« ハラハラドキドキチェーックチェーック | トップページ | めざめろ、わたし(小雪っぽく) »

2008/11/27

やー、ごくろうさん。

どーも。

めっきり寒くなってきましたね。すっかり我がホネミッツフォートレスの新都心と化したおこたもいよいよ本格稼働。ときには首までずっぷりと浸かってこの人間堕落機械の猛威を体感する毎日ですが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。おでんは何回やりましたか? おっと、まだおもちを焼くのは早いですぞ。ところで最近やけに口の中を噛んでケガしてしまうんでなんでだろうと思ってたんですが、どうやら太ったのが原因ぽいです。振り返ってみれば今まで太らなかったほうがどうかしてるような不摂生を働いておりました。三度三度のおいしいご飯、ゆっくりした労働、ネットに頼った生活それに加えてアメおやつ…。20代までは新陳代謝がゲシュタルトを維持してくれてましたが、中年にさしかかりこのくたびれた肉体はなお食欲を増進させる反面、熱変換のほうはメタメタなようです。まあ、オレの老化の報告なんてどうでもいいですね。みなさんはもうオノレの肉体を再発見されましたか?

先週の月曜日、古い友人からいきなりだけどガンダム作って持ってたら売ってくれ」とメールがあり、「持ってない」と返事をしたら「お金払うから作ってくれるか」とまで言い出すので理由を聞くと、いろいろ助けてくれた仕事仲間が現場を離れることになり、是非とも気の利いたお礼がしたいのだけれどどうしたら…と考え、ガンダムが好きな彼ならガンダムのプラモデルがいいに違いないと結論したらしいのです。うむ、しごく一般的というか全国平均レベルの真っ当な帰結だ。で、そのプラモデルをどうすればいいか。バカみたいにプラモ作って喜んでるポンコツがいたな! アイツならよだれたらしながら作って大事に新聞紙かなんかにくるんで保存してるにちがいない。。。なるほど、こりゃーお手伝いするっきゃないですな! 「で、いつまでに作ればいいのよ」「土曜日」ギャフン! 翌日買いに行ってその日から作り始めて土曜日に渡すなら作業できるのはえーっと、四日。ムリ! …と思ったのですが、いまどきのガンプラはそれこそニッパーとサンドペーパーがあれば格好がついちゃうじゃないですか。そう、簡単フィニッシュってヤツです。それならどうにかできますね。完成してしまえばどうせ素人さんには見分けもつきませんし、「それでいい?」「あ? うーん、いいよ(?)」とのことでしたので、タイムトライアル気分で取り掛かりました。マスターグレードをいじるのはオークションで一儲けを目論んで中途半端な結果になったザク2・0以来です。とにかくゲート跡が白化しないように注意を払いながらランナーから部品を切り離し、ABSパーツは後で塗装による割れが起きないようダボをカットしながら小単位に組み立ててから表面処理、どうしても塗装が避けられない細かい部分をチェックしつつ、「どこかにこういう一文を入れて欲しい」というリクエストに応えるべく配置を考え… 最近のMGは非常におもしろい代物でして、ランナー状態でパッと見てもあまり完成図が浮んできません。実に細かく精妙に分割された一見なにがなんだかわからない部品を寄木細工のように組み立てていくと、パズルが解けたようなアハ体験ができる仕組みになっているのです。開発者たちが「組み立てることであたかもロボットを建造しているかのような感覚を味わってほしい云々」との熱い思いを込めた素晴らしいキットなのですが、ただ頼まれて作ってるだけのコッチにしてみると闇雲に仕事が増えているだけです! 作業の大半はどうせ後で目に触れることはないであろう内部フレームに割り振られていますし、かといってヒトサマにお譲りするもの、しかもオレじゃない人間がお礼の品として、であればなお手は抜けないし、で結局三日間ヒイコラヒイコラやすりがけでした。簡単フィニッシュとはいいつつ青い部分や赤い部分のゲート跡の白化はやはり避け難く、それも塗る羽目になりましたしね。それにしてもキットの完成度自体は非常に高い水準だったと感じました。個人的には胴体はもちっとおっさんっぽくボテッと、足首はドテンと大きく、足はふくらはぎのラインを強調しつつなまめかしくなめらかに、が好みなんですけど、ぱちぱち組み立ててアレならもう御の字じゃないでしょうか。どうやら近日中にGアーマーも発売されるようですしね。あ、ちなみに完成したブツを即日配達で送ったところ、「ありがと、助かった」二日後にメールが来ました。もうすこしマシなものが届くと思っていたのか、この素っ気ない言葉… やはりノンケの人にとってプラモデルを組み立てることなど児戯に過ぎぬということかもしれません。まあいい、キチンとお金を払ってさえくれれば…$

オラのティエレンが間に合わなかった(というか未だに完成してない)第11回全日本オラザク選手権の結果が発表されていましたな。はっきり言って前回の結果は甚だスッキリしないものでしたが、今回はグッと質が高かったような気がします。ヒトサマの作品に上から目線であれこれ言える立場ではないのですが、上位入賞作品は元より、写真の判別が可能な作品はどれも非常に丁寧に仕上げられていて、なんともうらやましい限りでした。締め切りギリギリまでバタバタ作業を続けているような愚を犯す人がどのくらいいるのかはわかりませんが、ああいう細部までピシッと手を抜かない作品を生み出せる方々はおそらく計画的にコトを運んでおられることでしょう。なんにしてもうらやましい…。参加されたみなさん、おつかれさまでした。それにしても四脚ティエレンの少なさったら! どうしてもっと出さなかったんだ?

|

« ハラハラドキドキチェーックチェーック | トップページ | めざめろ、わたし(小雪っぽく) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハラハラドキドキチェーックチェーック | トップページ | めざめろ、わたし(小雪っぽく) »