がごっそりなくなっているという恐ろしい現実。。そう、ホッキョクグマやオランウータンも守らなければなりませんが、ミクロマンだって切実に絶滅危惧種です。もっぱら投売り対象品でありながら、一方ではハード・トゥ・タッチであるというアンバランスな現状で失地回復はもはや見込めそうもありません。我々一介のオーディエンスにできること… それはせいぜい、投売り品の回収と改造くらいのもの。久々にブログ書くもんだからオオゴトっぽく書いてみたけど、要はタカトミに頼らない遊び方を考えるしかなくなってきたんでしょうね。ミクロ 改造の検索者がとみに増えていることはそれをニョジツに表しているのだと思います。だから、というワケでもないんですけど、ゆえあってしばらくプラモデルを作れそうにないので、ほったらかしにしてあったかわいそうなミクロマンを成仏させてあげることにしました。

Img_2438なんか、ちょっとうまくなってる気がする。この熱が冷めてしまわぬうちに完成させるぞ(棒読

| | コメント (2)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »