« 真実が見えない! | トップページ | やー、ごくろうさん。 »

2008/11/13

ハラハラドキドキチェーックチェーック

どーも。

ついに我がホネミッツキャッソーにあの人を喰らう悪魔の機械・コタツが導入されてしまいました。。。これだけは許すまい、この一線だけはきっと譲るまいと心に固く決めていた防衛ラインは、結婚という二人の人間の共闘と抗争、そして妥協の果てに、ついに瓦解したのです。リビングというかりそめの解放区に鎮座まします鉄の要塞、いやさ一度入るや二度とは出られぬ剣呑の監獄、コタツ…。ただでさえ諸々やる気が出ないっていうのにこんなもん置いたらコタツメシ寝る仕事コタツメシ寝る仕事のアンチスパイラルに陥って螺旋の力は葬り去られてしまう! 作業机にホコリが積もっちゃって後頭部の奥の方だけがジリジリと焦る中、CSのアニメを録り溜めてしまう恐ろしい病は進行するばかりです。。。だって、ダーティペアとかやってんだもん!

Zガンダムやレイズナーが放送された1985年、見事に中二ど真ん中だったオレはたいして賢くもないくせにやたらと理屈っぽいナマイキな青ビョウタンとなって不機嫌そうにテレビの前に座ってました。ミンキーモモだのうる星やつらだの、果てはくり○むれ○んだのと、現在のまっすぐに歪んだ萌えやエロが芽吹き始めた時代、そんなトロトロしたもん観てデレーッとかできるか! と無頼派ぶっておねがい!サミアどんに入れ込んでいたオレでしたが、ダーティペアだけは避けることができませんでした。原作が高千穂遙さんだということは当時知らずに観ていましたが、やはりクラッシャージョウにかなり近い世界観(ってか20年へだてて同じ世界だというのは昨日知った)というのが大きかったと思います。決して、決して露出もハナハダしい女体目当てではない! …と童貞猛々しく自分に言い聞かせてはいましたが、今思えばやっぱりどこかで萌えみたいなものを感じていたんでしょうね。記憶の糸をたぐってみると「どっちかといえばケイ派かな」とか思っていたような… ああっ女神さまっまもって守護月天!なんかのどこまでもどうしようもない男のサガに訴えるアニメを今もって許しがたく思っているオレだったハズなのに、どっこいとんだダブルスタンダードだったようです。ただ、様々な需要によって洗練されてきた今風な萌え画よりは、いかにも80年代なタッチに未だに親しみを感じます。たんなる刷り込みなんでしょうけどね。それにしても当時は知らなかったと思いますが(記憶があいまいなので知ってはいたのかも)劇場版、OVA、さらにキャラクター設定を一新したリメイク版などが存在し、残念な趣味の方々の要望に応えようとしていたみたいですね。さすがにそこまで追っかけていこうとは思いませんけど…。

機甲天使ガブリエル… 買ってみました。80年代にSF雑誌や一部模型誌でサワリだけが取り沙汰されていたというまぼろしのマーチャンダイジング企画が今、陽の目を見る、という触れ込みなんですが、少し世代的にズレているせいもあり、アンテナが非常に低かったこともあり、まったく知りませんでして、宮武さんのデザインワークと加藤さんの比類なきSF画のみ目当てにページをめくっている次第です。思わぬ収穫だったのは「終わりなく戦い」の加藤PSの収録! …加藤さんがらみのPS本ということなら触れられて当然とも言えますけど、B5版見開きにドーンと、さらに着脱状態まで掲載されています。さらに加藤さんが2007年のSFコンベンション東京大会のために来訪されたジョー・ホールドマンさんといっしょにメシ食った話はこっちまで興奮してしまった。。。なにしろ映画化が決まってますし、もしかしたら、と淡い期待を持たずにはおれませんしね。ご存知ない方が大半だと思われますんで、上記のリンクをぜひたどって見て下さい。

MOONLIGHT MILEの最新刊が出てましたな。正直もうすぐ終わるもんだと思ってたんですが、まだ続きそう。月面都市の繁栄ぶりはもうすっかりザ・SFになっててなんだか面くらいますけど、お子さんもすくすく育って鼻っ柱の強さも垣間見えてきました。よしよし。楽しみにしてるぜ!

Img_2863_2  もうほとんど冬みたいな季節になってしまいましたが、手慰み(字にするとなんか微妙)にTシャツ作った。我がホネミッツのヒラ団員・KのにわかバンドのためにそろいのTシャツを作った余力でもって刷ったんですが、年単位で道具の手入れをしなかったのでインクがかった~~くなってましたよ。買いなおすとけっこう高いのに…。

|

« 真実が見えない! | トップページ | やー、ごくろうさん。 »

コメント

僕はダーティペアは小説から入ったので、アニメのムギと原作にはいないナンモにはかなりの違和感を覚えましたが、それでもかなり入れ込みましたw 同じく“どちらかといえば”ケイ派でw

ちなみに当時、同級生がキョンキョンだ桃子だオニャン子だと騒いでいた頃、自分はうる星やつら一筋で、この頃歪んだ人格形成の基礎が構築されていったのではないかとw

投稿: 鈴木頭領 | 2008/12/21 05:24

>鈴木頭領

最近原作について調べて知ったのですが、ムギはたんなるでかいケモノではなく、高い知性と能力を持つ「完全生命体」だということで… もちろん読んだ事はないのですが、その活躍はいかばかりか知れます。その他にも結構設定が違うようで、アニメのほうはやはり当時のアニメっぽいノリを大事にしたのでしょうね。ケイのほうが、ということは、安彦さん描くところのケイなんでしょうか?

>自分はうる星やつら一筋で
世代、というか時代でしょうね。歪んだ人格形成は頭領一人ではないということです。ちなみに当時アニメの女の子になんら興味を持たないと思っていたオレですが、しっかりと斜めに歪んでリボルテックフロイラインのアイドルフィギュアを並べ、真顔でポーズつけている始末です。

投稿: とまッシャージョウ | 2008/12/21 22:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 真実が見えない! | トップページ | やー、ごくろうさん。 »