« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010/05/19

アツい!

どーも。

前回の更新からずいぶん経ってしまいました。街ではすでに夏服の高校生も見受けられますね。季節はうつろい、人もまたしかり。みなさんはいかがお過ごしですか。宮崎のみなさん、口蹄疫でものすごく大変だと思いますが、がんばってください! 気易く言うことではないんですが、とにかくすごく気にしてます。派遣されている自衛隊は週二日休みをとるという話を聞きました。まったく無休で働く川南町のみなさん、こらえてください! 自衛隊も週休二日だなんてオレも初めて知りました。

さて…

5gatu_6_001 前回更新時にはこーんな感じだったんですが、5月14日に終了した1/35Ma.K.コンぺまでに間に合わせるべく、WF準備もそっちのけで突貫工事をしておったとです。

57_001 これが翌日。

58_001 その翌日。

59_001 さらに翌日。

511_002 さらにさらに翌日。

20105_113 それから3日後(旅行に行っちゃいまして)。これが14日の様子。そう、つまり締め切りには間に合わなかったとです、星君!

519_008 その後いろいろあって、19日現在はこの状態。まだ若干、コードなんかを取り付ける工作が残ってますけど、塗装に入っておりまする。でも、この状態に入ってからすでに3日が経過。あまり筆もノッておりませんぬ。なぜなら、

519_006 ベースに凝っていたのでした。前回こしらえた1/76クラッヘンフォーゲル、【fg】に投稿した際のタイトルは「おおつののだんな」だったんですが、

331_009 「おおつののだんな」というのは「アルプスの少女ハイジ」の中でペーターがハイジに山岳に生息する生き物たちを紹介する際、大型の羊蹄類アイベックスのことをそう呼んだところから引いているのです。35でもクラッヘンフォーゲルを作ると決めた時からこのネタはもうオレの中で確定事項だったのです…

519_007 ちなみにですが、クラッヘンフォーゲルの親戚というかお兄さんの自律型反重力偵察機ノイスポッターのキットにはエディ・アムゼルくんという伝説的人物のフィギュアが付属しており、この少年が牧畜に従事していると思われるいでたちをしているのですが、たまたま前回ハイジをネタにしていたこともあり、となるとペーターの登場は避けられませんよね…。

まだ塗装がキチンと済んではいなかったのですが、もう締め切りはとっくに過ぎていますし、ゆっくりやっていこうと思ってます。ぼちぼちWF準備にも本腰を入れねばなりません。

5gatu_6_002 その前にこのコか… うん、間に合う気がしねえ。

| | コメント (2)

2010/05/06

マイタスク!

どーも。

カレンダー通りですと、長かった大型連休も今日でおしまい。テレビではうれしそうに高速道路の渋滞とそれにまつわるトラブルを取り上げてますね。そう、いかにスケジュールをやりくりしても、小さいお子さんやお年寄りなどの家族連れで移動したり目的地が行楽地だったり誰かの家だったりする場合、渋滞を避けた時間帯の移動などは到底望めるはずもなく、エライ目にあうとわかっていながらも意を決してハンドルを握らねばならないお父さんたちは決して絶えません。本当にご苦労様です。となれば、そういったシガラミのないオレなんてもんは休み自体を動かしてしまい、ゴールデンウィークが開けたすっからかんの観光地への小旅行を計画したりなんてできちゃったりしたりするワケなんですなあ。まあ、お店がやってなかったりすることもあったりして、それはそれでスマートにはいかないもんなんですけどね。

さて、2010夏WFもいよいよ近づいてまいりましたね。いきなり気温が上昇して、気分的にも「夏!」って感じになってきますと、自分がこなさねばならない数々の作業が下腹部にズーンと効いてきちゃうワケなんです。おおまかな準備はできているとはいえ、ツメの作業が進んでおらず、複製に入るにはまだまだ時間がかかります。それなのに…!

5gatu_6_003_2こんなのや

5gatu_6_002 こんなことや

5gatu_6_004 こんなことを同時にやっていたりして、このうちどれかは中途半端になるな感が津波のように押し寄せてきてます…。 そうした中でも、5月14日が締め切りになるWEB展示会、1/35Ma.k.コンペ2010に参加を表明しておりまして、いろいろ考えた末に

5gatu_6_001 コレで行くことにしました。ホントはね、二脚メカにしたかったんだよ。35サイズだとちょっと置いとくのにも手ごろだし、かっこいいなーと思って。しかし、どう考えても作業時間はそんなにありません。WF準備も同時進行だし。76スケールでやってすごく楽しかったんですが、もうちょっとおっきいのを作ってみてもいいな、と思ったのです…。まあ、二回立て続けに同じネタなのでパンチに欠けるとは思うんですけども。ただの展示会ですし、楽しければいっか! と思いまして。

それにしても76スケールはとても便利というか、材料費もかからず手間も少なく、完成しても場所はとらないし、情景にするにしてもけっこう大胆な構図も視野に入れられるとても楽しいジャンルでした。人に見せたときのインパクトの弱さっちゅーか、よほど精密に作らなければ面白がってもらえなさそうなトコもあるといえばありますけど、ちょっとお手すきのときに取り掛かってみるにはほどよい趣味だなーと思いました。

そうそう、もうだいぶ日が経ってしまったのですが、ミニスケコンに出品したアレ、なんと投票で一位になってしまいました。なんだか申し訳ねえ…。ネタのツモリだったし。しかもなんと、優勝賞品付き!

54_030 月面の番犬、1/200ケルベロスのガレージキットをいただいてしまいました。ウフフ。かわいいんです。賞品を提供して下さった破壊工作のはるとさん、そして宇宙初マシーネン専門模型店、水道橋Nutzのましーねん店長さん、ありがとうございました!

54_001 54_003 54_004 現在、水道橋Nutzさんにはある学生さんが一人で制作された1/1機動歩兵装甲服が絶賛展示中! 8月7、8日に行われる日本SF大会TOKONに展示するために出奔されるまではこちらにいらっしゃるそうなので、秋葉原などに買い物遠征に出られた際、お時間を割いてチラッと見に行ってみてはいかがですか。

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »