« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008/10/20

だいぶピンボケ

どーも。

ポール・ニューマンさん、緒方拳さん、峰岸徹さんと、立て続けに渋い名優が亡くなる寂しい秋です。気がつけばだいぶ陽も短くなりました。みなさんはいかがお過ごしですか。

日曜日、下北沢のなんちゃらタウンホールで催されたモデラーズスペースさん主催によるプラモデル展示会に行ってきたよ。Pefumeのイベントを覗きに行った以来の下北沢。バキバキのおしゃれ若者タウンなのにオタクイベントでしか行ってないね。うふふ。今日はISOを50に設定しっぱなしでフラッシュも焚かないし三脚もないもんだからボッケボケになった画像とともに当日の様子をサラッと紹介していこうと思うんだ。

Img_2831 お義理で、というといいすぎになるけど、このイベントに足を運んだのはオレが心から敬愛するファントムさんが出展されると聞いたからさ。ワンフェスではDVDの販売をしておられるのであんまり長々と話したりするのは憚られるけど、展示会ならゆっくり話せもしようし、下北ならウチから近いしね。残念ながら夏のWFでの販売にこぎつけられなかったガルダス第3巻に登場する予定の主役級ロボが展示されていたので写真を撮った。

Img_2832Img_2833Img_2834 一番左以外はそこここに懐かしいプラモの意匠が残るなんとも味わい深いデザインだよ。少なくともガンダム00とかなんとかギアスとかが体現している21世紀のデザインとはまったく違う系に属した美的感覚だね。オレとしては敵役として登場する四脚ロボと、初めてファントムさん以外の人の手に成る六脚ロボも是非並べていただきたかったんだけども、寝不足と疲労でどえらく顔色の悪いファントムさんに「荷物が多くてムリだった」と言われちゃあ二の句も継げませんやね。。。 

Img_2835どっちかというとこっちのほうに興味を持たれる人のほうが多そうだけど、撮った写真がボケすぎてるし、ファントムさんのサイトでも丁寧に紹介されているのでそちらのほうでチェックして欲しい。ちゃんと手を入れて完成させてある24トータス、初めて目の前で見たかもしんない。とにかく時間がたっぷりあったので、それこそ手に取るようにジロジロ見てきたよ。

 

Img_2826上で触れたガルダス登場の六脚ロボを制作されたプロのモデラーさんは、ご自身が関わられた映像作品と、そこに出演する立体を展示されていた。上映されていた作品をタラーッと見ていたら、唐沢俊一さんや漫画家の藤田和日郎さんなど、いくらオレでも名前くらいは知っている有名人のみなさんが多数カメオ出演しておられ「な、なんでこんなところに?(めちゃくちゃ失礼)と口をあんぐり開けていたら、当のモデラーさんご本人に声を掛けられたよ。ファントムさんに見せびらかそうと思って持っていったトラッド11の制作過程をたまたま見ていてくださったそうで、こっちが恐縮するほど褒めていただいたぜ(自慢)。

Img_2825Img_2829 劇中登場の宇宙船と本職?であられるゾイド。オリジナルの造型をするとき、はっきりと元のパーツが見て取れるようにするのが好みなんだとか。なるほど~。そういえば新しいヤクルト、甘すぎなくてイイっすよ。なんでもっと早く開発しなかったのかなあ!? ゾイドは世代のせいか今まで一度も触れてこなかったけど、よく目を凝らして見るとディテールは可動箇所の集積そのものですごくおもしろい。アメリカ人が考えそうなデザインだよね。

Img_2846 ありあまる時間を費やしきれずにボヘ~ッとスイッチを切っていたら、午後からも持ち込みをされる方々がけっこういらして、この素晴らしいコンバットアーマーもそういった後発組の方だった。出品票に書いてあった名前を見たら、どうやら2008年オラタコ選手権の優勝者でらっしゃるようでした。

Img_2847ファントムさんがけっこう強めに褒めていたブッシュマン。元のキットはだいぶ問題が多かった覚えがあるんだけど(要検索)、これは相等手が入ってます。っていうかもうキットの原形ないじゃん! 腕部のデザインを大胆にアレンジしてるけど、あんまりそう感じさせない高次元なまとまりで、こういうプラモが最近出たのかと思うくらいだなあ。っていうか、もう全身が見所。

Img_2851ビッグフットもかっちょよかった。CBアーマーはほとんどの機体ガラス張りのコックピットになっていて、1/72以上のサイズだと一つの見せ所になりますね。その点もまったく抜かりなかった。

 

Img_2849楽しそうだなあ… ここだけオレもやりたい!!

 

 

 

Img_2850 アイアンフットはキット自体も悪くはなかった気がするけど、ここまで高いレベルで作り上げてるのは初めて見た。コレもハッチを明けたらコックピットが再現されてました。そういう小ネタのみならず全体のシルエット、仕上げ、とにかく隅々まで神経が届いていて、でかいコンテストで優勝されるほどの技量っていうのはやっぱ違うな、と思い知ったよ~。ビートル持って行かなくてホントによかった!!

と、たっぷり4時間は現場にいたにしては写真が少ないんですが、70パーセントの写真がピンボケしまくっていたためと、SDモノやまったくしらないアニメ少女のフィギュアの割合が高かったことなどがありましてこんな感じッス。ファントムさんもだいぶヤラれてたけどオレもヤラれたよ。どうしてあんなに疲れたのかわからんけど。

そういうワケで、みなさんお疲れ様でした。オレもやっと電圧があがってきまして、まずはティエレン再開。H沢さん、期待に添えるようがんばりますわ!

| | コメント (6)

2008/10/16

ちょーーーっとどうなんだろうか。

ハイ、ガイズ!!

30も過ぎると月日の経過がどんどん短く感じるようになるもんだよな。以前このブログでパイン株式会社の味のアイディア募集について触れてからもう一年が過ぎようとしてるんだが、ヤマっ気満々で応募したこのとまそんの味の提案はダダ滑り、さほどヒネりもないリンゴアメの発売という結果になんとはなしにヤサグレたのがヤケに昔のことに感じられる。そういやあの頃、仕事で使うトラックのエンジンをオシャカにしたっけな…。ハァ~…。そんなことはさておき、とまそんの提案はおそらくパイン株式会社の開発チーム(情熱家タイプのチーフを筆頭に冷徹な学者タイプのサブ、功名を焦る中堅キャラ、後輩属性キャラ、メガネっこなどがバランスよく配置)の企画ファイルにひそかに寝かされ、ついに陽の目を見る日が来たようなんだ。。。。

Img_2822 それがこれ! マスカットアメ。マスカットのアメといえば関東出身のアラフォー世代にとってカバヤのマスカットキャンディーが素朴なアニメーションのCMとともに焼きついていて、そのさわやかな風味は「これがマスカット味」というマスカット原風景としておそらく今でも通用しているハズなんだ。当然、マスカットアメと冠するということはカバヤを頂点とするヒエラルキーに組み込まれることを意味する。オレは今回ばかりは不安でならないんだ。。。いや、カバヤと比較して云々ということは二の次なんだが、このマスカットアメ、これまでのパインアメシリーズが安定してもっていた甘さと酸味のバランスをやや欠いているような印象なんだよ。まだクチに入れていないガイズにおかしな先入観を与える気は毛頭ないんだが、マスカットという大看板にちょっとばかり気負ってしまったような…。先に入手したぶどう3つにコンバートされていたマスカット味にはもう少しきっちりと酸味が感じられたんだが、もしかすると差別化を計ったのかな? とまそんとしてもちょっと期待が大きすぎたのかもしれん。いやさ、おそらくアイディア募集でも要望が多かったと推測される(多いっつっても10~20くらい?)マスカットだけに、ビシッと甘酸っぱいパインアメシリーズならではのマスカットアメが舐めたかったもんだよ。。。

それはそうとジョー・ホールドマンの終わりなき戦いが、なんとリドリー・スコットの手で映画になるんだそうだ。SF読みにとってはパワードスーツものとして宇宙の戦士と並ぶ名作なんですが、スターシップトルーパーズの例を引いてもパワードスーツは出てこない可能性がなきにしもあらず。でもこっちはPS抜きでもわりと成立する物語ですし、失敗作の印象がまったくないリドリー・スコットですし、全力で期待してよさそうですのう。

| | コメント (4)

2008/10/11

よーし、がんばります

どーも。

毎日ごはんがおいしいですね。すっかり過ごしやすくなり、朝夕は外の空気が心地よく、コーヒーがうまい。みなさんはいかがお過ごしですか。

もうね、ほんっとになんにもしない一週間でした。テレビは番組改変期でちっともおもしろくないし、作りかけのプラモデルは作業机の上にちらばったままホコリをかぶる始末。久しぶりに読書してましたわ。秋ですね。あ、いろいろアニメが始まったんでテキトーに録画してザッと観ましたよ。ガンダム00は前より少しおもしろくなりそうなのかな? 鉄のラインバレルはお話の内容まったく知らんのですけど、どーなんだろう。しばらくがんばって付いていってみるツモリです。あとタイタニア。。。これはビックリしたなー。銀河英雄伝説のミニマル版かと思ったんですけど、アッチにあったしっとりした気品とか個性はバッチリ抜け落ちてただの古風なスペオペでして、なおかつ絵もデザインも演出もメカも褒めたい部分は一つもないのです。一番驚いたのはおそらくこのアニメの眼目の一つであろう艦隊戦なんですが、すべてCGで描かれている場面なのに片方の勢力が用いた新兵器が左手で描いたようなテキトーさ。30年前の東映アニメみたいなメカがデジタル映像として動いているのをまざまざとみせられ、逆にどうなっていくのか気になるんで毎回録画に決定です! BSがご覧になれる方はぜひ一度観ていただきたい。

冬のワンダーフェスティバル、結局中止らしいっすね。。。ガレージキットやイベント限定品や新製品の展示にとりわけ強い興味を持ってるワケでもないオレごときにはさほど影響はないのですが、いろいろなところで顔見知りになってくださった方々とご挨拶できる数少ない機会が失われたのはさみしいです。もっとも、ひとまず今回は中止になった、というだけで早いうちに再開するつもりはあるようですし、そうあって欲しいものですね。

さて、さんざんサボってきましたんで、ぼちぼちお手手のほうも動かさないとね。よーし、がんばるぞ。

| | コメント (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »