« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009/03/31

パソコン我ぶっこわれた(本気で)

どーも。

桜の開花宣言と同時に寒の戻りが列島をおおい、うっかり風邪などめされた方も少なくないかと思われますが、皆さんは無事にお過ごしですか。年度切り替えで新生活に入られる方もいらっしゃいましょう。環境が変化することで体調も崩しやすくなります。気を引き締めて、出端につまづいてミソをつけぬよう、がんばりましょうね。あ、すっかり古くなったトピックですがゆっとかねば。WBC日本代表、二連覇おめでとう!! 韓国憎し、の気持ちもありましょうが、純粋にチームの総合力が高い、決勝でまみえるにふさわしい相手だったと思います。決勝戦はいいゲームでしたしね。プロリーグが発足してから四半世紀しかたっていない国としては上々のデキでしょう。あとはまあ、つまんない憎まれ口を叩くクセさえ直してくれればね…。

さて、大いに盛り上がったデジカメ購入から日もたたぬ、去る3月26日のこと。いつものようにクルマでお仕事に出かけたとまそんさんですが、午前の部を終えて会社に戻ろうとキーをひねったところ、スターターがコト、コトン… と異常なやる気のなさを見せました。いくらバッテリーの電圧が下がろうとも、仮にもそこまで高速道路を飛ばしてきているのにあまりにもやる気がなさ過ぎる。近くにいた公園管理のおっちゃんに助けてもらってどうにか会社まで帰りつきましたが、ウィンカーやブレーキランプ、果てはスピードメーターやトリップメーターさえもがつかなくなるほどの憔悴っぷり。ガソリンエンジンだったら完全にレッカー屋さんのお世話になっているところです。ディーラーの整備工場に持ち込んだところ、やはりダイナモがまったく発電しておらん、ということで、交換するハメになってしまいました。クルマをお持ちのみなさんはダイナモを交換されたことはありますか? 早い段階で買い換えている方々にはほとんど縁のない話でしょうが、ダイナモという機械、構造はとても単純で、そんなもんがいったいぜんたいどうして故障なんかするのかわからんようなシロモノなのです。要は自転車のライトにくっついているアレですからね。しかし、それが故障するということはイコール交換を意味し、またこれが中学生が技術の時間にでも作れそうな物だというのにバカ高いのです。そしてこのパーツが故障するのは、まったくの運! 新しいとか古いとかあんまり関係ないらしいのですよ。意味わからんですな。その交換のために、年度末の貴重な半日をワヤにし、高い部品代(それもどうせ新品じゃないんですよ!)をとられ、気持ち的にかなり負け込んでヘトヘトになって家にたどり着き、コトの顛末をブログに! このやりどころのない怒りをネットの海へ! と思って愛用のノートPCのスイッチを入れたところ、ビッ・ビッ・ビッ・ビーとなにやらビープ音が。なんとパソコンまで壊れてしまったのです。。。一つ聞くが、これを読んでおられる紳士淑女諸君、誰かオレを呪いましたか? その日と翌日は心の底までメッタ打ちにあった気分で過ごし、語尾に必ず「ヘイト」とか「デストロイ」をつけて会話しておりましたが、10年使ったパソコンですし、前回トラブルを起こした時点で手を打っておかなかったこともあり、気持ちを切り替えておニューのPCを導入することに決めたらどうにかスッキリいたしましたです。旧PC購入当初は30GBものハードディスクがたった数年で割り箸で作った橋のように心細くなるとは思いませんでしたが、今回は10年後を見越して「これでもか! いやさ、これでもか!」というくらい張り込んでやりました。ハイビジョン撮影の動画をどうしても編集しなければならなくなる日が来ないとも限りませんが、そんなことでもなければしばらくは大丈夫なハズ…。ただ、手元に届くまであと二週間もかかるんですけどね。

ガンダム00が終わりましたな。オレがあちこちカタくなっちゃってるせいですが、出てくるロボットや登場人物のほとんどにまったく魅力を感じなかったので実質的にティエレンが出てくる場面のみ「わぁ、ティエレンだ! ティエレンだ!」と手を叩いていた第一部に比べて、もう少しストーリーは複雑になり、ほとんど枠外の強さを誇っていたソレスタルビーイングのモビルスーツもだいぶ苦戦を強いられました。戦闘シーンを目で追うことはさらに困難になりましたんで、後半はほとんど画面を見てさえいませんでしたが、とにかくティエレンが出てこなくなったことだけはわかっていましたので問題はありません。おもしろかったか、って言われるとうーん…って感じですけど、まあ、今回はどうにか最後までついていけましたんでよかった。次は人体実験で記憶を失った兵士がティエレンを乗り継ぎながら各地を転戦、逃走を繰り広げながら自身の失われた過去を探すお話をやるといいと思いますよ。

それと、ついおとといくらい知ったのですが、サイバーパンク小説の代名詞「ニューロマンサー」が何を思ったか今頃映画化する運びになっているそうです! 主人公にヘイデン・クリステンセンくんが決まっている、とか…どうなんでしょう。確かなのかな。まあ、撮影が始まってから降りることさえありますしね。ってか、主人公よりもヒロインのモリイは? モリイはどうなってんの? 「JM」んときは名前も容姿も標準装備もまるっきり仕様変更されてて(要するに別人)泣きそうになったんだよ! モリイが黒髪・短髪・ミラーグラスで爪が伸びるキーラ・ナイトレイじゃなかったらオレ、観に行きません! プンスカ!

| | コメント (6)

2009/03/20

こんなに出ちゃってる…

どーも。

あまりに溜め込みすぎてたので、プラモデル関連は別にしとこうと思いまして、本日二稿目。つっても覚書程度の内容なんですけどね。いかんせん、やる気がしおれててお手手のほうがおるすばんでして… いかんですな。

Dsc00393去年9月にマクロス関連旧キットの再販があってときにはデストロイド・トマホーク(オトナの事情でアタック・トマホークになってますな)、ファランクスともに瞬殺だったようで目に留めることさえできませんでしたが、今回の再販はヌージャデルガー、クァドランロー、グラージもあって目がくらみました。っつっても、箱をあけてじっくり自分と相談してみた結果、グラージは結局スルー…でもまだ店頭で見かけるんスよねえ。うう… マクロスFにも同系機が登場したとあって、クァドランローはやはり早めに消えていました。作りたい、んだけど、やることたまってっから後回しだにゃあ。あと、ガンシップはこの新しいパケ絵、どーなんだろう。肝心の中身はメーヴェとはまったく別次元の良作です。さすがNITTO。

Dsc00394勝手にお世話になっているお店で完全に処分品扱いになってらっしゃったトラペのKV-1鹵獲車両…。600円くらいでした。よくわからんのですけど、なぜかKV-1ばっかしウチにやってくるのです。ホビーボスの48とか。どうしよ、コレ。

 

Dsc00392ほかにも買い物症候群みたいなつまらん買い物をいくつかしてしまったのですが… それはさておきコレですよね。なんだかんだ言って、やっぱり待ってました。「箱デケー」ってみなさんウキウキしてらっしゃいましたけど、ちょいちょいMGとか手に取ってたとまそんにとってはそんなでもなかった。でも…

Dsc00395箱の中はけっこうスッキリ。ランナーは6枚こっきり! この男前仕様… ガンプラとは違うぜ、っていうことですね。よくわからんけどワクワクしてくる! ガンスんときよりもうれしかったのは意外でした。

 

Dsc00396うち、ヤクルトお姉さんが来るウチなもんでコレはやっとかないとね。どですか、思ってたほど「まんま」ではないッス。でもやっぱ、笑っちゃいますね。キットのほう、器の底面のなだらかな角がちゃーんと再現されてます。「ヤクルトですしね」って言いたげな感じで気が利いてる!

Dsc00397個人的にはココにもっとも興味がありました。1/20のフィギュアが2体! これが手に取りたかった~ 作りかけのフィギュアも手が止まって数週間経ってしまいましたが、 コレみたらやる気出た! 

 

Dsc00399さすがに脚・胴体1パーツってワケにはいかなかったんだね… でもすばらしい。1/35よりさらにごまかしの利かないスケールですし、ここは精一杯がんばりたいところですね。

 

Dsc00400Dsc00398いや~、お顔小さいっすわ! 自作しているフィギュアは一応、身体の各部位を数値的に割り出して1/20にしたツモリだったんですけど、比べてみたら全然違ってた。ううむ、これじゃー並べらんないじゃん。

 

…というわけで、順調に積みプラが増えているホネミッツ・ダメダメファクトリーですが、ぼちぼち本格的に作業台をださねばならんです。でもって、お友達キットからパリッと完成させていく予定。うん、がんばります。

お、日本勝った。次はアメリカ戦ですか! よーぅし、ギッタンギッタンにのしてやれ!

| | コメント (9)

ねえ… たまっちゃってるよ…?

どーも。

いやー、「まだまだ寒い」とか言わなくていい感じになってきましたね。クルマに乗ろうとするたんびに車体全体がうっすらと黄色くウェザリングされている過酷なシーズンではありますが、アレルギー的に鈍感なとまそんにとってはおだやかな陽気で全身の筋肉が伸びきる季節です。ってか、気持ちまで伸びきっていろいろやる気が起きてこねえ。3月20日12時現在、WBCは日本×韓国戦が8回表、日本の攻撃で2-5。なんか韓国とばっかしやってるように見えるせいか、勝ってはいても「やる気しねえよなあ、侍ジャパンもさ」と思ったり思わなかったりします。もっと、いろんな国と試合したいでしょーにね。マレーシアとかアイスランドとかケニアとか。

3月の最初のほうに更新して以来、ぼんやりと多忙ながらもいろいろありました。トップをねらえ! を1&2一気観して思わずLOVEずっきゅん☆しました。2のほうでさえすでに3年も前に終了したシリーズなのでホント、ここで取り沙汰するのはイマサラなんですけど、今だから観れる、ちゅーか昔の自分だったらやっぱ取っ付けなかったんだろうなあ。グレンラガンしかり。我ながらオトナになりました。もちろん負の意味で。バスターマシン7号ちゃんのフィギュア作りたくなったですね。フィギュアなんて作ったことないけど。

Dsc00266

さ。これはなんでしょうか…。さる3月14日、いわゆるホワイトデーですが、毎年「白」にちなんだ男の料理を披露することになっておりまして、ここ数年はプラモデルを作りながら作る男の中華まんを執拗に提供し続けていたのですが、さすがに作るのも食べるのも飽きましたし、セブンイレブンで買ったほうが間違いなくうまいので、面白みはないですけどケーキ的なものを作ってみたのです。「オレンジヨーグルトチーズケーキ」。何味だかハッキリしないタイトルですけど、なんとなく気持ちだけは伝わってきますでしょう!

Dsc00269 …が、あっさり崩壊! ヨーグルトの水切りに一晩かけろ、という小さな注意書きを見逃していたようです。。。うん、まあこのへんがとまそんらしさ。ちなみにレシピには「カッテージチーズを使ってカロリー控えめさっぱり風味に仕上げましょう」とあり、カッテージチーズを用意したのですが、脇に小さく「裏ごしタイプ」と書いてあるのを見逃してまして(ちゃんと読めよ)味見してみたところ即座にゴミとして破棄が決定するほどの失敗振り。真剣にヘコみました。

Dsc00274

悔しいので即座に弐号機発進! 「ちょっとぉ、なにやってんのよ!バカシンジ!」二戦目はレシピにそむいてフツーのクリームチーズを使い、ヨーグルトはキッチンペーパーを使って強制脱水。甘みを強めにつけてゼラチンもやや多めに入れて挑みました。負けられない戦いが、そこにある!

Dsc00275 というわけで、あっさり完成。オレンジを生のまんま使いましたが、これがけっこうキョーレツにすっぱかったことを除けば完璧でした。でもまあ、うまいんだけどそんなにおもしろくない。レシピっちゅーのは誰が作ってもおんなじになるように作られているので当たり前なんですけど。え? 女性はおもしろさなんて求めていない? うそ!?

あと、釣りに行きましたねー。長野あたりでは2月中旬に解禁になっているんですけど、あまりに早期に出かけていくとロクな目に合いませんし(イノシシが出たとかクマが出たとかで地元に人に追い返されたり)サカナが釣れても引きが弱くて、なんだかかわいそうになったり。。。まあ、今回もロクな目に合わなかったっちゃあ合わなかったんですけども。

763500ウロコがちょいはがれ気味の痛々しいヤマメ。20センチちょいくらいでしょうか。元気に引きましたけど揚げてみたらかたっぽの胸ビレが真っ二つに裂けてまして、なんともいえない気持ちに…。今回ヤマメはこれ一尾。ヤマメのほうが引きがシャープでおもしろいんだけどね。

764270いちおうイワナを釣りに行ったもんで、ちゃんと結果が出てよかった。これも20センチちょいでしょーか。4尾釣りましたけどどれもだいたい同じくらいの大きさ&シルエットだったので放流からさほど経っていないんでしょうね。本来イワナはかなり敏感なサカナなんですが、すっかり日も高くなった昼下がりの瀬でエサを追うようなヤツはダメダメなヤツです。まんまと釣られおってからに。成魚放流の渓魚なぞ食ってもうまいものではないのでよほどでなければ持って帰ったりしないのですが、今回は最初から持って帰るツモリでしたので、かわいそうですけど一尾だけこの場でシメてしまいました。。。ナムナム。

 

Dsc00380 と、このように乱暴にヒラキにして燗にした日本酒に漬け、いわゆるイワナの骨酒になっていただきました。自然の恵みよ(養殖だけど)、ありがとう。イワナの骨酒、マジでうまいんすよ…(泣)

 

あと、まさに今日、あぶさん引退が朝刊各誌に掲載されましたね。おっかしいなあ、秋山新監督がじきじきに「あぶさん、今年もお願いします」っつってあぶさんも「おまえにいわれちゃかなわないよ」みたいな感じでかたまってたハズなのに。息子・景虎と同じユニフォームを着て戦うのは今シーズンのみか。。。さみしいのう。

| | コメント (4)

2009/03/08

にょほほほほ

どーも。

ふだんあまり野球なんて観ないスポーツ音痴のとまそんですが、WBCは激アツですな! アジア地区予選でもっとも手ごわい相手と目されていた韓国代表チームをコテンパンにイワした日本代表チーム。頼もしい。この調子でWBC二連覇を飾っていただきたいものです。メジャー嫌いの水島大先生もきっとそう望んでおられるハズ…。そう、水島ブームは未だ冷めやらず、野球狂の詩の原作マンガを読みふけっております。いや~、水島大先生ってほんっとに田淵が好きだったんだね。もう、なにかってーと田淵

それはそうと、先日ボサーッと半開きの目でBSのテレビショッピングを観ていたら、高性能レンズをつけたデジタル一眼レフを69800円で云々とやってまして、ふーんと鼻を鳴らしておいたのですが、その日たまたまヤマダ電機に行く用事があり、なんの気ナシにデジカメコーナーを眺めて見ると、くだんのデジイチが5万円台で売ってるではありませんか。もちろん、番組で紹介されていた「高性能レンズ」がついていませんので、「まあこんなもんか~」っていう印象だったのですが、いよいよデジイチが手ごろな値段になってきたな、とジロジロ眺めていたら、こんなんが26000円くらいで売られているのを見つけました。レンズが取り替えられないので一眼レフとは言えませんが、絞りやシャッタースピード、露出が手動でいじれてISO感度も3200まで。。ひとまずコレでいいんじゃねーの? と思ってイロケを見せつつ、家に帰ってさっそく調べてみると、せいぜい23000円くらいが最低価格。ヤマダでポイント還元されることを計算するとたいして変わらないですね。例の税金ちょびっと返してやっからパーッと使えのお金も入ってくるようですし、テレビのローンもあらかた終わりましたし、こりゃー本気で考えちゃうぜ… と思っていたら○デル○ラフィックスの方からメールが入りまして、「コンテストに応募した写真がちっちゃすぎるのでデカイのをよこしてください」とのこと。うわ~、なんつータイミング。もうこの瞬間にオレの中で「そんなら新しいデジカメで撮るっきゃないな」と決定してしまいました。で、そうなるともう一日も待ってられないダメな大人のオレは、あくる日仕事が終わるとあばれはっちゃくがランドセルをお母さんに投げつけて遊びに行く勢いでヤマ~ダまだまだに駆けつけ、ウォンバットみたいなナリの女の店員さんに「こ、これ下さい!」としがみつきました。「少々お待ちください」と言い残し、のそのそと裏に引っ込んでいく店員さんが3分後に戻ってくるとひとこと、「在庫ありませんね」 ノー! ノーだ! ガッデム! ちゃんと探したのかよコノ大型げっ歯類! 巣穴に戻ってもっかい臭い嗅げ! …と当たってみても仕方ありません。ないんだから。ここまで一気に上がった熱をどうしたものか。日を改めてヨドバシカメラでも見に行くか~ と肩を落として店を出ると、目の前にカメラのキタムラの看板が。そういやそんなんあったな。。気にしたことなかったけど。で、ダメモトでお店をのぞいてみると「現品限り」でお目当てのカメラがあり、しかも19800円…。久々に改心の一撃が出たな。そう、まるで今日の日韓戦で、1回裏の4番キム・テギュンの特大2ランを受け、2回表に飛び出した4番村田の3ランのような。

と、気分よく買ってきたカメラですが、うーん… なんか、うまく使いこなせねえ…。使いこなせていない様子は今月末発売のモ○ル・グラ○ックスにたぶん載せてもらえますんでご覧下さい。写真がちっちゃくて細かいトコまでわからないと思いますけどね。。。

| | コメント (3)

2009/03/03

こんこん。

どーも。

やー、今日は寒い。数週間前、春一番とともにTシャツ一枚で夕方まで過ごせる陽気が突然やってきて全身の筋肉がのーびのびにのびきったのがウソのように、連日の冷たい雨、10℃に届かない最高気温、そして雪…。わたくしとまそん、うっかり風邪をひいてしまいました。まったくウカツでした…。といっても、日曜日丸一日頭痛を味わっただけですっかり治りましたけどね。みなさんもどうぞご自愛ください。

頭痛に見舞われてリビングでどろりと横になって過ごした日曜日、CS観てたらオープン戦開幕直前スペシャルなどと称してアニメ版野球狂の詩を一挙放送してまして、おなかに犬を乗せながらダッラ~~~ッと観てしまいました。このアニメ、本当にうっすらとしか記憶になかったのですが、とにかく主人公・水原勇気(女性投手)がボウリングばっかりしてていつまでたっても野球をしない印象がありまして、永いこと疑問に思っていたのですが、これをきっかけにいろいろ調べて解決しました。ずっと観ていたと思っていたアニメですが、なんと月イチ一時間放送という変わった形態だったようで、オレが観たのはどうやらそのうちのほんの数話。そのうちの一話で新たに決め球を開発するためファームにこもる水原と岩田鉄五郎投手兼コーチが、投球練習をいっさいやめ、ノックとボウリングに没頭して東京メッツ・五利監督を絶望においやるくだりがあり、それが強くアタマに焼きついていたようです。ちなみにこの回には水原の入浴シーンもあり、それもコクメイに覚えておりました。しょーもない子供ですね。しかし原作マンガをご存知の方にとって水原なぞ本当に端役でしかなく、連作短編集の最後のほうに出てくる登場人物の一人にすぎません(ほかに乞食や歌舞伎の女形、超能力者などがいる)。この作品の主人公にして水島野球ユニバースでもかなり重要な活躍をするのは、実は齢50を数えるポンコツ投手、岩田鉄五郎でして、1973年から2009年現在まで現役選手として打席に立つあぶさんも超人的プレイヤーではあるのですが、超高齢プレイヤーの原型はこの岩田です。それどころかあぶさんをプロの世界に導いたのが岩田その人であり、また2005年に集中連載された「ドカベンVS野球狂の詩」の中では80歳で監督兼投手として登場する仙人ぶり! もっとも戦績のほうはさほど芳しくなく、投手としては並よりやや上、といった149勝程度。あぶさんが水島世界の輝ける孤高の星だとするなら、水島大先生の野球、いや宇宙哲学を体現しているのがこの岩田なのでしょうね。

それはそうと、そろそろ渓流釣りが解禁になります。未だに作業机をたたみっぱなしのまま3月を迎えてしまいましたが、このまままだしばらくたたみっぱなしかもしれん。いや、この年度変わりのシーズンを無事に越せなければ、作業机どころじゃないかも。うーん。。。

| | コメント (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »