« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010/04/23

うるさーーーーーーーーーい! (噴火)

どーも。

最近はなにやら天変地異やらなにやらと、現実味のないことがらが次々に巻き起こります。ここ東京(の、はじっこ)では桜の終わった青葉に雪が積もり、前日との気温差18℃とかいうふざけた状況に叩きこまれてます。世界各地で大規模な地震が起こり、ご存じのようにアイスランドのエイヤフィヤットラヨークトル氷河での噴火は今まだおさまってはいません。エイヤフィヤットラヨークトル。西日本あたりで行われる奇祭の掛け声みたいですね。大きな声で言ってみましょう。さん、はい。エイヤフィ、ヤットラ。ヨークトル! (ドカーン)。この噴火が農作物に相当深刻な影響を与えるかもしれない、とあちこちで言われてますね。というか、噴火以前に日照不足と気温の不安定の影響がだいぶ深刻ですから、コレはいよいよマズいかもしれない。とはいえ、高い高いと大騒ぎしているキャベツなんかも今のところせいぜい普段の倍、300円くらいですし、どうせ毎日キャベツ食ってる人なんて数えるほどしかいないでしょうから、我々一介の末端消費者は「あるものでやっていきゃいいやな」です。ま、現段階では。というか、よく考えてみるとキャベツだって種蒔いて収穫するまでは3、4カ月かかりますし、地面に生えてる間だってほったらかしてるワケではないし、それを丸々一つ百数十円くらいで買えているというほうがどうかしているような…。

423_003 …まあ、マクラが長すぎた上になんの脈絡もないんですけど、今回は水槽のお話。かれこれ5年ほどになりますか、「熱帯魚飼いてえな」というカミさんのきまぐれで45センチ水槽を一つ立ち上げたところから始まる我が家の小宇宙(コスモ)。なんにも知らないズブに素人であったカミさんは、今はなき国道16号沿いの大きな熱帯魚店(なき、っていうか移転しちゃったのです)の大きな水槽で群れなすゴールデン・プラティを指さして「アレ飼いたい」と言い、「アレは殖えちゃってとまらないからやめとけ」と何度もなだめたにも関わらず「殖えるなんてカワイイ!」と生命について安易な感想を述べつつ10匹も買ってしまったのでした。ほんの数カ月後、50匹を超える稚魚をバケツに入れて件の熱帯魚店に引き取ってもらいに行ったことは言うまでもありません。しかし、オレの予想よりもはるかに短い期間でプラティの全盛期は終わりました。水槽を始めてまだ日が浅かったせいかもしれません。その後、当時流行っていたビー・シュリンプという紅白のおめでたい小エビを飼い始め、水槽は二本に。ヒドラが発生したり(このときはじめて見ました)プラナリアが入り込んでいたりして紆余曲折はあったものの、5匹から始めたエビ水槽は今や100匹近い節足動物の天国に成長しました。

423_002 これ、なんだかおわかりになりますか。上の画像の左の水槽の中にある保育器なのですが、よくみるとなにやらこまっかいのがわかりますね。コレはコリドラス・ハスターテス(ハステータスでもハスタータスでもハステーテスでもいいんだけど)という魚の稚魚です。コリドラス属はもっぱら体長6~7センチくらい、川底でもそもそしているまるっこいユーモラスなヤツラですが、ハスターテスは最大でも3センチくらい、おおむね2センチくらいにしかならない超小型。群れで水槽の中層域を泳ぐのです。

423_010 こんな感じね。たっくさんいるでしょう… ずいぶん殖えたのです。観賞魚には、水槽内での個体密度に応じてライフスタイルが違ってしまうものがよくいます。とくに群泳する小型の魚は、飼っている数によってケンカしまくったり泳ぐのをやめて水草の陰に引っ込んだりします。このハスターテスも一定数はいないと泳いでくれないので、10匹から飼い始めたのですが、最初のころは水が合わなかったのかなかなかうまく馴染んでくれず、数匹が命を落としてしまいました。しかし、カミさんのマメな管理によって水槽内の水草に卵が確認されるようになり、案外簡単に稚魚から育成できるようになりました。なんでもちっちゃいころはかわいいもんですが、卵からかえった稚魚が徐々に成魚と同じ体色になってくると、それはそれはたまらんもんです。

しかし… ちょっと考えればわかることですが、10匹から始まった魚が20匹に殖えれば、産卵の回数も当然倍になります。30匹になれば3倍です。そしてコリドラスの仲間は、魚の中でも非常に受精確率の高い方法を取ることで有名なのです… 魚のクセに交尾するのです! 

423_002_2 この保育器、1ミリくらいしかない稚魚を育てるためにはどうしても不可欠なんですが、45センチしかない水槽の中ではたいそうじゃまっけなので、稚魚が育ってしまったらその都度片づけていたのです。しかし… 

423_003_2 この不格好な状態のまま、もう一年近く経過しているでしょうか。水槽の中の先輩たちに混じって泳ぎだす卒業生が出る代わりに常に新入生が入ってきて、まるで小学校のようです。毎日毎日、ブラインシュリンプ(乾燥卵から塩水で孵すプランクトンの一種)を孵化させてスポイトで与える作業に追われるカミさん…。ほぼ二週間ごとに見つかる稚魚や卵…。エビなんてたいがいに殖えてもロクにケアせずにほっとけば勝手にうまくやっていくのですが、魚はそうはいかんのです。水槽内に生体が増えすぎれば弊害も出てきます。今はまだせいぜい40匹程度(ハスターテスだけで)。しかしこのままだと飽和するのはそう遠くありません。誰かにあげるか、お店に引き取ってもらったほうがいいと思うんですけど、こうも毎日手塩にかけて育てているとなると、そうそう手放す気にもなれないようです。はー。

なんか、今回はオチもつかないですね。ノロケ話みたいなもんか?

| | コメント (4)

2010/04/06

サクラ祭りじゃ~

ハーイGUYS!

いやー、まいったよ。先日のお葬式ですっかり風邪ひいたウチのカミサンから新年度早々風邪うつされちゃってさあ! ま、さいわい症状は軽くてとくに横になることもなく、こうしてピンピンしてブログなんて書いちゃってるワケなんだけどね。みんなも気をつけてよ~? 急な法事に参加する際は会場が屋外じゃないことをキチンと確認しておくんだね!

6_001_2 今回紹介するのかコレ。いやぁ、待ってました! サクランボアメ! 思えば前々回の味のアイディア大募集でもサクランボ味は応募したよ(たしか)。アメ業界では準メジャー級ながらも決して完成されたとは言えないくだもの味って、まだまだあるんだよ! …とはいえ、我らがパイン株式会社が単独で企画/制作しているワケではないこのシリーズ、やはりファミマ側から「春らしいなにか」というオーダーありき、という気配もノーコーだね。それに前作がサクラアメだったことを考えても、バランス感覚というよりはカラーの統一、シーズン戦略に重きを置いている観は否めないよな。ともあれ、なんつーか、久々にパッケージを見た瞬間からアガる新作だったんで、ためらわずにとりあえず3つひっつかんでレジに持って行ったよ。

肝心の味の方だけど、パインアメシリーズにとまそんが期待し続けているシャープな酸味はやや抑え気味。これはたぶん、さくらんぼが持つほんのりした甘さと控えめな風味を意識しての調整だと思うんだ。口に入れてふわっとくる甘酸っぱさは、実に懐かしい駄菓子っぽさのあるサクランボテイスト。3つ買ったけど、これはあと3つ買い足す! ちなみにウチのカミサン、一つ口に入れた瞬間にほっぺたを両手で覆って「この味、小雪ちゃんだ! 懐かしい!」とすっかりゴキゲンな様子…。小雪ちゃんが青りんご味だったことを指摘するのもヤボだし、そのままそっとしといた。せっかくウットリ喜びをかみしめているのに、間違いを正そうとするなんてのはモテない男のすることだもんな! みんなも女の子にはテキトーに「うん、そうだね」って応じておくといい。抑揚と緩急さえつけておけば聞き流されてる感じは出ないから、とにかくバリエーションだけ増やすこと。コレがコツだね! それじゃ、アディオス・アスタレゴ!

| | コメント (5)

2010/04/03

すっきり快調!

どーも。

先日、こっぴどい目にあって(お葬式に参列しておいてこんな言い方もないもんだ)すっかり体調を崩した嫁さん、風邪で寝込んでしまいました。もうホントに勘弁してくれよ… なんだかオレまで節々が痛いです。天気のせいもあるかもしれません。すんごい風が吹きましたもんね。人体というのは、天候はおろか太陽系外の天体が及ぼす極めて微小な影響にも反応してしまう可能性がある、と読んだことがあります。バクテリア程度の生き物の繁殖率、活性度などと宇宙線量に因果関係が認められるという話なんですが、これを拡大するなら脳の中で行われている電気的な活動も当然バクテリアと同様に影響を受けるはずである、と…。ま、そこまで行くとマユツバですけど、強い風で具合を悪くする人がいてもそう不思議な話ではない気がします。天気悪いと頭痛がひどくなる人なんてザラにいますしね。みなさんは無事ですか?

331_007 例のミニスケコンがいよいよ千秋楽。今回はゆったりのんびりのスケジュールで参加できました。いつもならドロドロになるほど疲れきって締め切りギリギリで滑り込んでいるのですが、モノが小さかったのと他のナニカを同時進行させていなかったこと、そしてなにより主催者じゃなかったことが制作に集中できる材料になりましたか…。

331_019 ちっちゃいのでビネットっぽくしてみました。お手軽だし安上がりのわりに出来上がった満足度は普通サイズのプラモと同じくらいあります。これはハマってもいいかもしれん。作業スペースが取れずお金もかけられない家庭持ちモデラーにはとても向いているかもしれません。

331_015 331_013 331_022 331_021 使っているのは各種プラ材、ちょっとのエポパテ、釣りの丸ウキだけ。4,5日でできてしまいます。と聞くとちょっとやってみたくなりませんか?

331_016 331_018何度か塗り直してみて、ちっとも気にいらないので結局アルテコの粉と重曹をふって雪景色に。大型の羊蹄類、アイベックスをエポパテでひねってみました。

331_009どうしても目線を合わせた構図にしたくなりまして…。戦闘機械がふわりと飛び去るところを動物が立ちすくんでみているっていうだけにしようとしたんですけどね。

で、この投稿が完了したのが3月31日。あれっ? じゃあSAFSペイントコンペの締め切りにも間に合うんじゃねーか、と思いまして、途中まで組み立ててあったWAVEのSAFSを大急ぎで仕上げることに!

43_005 …あんまり考えずに塗るだけぬりました。汚しとかレターのエイジングとか、やり忘れてることがいくつかあるんだよね…。

43_001 まえにアーマーモデリング誌で見て衝撃を受けた高石師匠の塗装法を試しました。実在の機械同様の塗装工程を踏まえて、上から徐々に塗装をいじめて経年劣化や使用感を出そうと言う方法です。

43_002Mrカラーで下地の金属の色を作り、上にアクリルガッシュで層を作り、その上にカーキーグリーンを構成する黄色、茶色、青をまたMrカラーで吹きつけて表面にムラを作ります。塗料が乾いてからエナメル溶剤をしゃばしゃば塗るとアクリルガッシュが柔らかくなるんで、筆や麺棒、つまようじでペタペタいじめてエイジングを施して行く、と。

43_004 表面がヤラれている感じ、伝わりますか。ここにさらに油汚れやサビを浮かせればもっと味が出るという寸法でして、よくできた例をお目に掛けられず申し訳ないんですけど、上手な方がネットにもきっと作例を上げて紹介されていると思いますんで探してみてくださいね。

43_007 結局【fg】に上げた画像ばっかしか…。でもさすがにちょっと疲れたね。さ、でも4月中にWF用の原型を仕上げちゃわないと、また別件で泣くハメになるから!! 

| | コメント (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »