« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009/08/31

だらり~ん。

どーも。

いや~、行きましたか選挙(唐突にポリティカルなつかみ)。過去最高の投票率だということで、目を見張るばかりの民主党圧勝! 「このままじゃいかん」「そんなにマズいっつーんなら一回やらしてみればいいじゃん」といった現状への不満が有権者を動かした、いや、「政治家なんてどうせロクなことしやしないとは思うけどいくらなんでも今の状況はあんまりだろ」といった気持ちがハッキリと数字になったのでしょうね。オレはノンポリなので感想を言うにとどめておきましょう。しっかし… おいおい大丈夫かよって感じっすね。

っていうか、サボり過ぎましたブログ。私生活でいろいろありまして、ビール(というか発泡酒)が「今年は当たり年とかなんだろうか」と思うほどうまく、また仕事も適度に忙しく、いつものようにやる気が出ないという塩梅でした。ゲフー。え? ドラクエですか? そんなアホほどやってません。やってませんてば。全然関係ないんですが、こないだトラックで高速道路走ってたら、ワイパーの付け根にでっかいムシがひっかかってウネウネしていたので「うわ、生きてる。はずしてやらなきゃな」と思ってジーッとみてたら、どうやらオニヤンマでした。行動範囲が広がったせいでしょうか、子供のころに比べるとオニヤンマを目撃する率がかなり上がっている気がします。でっかくてかっこいいっすよね、オニヤンマ。ワイパーにひっかかったマヌケというかツイてないオニヤンマですが、相当ヘコたれてたようで死にかけていました。あいつ、死んじゃったかな。クスン。

831_001_2だら~っ となにをしていたのかと言うと、ビール片手にたらったら玉の汗をかきながらお人形さんでキャッキャウフフしておったとです。ホントはほかにやりたいことがいーーーっぱいあるんですが、フイギュアってちょこっといじくるには手軽なのです。ちいちゃいし。

831_003ハセガワのMa.K.フィギュアセットAの一輪花。[fg]では顔の上下詰めがすでに定番工作になりつつありまして、オレもやってみた。もともとの造型がいいんで簡単に美人になりまっせ。え? でかい画像を用意しろ? えー。。いや、いいです。恥ずかしいし。

 

831_002腰に手をやるのが自分の中で流行ってるワケではないのです。ただ、その、手持無沙汰というか…バッグでももたせりゃいいのかもしれませんけども。ファルケ付属のおねいさんも他の面々に比べて小柄過ぎたので手足と首を伸ばしてみた。そしたら小雪もビックリのモデル体型に! 明らかにやり過ぎた! でもおもしろいから顔のほうを体に合わせることにしやした。

831_004カウツとフリーゲの再販ももちろんビシッと押さえております。フリーゲは楽しみだったんス。なんだかかわいそうでしょ、あのデザイン。「あ…なんだ、あれ、ああっそっち行ったら見えねっ 見えねーよ!」って感じで愛らしい。あと、この立ちフィギュアがついてるのもポイントです。このおっさん大好き! たるーんとしたユルい宇宙服?がなんだかオーバーオールみたいだし、御面相もなにやら大工さんみたい。団地ともおに出てくるスポーツ大佐に似てね? そのまんまでもかわいくていいんですけど、顔をちょっと彫り込んで腕だけ作り直してみた。女の子も楽しいけどおっさんも楽しい。これは気に入り過ぎてなかなか塗りに入れない気がするっす。

831_005[fg]のほうではスネークアイをテーマにした展示会の企画を進行中なんですけど、そんなオレが今やろうとしているのがコレ…。このまんま作るワケじゃないんですけどね。うふふふ。それにしても散漫過ぎるなあ。どうしてこんなにやりたいことがあるんだろう。これじゃあ釣りに行けないよ!  

| | コメント (0)

2009/08/12

燃え尽き症候群、なんちって。

どーも。

陪審員制度開始に台風に地震に大原麗子さんにのりぴー… あと押尾。列島を揺るがす事件の連発に、おもわずドラクエの経験値稼ぎもストップしてしまう今日このごろですが、みなさんいかがお過ごしですか。そーなんス。ドラクエはじめちゃったんス。それも夫婦で。30も半ばを過ぎて背中つっつきあわしてDSやってるんス。おいおい…のりぴーってジャンキーもいいとこじゃねえか! なんてゲラゲラ笑っちゃいましたけど、よく考えてみるとダメ度で言えばさほど変わらないような気もする。。。でもないか。うふっ、あっちは人間やめちゃってるワケですしね! 

さて、2週間以上ほったらかしといたWFレポートの続きをやらないと後がいろいろつっかえちゃうのでむりくりにでも消化しておきます。イマサラ感満点ですけど、カンニンしてつかぁさい。

727_064_2727_066 [fg]にも参加されているあらあらこまった堂の原型師さんの作品に遭遇した。一口に言ってしまうと「ロリ」なんでしょうけども、人体という言語を用いた表現のあまりに雄弁なことを思い知らされます。写真は撮れませんでしたけど、たとえば腰椎周辺のビミョーなくぼみ、骨盤まわりの肉の付き具合といったディテールが、そのキャラクターの人格さえも表しているようにオレには思えました。単純に「リアル」っていう言葉では言い尽くせないです。アートの世界で裸婦像が一般的なモチーフになっているのはそういうことなんでしょうか。。

727_067727_069727_068_2727_070もーどれがどちらさんの出品物かもわかんなくなっちゃった。とにかくマシーネンのことを気にしながら歩いてみるとWFってとても豊かな世界なんだなあと思えました。前は中古のプラモとミクロマンくらいしか目に入らなかったのに。

727_071727_072727_073ガレキとしては10kクラスの アイテムなんて割安な部類なんでしょうね。ちょっとのんびり午後の散歩のつもりで歩くと、ここいら辺のモノはキレーに売り切れております。逆に、ここいら辺のものが売り切れないとディーラーさんとしてもとても困るのでしょうね。売れてトントン、売れなきゃ赤字なんでしょうから…。

      

トキハマ先生と連れ立って18禁コーナーやら企業ブースやらもだいぶ歩き回りましたけど、あとで写真見たらガッタガタにピントがズレまくってたので割愛します。18禁っつってもなんだかいつもの年に比べてたいへんつつましやかな様子だった気がする。完全に隔離された別コーナーなんだから、もっとどえらいものが飛び出てきてもいいような気がしたんですけど。。ただ、手足がついてない女の子の裸体人形に「だるまちゃん」と書いてあったのにはかるーく引きました。うお、こわっ! と。

727_092

マシーネンのみなさんが参加される打ち上げにも顔を出してきた。単純に遊びに行きたかったのもあったんですけど、オレにミスコンで賞を下さったブリックワークスの杉さんとゆっくりお話しするのが目的でした。あと、トキハマさんの原画から起こしたSAFS子ちゃんをセンセにお見せするのも。なんだかちょとエラソーだぞ、とまそんのクセに!

727_084727_086 マシーネンではないけどマシーネンな模型をお持ちになる方もいて、すげー面白い! 自分の作ったプラモデルを「どうですか!」っつって見せっこしながら酒飲むなんて楽しいに決まってる。 それもみなさんうまいのなんの…。ロクに色も塗れてない自分のプラモが恥ずかしくなった。それでもずいぶんもてはやされてしまい、ますます小さくなるオレ。

727_091 写真が悪くて申し訳ねえ。ネットや小林誠先生の著書「ハイパーウェポンズ」でおなじみの毒猿さんのでかいジオラマも生で見た。「一度ジャングルをやってみたかった」とおっしゃってました。下生えの草が非常に多様で、「これってなに使ってるんスか」と聞いたら「覚えてない」だって。そりゃそうか! 構成するフィギュアやガンスはどれをとっても激しく作り込まれてましたけど、重要なのは正確さとか緻密さよりもリズム感とか臨場感だ! と言わんばかりのお品でらっしゃいました。「毒猿さん、展示会に参加する毎に手荷物がでっかくなってて展示スペースがいっぱいいっぱいなんだよ! デカイの持ちこむときは前もって申請するシステムになったの、毒猿さんのせいだよ!」とゲラゲラ笑っていたのが超有名な原型師の脊戸さん…。恐れ多い席に顔を突っ込んでしまったもんだ。

727_093ゲイトリバーさん、ナデフコンに出品された氷漬けファルケもちゃーんと持参されてました。コレ、超見たかったんだよ。うれしかったなあ。流し込む透明樹脂が一回では足りずに二度に分けた、とおっしゃってましたが、そのために中で層ができてよりいっそう氷っぽくなってた。

727_089あとこれ… オフ会に顔だすたんびに「モデリングブックにサインもらおう」つって一応持参するんですが、今回は忘れちゃって… と思ったら別の方がしっかりサインもらってた。それもケーニヒス・クレーテのイラスト入りで! くそーーっ! 次は絶対にサインもらってくる。

811_002 今回手に入れたいかれ漫房製48ダグラム。鈴木頭領のご厚意によって特別に分けていただきました。。頭領、宴会さん、そしてナオキくん、心からありがとう。朽ちダグにしようかと思ってましたけど、固定にするにはちょっともったいない完全可動っぷり! せっかくですから作り込んでみます。

811_003811_004[fg]ミニスケールコンペ用に買ったチオネル=ヴェステンビス製の76グスタフと76ケーファー。ケーファーはノリで買ってしまいました。グスタフもう一個欲しかったんだけど、二個で売り切れって言われて買い占めるのも悪い気がしちゃって… 一つをお手本にしながらもう一個自作すればいいか! とか。

あと、写真はないんですけどハセガワのマシーネン担当の方から名刺もらったり(軽くVIP気分になれる)トキハマさんからエロ筆いただいたりしました。ありがとうございます! そして忘れちゃならねえ。ガルダス第3巻! 一年前の夏にWFで発表することが叶わず、苦渋の末にリベンジということでしたが、いろいろあって撮影しなおしたりとだいぶ苦労されたようで… ほんとにお疲れ様でした。第4巻、期待してますぜ。 

さてと。明日は嫁とお台場にガンダム見に行ってきます。ドラクエ持って。

| | コメント (0)

2009/08/04

マストだぜ

ワツァープガイズ。

さるルートからもたらされた情報通り、そしてオレが予測した通り、イヨカンアメから約一カ月でファミリーマートに出現した新パッケージ・キウイアメを入手したぞ。

84_002夏が旬の果物は数あれど、さすがのパインアメシリーズ。変則的なチョイスですな。しかし、今回はどストライク。前回のイヨカンアメももちろんよかったんだが、今度のコレはいつにも増してうまかった! マスカットアメが期待はずれでちょっとショックだったと以前書いたが、今、このキウイアメを口の中に入れてみるとわかることがある。あのマスカットアメはマスカットのキャンディーをではなく、マスカットを目指した志の高いモノだったんだなあ、ってね。それというのもこのキウイアメ、キウイの中にある黒い種をかみつぶした風味、食べ終えた後に口に残る何ともいえないアルカリっぽいあの感じまでがほのかに再現されているんだ。 最近はトロピカルフルーツを中心にフルーツの味をかなりリアル、かつ濃厚に再現するやや高級志向なアメが流行ってきている。だけどコレはそういったものとは一線を画した、駄菓子としてのアメの本分を守りながら繊細な風味まで大切にした、しみじみとイイ品なんだ。「とにかくキウイが大好きで…」なんて人はそんなに多くないと思うけど、なんだったらコレでキウイを見直すかもしれないくらいのポテンシャルはあるとオレは思っている。っていうか、オレは見直したよ!

ちょーっとベタ褒めしすぎたかな? でも、これまで辛口が続いたからね。素直に称賛の気持ちを言葉にしてみたのさ。普段あんまりアメなんて口にしない人…は、あんまりこんなトコ読まないと思うけど、お口に合うかどうか試してみてもいいと思う! 

…それにしてもパイン株式会社、マジで一カ月1アイテムを継続するつもりなのか?

そうそう。今回のキウイアメのパッケージ裏には「食べてみたい味のアイディア募集」の告知があるんだ。ちなみに前回の採用案はリンゴアメ。だがここ数回の傾向を見ると、ちょっとゾーンを外し気味のシブい変化球が好まれるのかもしれない。パッケージ裏のバーコードを読み取って、あなたのアイディアを我らがパイン株式会社に提供してあげて欲しい!

| | コメント (4)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »