« し、しまったあああ… | トップページ | うずうず。。 »

2008/04/15

まーね。

どーも。

啓蟄、などという言葉がありますが、春になると脳ミソの中に住んでいるムシがいつにも増して活発になるようですね。もう昔の話になってしまいましたが、毎年一度仕事で精神病院に出入りする機会があり、これがたまたま春先の恒例になっておったのですが、収容(!)されている患者さんの状態によっては病院の敷地内を散歩してもいいことになっていて、言葉は悪いかもしてませんがいわゆるゾンビさながらの様子で梅の咲く庭をぐーるぐる周回しておられる光景を眺めていたものです…。この病院にまつわるエピソードは素晴らしすぎてココに書けないものが多いのですが、気が向いたら小出しに書いてしまうかもしれません。クチが軽い男なんです。

ってことで、今日は薫風かおる春にふさわしいニュースを紹介するぜ! リンゴアメを紹介したばっかりで、みんなのほっぺたな中にもまだ溶けかけたまんまのが2、3粒入ってるとは思うんだが、パイン株式会社から矢継ぎ早においしい刺客が送り込まれてきた。こいつは忙しい春になっちまったな…

Img_2441そう、老舗菓子メーカーとして長い歴史をもつパ社にはいくつものロングセラー商品があるんだが、そのうちの一つであるどんぐりガムがついに…ついになめられる&噛めるときがきたんだ!  このチープ極まりないパッケージ。コマとか竹とんぼ、風車といった明治・大正をしのばせる子供だましアイテムをやんちゃにちりばめた元気いっぱいのデザインイカれたピンク。チープ・アンド・ワイズの概念を前衛に近い地点まで押し広げた大胆な芸術性にはもうひれ伏すしかないねえ。これはどうやら駄菓子屋さんの店頭のビンにざくざく入ったアメの一種として一粒ナンボで売られていたモノみたい。アメをなめ終わるとすみやかにガムへと移行、っていうのは子供にとって意外とエバーグリーンな要件なんだろうね。ただ問題は、フーセンガムと謳っているものの、ガムの分量を足したくなったらまた別のアメをなめてガムにしないといけない点だ。今すぐガムをふくらましたい性急な子供たちの気持ちにはフィットしない気もするんだけど、いや… アメをなめてさらにガムまで噛んでる子供をこれ以上甘やかすのもオトナとしてよくないよね。アメだけど! なんつって~~~!

Img_2442進んでるように見えないでしょう。。進んでるんですよ奥さん!

 

 

 

Img_2443ほらほら、このヘンなんかが。ね。。。

|

« し、しまったあああ… | トップページ | うずうず。。 »

コメント

どんぐりガム…。かなりカラフルなパッケージにひかれましたcoldsweats02
なんでどんぐり???
どこがどんぐり??お目にかかってみたいな。こどもにはあげたくないけ(笑)ど

投稿: emyuu | 2008/04/19 00:36

>emyuuさん

どーも。
どうしてどんぐりなんでしょうね。。もしかしたら、外側の硬いアメ部分と中の柔らかいガム部分の構造から栗を連想し、子供相手のキャッチーな雰囲気を出すために「どんぐり」とつけたのかもしれませんが、マジメに考えるだけバカバカしいですし、感覚的に受け入れるか受け流すべきですね。

お子さんにですか…。もしもウチに子供がいるのなら是非与えていることでしょう。

最初はおもしろがる → 特においしいワケでもないので飽きる → 子供だましという言葉の意味を知る

子供は大人の背中を見て、そして身を持って社会を学ぶのです。ただ、お子さんの成長と健康に好ましからざる成分がもしも入っていたとしても責任は持てませんのでオススメはしません。

投稿: とま元退屈男 | 2008/04/19 00:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« し、しまったあああ… | トップページ | うずうず。。 »