« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010/06/27

ガルシアの首

イェ~~~~~~ッ! 元気か~い!?

ワールドカップ直前までクソミソにブッ叩かれていた日本代表並びに岡田監督だけど、フタを開けてみたらまさかの決勝トーナメント進出! ぶったまげたよ~。ははっ、ナーンテネ。普段ロクにサッカーなんて見てないし選手の名前も役割もなんとなーく最近耳に入ってきた情報だけ。積極的に調べたりも皆無。でもまあ、応援しています! がんばれサムライなんとか! しかし、ちゃんと試合を見てみると、1-0で負けてしまった対オランダ戦でさえ、しっかりと善戦しているようだった。ボールがいつもと違うとか高地で酸素が薄いだとか芝が整ってないとかなんとかいろいろあるようだけど、いい試合になるんだったら別になんだっていいよね。

626_001 さてと。パインアメシリーズ夏の新作グレフルアメの紹介だ。発売からちょっと経っているので、パインアメクレイジーのみんなは2、3粒口の中に突っ込んでる真っ最中だと思う。グレフル…まあ、グレープフルーツのことなんだが、ファミリーマートで発見した瞬間、当然のことだがピングレアメが頭をよぎったね。先にピンクグレープフルーツを出してからのグレープフルーツか…。これってシャアザクのほうが量産型ザクよりも早く発売された、みたいな話かな? まーいーや! グレフルアメうめーから! このグレフルアメ、従来のパインアメシリーズの中でも駄菓子的アレンジがわりと強めに入っていて、果汁至上主義のみなさんにはちょっと違和感かもしれない。だが、この駄菓子っぽいアレンジこそが今回の勝因だと言い切りたい! 酸っぱすぎず苦すぎず、さっぱりした風味でジメジメした蒸し暑い梅雨にぴったりだ。まだ口に突っ込んでいないあなたもぜひお試しあれ!

…ところで、グレフルって聞くとグレイトフル・デッドを思い出すよね。ジェリー・ガルシア、亡くなってからもう15年も経ってしまったのか…

| | コメント (2)

2010/06/20

おおきなおともだち その②

どーも。

前回の続きなのですが、実は… 展示会に出品されていた作品のお写真はアレですべてでした。まだたくさんの作品があったんですけど、バッタンバッタンしてるうちに写真撮りきれずに終わってしまいまして…。自分の持ち込んだモノも撮ってなかった。撮る必要は感じなかったんですけどね。

というわけで今回は展示会のあと、打ち上げの様子をちょっとだけ報告。

打ち上げの会場はなぜかテーブルに白いクロスがかけてあるホテルの中華レストラン。中華料理屋で飲み放題のパーティーができるなんて初めて聞いた! 席について同じテーブルについたホリウチさんとこの不思議な宴会について話していたところ、どうやら打ち上げの参加費はあらかじめ徴収されていて、その段階で参加者がキッチリカウントされていた模様。あれっ、そういえばイスの数をみると人数ギリギリっぽいぞ… オレ、参加費払ってないし参加表明もしてないや! まずい(手にヘンな汗)。しばらく待っていると横山センセと残りの参加者が会場に到着し、席を埋め始めると、やっぱり席が足りない!! うわー。イエサブの方が店員さんらしき人と話しているのがバッチリ聞こえて気まずさ満点! …どうやら席の追加も認めてもらえたようで、オレも事情を話して謝っておきました。なんか、すんません。

会場には司会用の壇と展示用のスペースが用意されており、宴会スタートとほぼ同時にみなさんワラワラ~と展示会から引き揚げてきた作品を並べ始めました。オ、オレも負けちゃいらんねえ! ていうかこのために仕込んできたものがあるんだし。 

615_059 OVER-Qさんとイフェメリスさんが浮遊状態のカウツを作っていたので、オレも展示会に間に合わせるために途中でほっちからしといたカウツの仕上げをしていたのですが、展示してもらうとこまで仕上げることが叶わず…。でもいっしょにフワフワさせるために持って来てはいたのでした。手前の白いのがイフェメリスさんのカウツ。製作中の様子をブログで見てはいたんですけど、実物の白はすばらしくスキッとした「重たい」白で、下地の黒が透けて見えるように塗られているんだそうです。ちなみに奥にいる青っぽいのがオレのカウツ。奇手に走って完成が遅れ、焦りから迷走している様子が遠目にわかりますか。イフェメリスさんの白を見てからオレのもやっぱり白にしたくなってきちゃった。元々白か黒に塗るつもりでしたが…。

615_060 宇宙用スーツは白のややツヤがやっぱり一番かっこいい気がする。

615_061 トキハマさんが打ち上げ用に持ってきたアオシマ1/32はやぶさ。太陽電池パネルの塗装に一工夫あるようで、角度を変えるとオレンジや黄色く反射するのでした。これ、意外と大きいんスね~!

615_063 WFで平田英明さんのスージーシンジケートが販売した田中角栄フィギュアをなぜかマスクマンに仕上げる怪センス… OVER-Qさん、すごく温厚そうな方なのに…。

615_064 イフェメリスさんが自作のヒートペン(何を言っているのか自分でもわからねえが、たしかに自作のヒートペンなんだ)で作った144のSAFS、そしてかわいいアーケロン。 小スケールを立て続けに作ったせいか、小さいものに目が行くようになりましたな。

615_066 nozomuくんはまだ大学生。しかし技術はもう超級! このおっさん… なんて男前に塗れてるんでしょう! すばらしい。そして彼は関東展示会のスタッフでもあるのです。お若いのにドップリと濃ゆい世界にハマっておられて… もう引き返せませんね!

615_068_2 615_069 白倉さんのフィギュアがあんまりかわいく塗れているので接写させてもらった。道を歩いていてかわいい女の子を見かけて「かわいいから接写させてくれ」と言ったら起訴されかねませんが、人形なら! 人形ならカメラの限界まで近づいても叱られません。それにしてもこの光源心もとない状況でこれだけ見られる塗りってどうだ。今展示会のミスを決めるとしたら間違いなくこのツートップの一騎打ちでしょうな。

615_071 ま・しねら・がじめさんはいつもユーモラスなガジェットに着目してくる方なんですが、SF3D別冊のコミックパートに出てくる「半地下対空戦車」をピンクに塗って持ってくるという異端児ぶり! 半地下対空戦車… キット化困難度数98のマイナーメカを立体で見る機会は今後そう多くはやってこないことでしょうね。。

615_073 615_074 キシさんもまだ学生さんですが、正当血統種といいますか、筆づかいまでドップリとマシーネンな方です。塗装が上手な人はこんな感じで単色で勝負ができるんですな。オレもそんな単色仕上げにあこがれていろいろやってみたんですが、やっぱりちょっと数段落ちるというか、単に「一色で塗っただけ」になってしまって…。単色仕上げは基本塗装のあとにめちゃめちゃいじるんでしょうね。

…という塩梅で「二次展示会」が進行するワケなんですが、展示会場で観覧者による人気投票がありまして、その結果発表が行われました。そしたらなんとオレのクラッヘンたちが入賞! ひっくり返りました。打ち上げの参加費を払い損ねそうになったオレなのに。というかやはりfg効果が大きいのでしょうか。まあいいや、素直に喜ぼう! そしたら入賞者のために主催者のイエサブ・神戸さんがなんと自分の積みプラから賞品を準備してこられていて、

615_075 おお… 運よくホルニッセをいただけてしまった!

615_076 さっそくセンセにサインを入れていただくオレ。めちゃくちゃ幸せ…。ぜったい作ります! 付属のPKAをオリジナルに改変して…。

そのあとジャンケン大会が開かれ、やはり神戸さんの積みプラが大放出されたのですが、そのジャンケン大会で2回も賞品をもらってしまい、このままではツキ過ぎて帰りにダンプに轢かれてしまいそうでしたので、タミヤのフランス軍戦車(マチルダだったかな?)をジャンケン大会で放出してきました。ちなみにジャンケン大会でパトレイバーのリボルテックを3ついっぺんにもらって全部ジャンケンで放出していたスギヤマさんとオレは、前回のファルケ受賞記念オフの席でファルケのキットを勝ち取った脊戸さんが再放出したファルケをめぐって直接ジャンケンした仲でした。ま、ささいな偶然ですね。

とにかくツキまくってて後が怖いような一日でした。参加者のみなさん、横山センセ、そして展示会を企画・運営してくださったイエサブのみなさん、神戸さんに心から感謝したいと思います。もう一週間も経っちゃいましたけど。

620_001 さて… WF準備なんですが、ホントは今日中に原型をアップする予定だったんですけど、まだパテ盛ったまんまな個所があったりしてちょーっとケツに火がついてますね…。

620_002 新作の人形はほぼ完成してます。あとちょっと首もととクツいじる。

620_004 アタマはWAVE SAFS付属のモノをデフォルトとしていただいて。

620_005 こーんな感じで飾っていただければよろしいんじゃないかと。

今週中には複製に入りたいですね。残りあと一カ月か…

| | コメント (4)

2010/06/16

おおきなおともだち

   どーも。

いよいよ関東も梅雨入り。はやぶさ帰還、ワールドカップ開幕をハタメにWF準備の方々も湿気と時間との戦いに突入されていることでしょう。参戦するみなさん、申請は下りましたか? レジンのストックは大丈夫ですか? 他人の心配よりまず自分! がんばれよオレ…。

ということで、がんばる前に楽しいイベントの報告です。6/13に川崎は溝の口にあるイエローサブマリンさんにて行われMa.k. Tamagawa meeting #1に参加してまいりましたでございます。

615_056 バタバタしちゃってちゃんとした全体写真撮るのわすれちゃった☆ 横山センセご来場の図。

参加作品70以上、AM11:00からPM7:30までの間、展示スペースの前は通行者の方々を圧迫しまくる人だかりが絶えませんでした。なんだかんだ言いましてもMa.K.がらみのお友達がたくさんできたオレはごあいさつしまくってました。遠方から来られるなかなかお会いできないみなさんとゆっくりとお話する時間をもっと取れればよかったのに、お茶しに行ったりソバ食いに行っちゃったりして… 全作品を写真に収めるぜ! と意気込んでいたのにそれも叶わず。うーん、贅沢な悩みだポヨ…。

615_005 615_006 615_007 撮ってきた限りの画像を思うさま貼って行こうと思います。ネームプレートもちゃんと入れときゃ、誰が誰だかわかったのにね。まったくバカなオレですこと!

615_008 615_009 615_010 615_011 左からスギヤマさん、nozomuくん、大さん。うーん… みんなうまいぜ…。

615_012 615_013 615_014 白倉さんは今回初めて展示会に来られたそうですが、フィギュアがとても効果的でアレンジも塗装も上手でした。目立ってたな! 憎い!

615_015 615_016 615_017 615_018 レインボウエッグのKATOOさんもおいでになってらっしゃいました。ホリウチさんともひさしぶりにお会いできました。

615_020 615_021 これ、写真の向きはこれであってます。輸送艦内? でのスーツの整備風景はマシーネンクリーガークロニクルにも情景模型が掲載されていますが、これに果敢に挑戦されたあまさんのジオラマ。さすがに目立ってた! というか、持ってくるの大変だったでしょうな…。

615_022 615_023615_024 イシカワさんはまだとてもお若いんですが、バリバリ作っておられました。1/20クラッヘンフォーゲル、オレが見たかったとポロッと言ったのを覚えててくれたんですって。義理がたいなあ。アメあげればよかった!

615_027 615_028 615_054 女の子はどーしても写しちゃいますわな~。だったらちゃんと全作品撮んなさいよ! もースケベ。

615_029 615_030 615_031 615_032 この方もすげー若いんです。SAFSの動きも秀逸。トランスポーターはなんとスクラッチ! このサイズを! うらやましいそのバイタリティー。そして高い技術!

615_034 これ、すごくコッテリした色使いですけど塗装面は実に繊細でかなり好きな作品です。でもどなたの手になるものかがわからなくなっちゃって…

615_037 615_038 615_039 トロフィーの塗装を快く受けてくださったトモ☆ペンさんともお会いできました。タカハシさんも「今回は完成させた」とすっきりした面持ちで髪の毛を伸ばしてました。集中力が持続しないんだとか。モデラーなら誰もが味わったことのある低迷…。

615_040 615_041 615_044 マシーネン界隈では知らない人のいないキット原型の制作者、通称マシーネンのお母さん・脊戸さんも作品を持ちこまれていました。残念ながら現在進行中のモノでお忙しかったようで、お目にかかれませんでした。

615_045 これもかなり気にいったです。名札見たらRODEONて書いてあった。ホリウチさんの連れじゃん! もー かっこええ作品に感心してもすぐそこに制作者がいるすごさ。展示会おもしれーわ。

615_047615_048 615_049 sontoysさんの作品、これしか撮ってなかった! OVER-Qさんのフリーゲ/カウツ。フリーゲは中までキッチリ作ってあってみんな覗き込んでました。フリーゲ作る人はエライなあって、なぜか自動的に感心してしまう。

615_046 これ… なんだこのヨレヨレのスネークアイはとお思いでしょうが、大変有名なスネークアイなのです。fgをご覧の方ならだれでも知っているヒートペンの魔術師、無突さんの「ハセガワのキットのランナーだけで作ったハセガワスネークアイ」! 塗料も使っていないそうです。ランナーの色だけで着色されてるの! 何考えてるのもう…。

615_052 615_053 今回もってこられたプラ板を熱で加工したフィギュア。中はもちろん空洞!! 湯上りおねえさんのバスタオルは着脱可能。おっと、煩悩をくすぐられたそこのお兄さん! そう、アンタだよ!! 残念ですけどバスタオル外すと空洞が見えるだけでしたよ~(笑)

あー疲れた。続きはまた今度。

| | コメント (0)

2010/06/09

詰まってきてます

どーも。

twitter始めるとブログから遠のいてしまうという現象が相次いでいるそうです。ワタクシ不肖とまそんもここしばらくちょっとサボり気味でしたね。みなさんは新政権についてどんな思いをお寄せになられていますか。

先日やっと完成しました。

66_002 1/35クラッヘンフォーゲルと二人の子供。前作1/76クラッヘンフォーゲルでできなかったことを思いっきりできました。塗装とか。

66_010 66_011 66_009

うーん…アタマがでっかくて右腕のアンテナがちっちぇえな。でも塗装はよかった。うまく行ったかどうかはともかくとして、こういう色をこんな感じに塗りたかったんだがどうだ? という気持ちがみたされました。もちょっと迷彩パターンを細かくしてもよかったかな。あと今回はわかったのは、非人型メカでもアタマが小さくて各所がスラッと長くてメリハリが効いているとハンサムに見えるんだな、ということ。

66_005 このアングルだとフワッと浮かんでるメカの存在感が感じられてカッコイイ! …ていうか、二回もおんなじ構図で作るのはネタ以上でも以下でもないな…。

66_021 66_017 66_023 以前作ったアレもお化粧直ししました。アクリルガッシュをふやかしてはがす高石式に再挑戦。ちょっとずつできるようになってきましたが、なんといいますか、剥がれ方があんまりうまくない(画像は白く飛んじゃっててわからないと思いますが)。テクニックではなくて塗装の納得のいく剥がれ方を再現するというのはセンスがものを言うんでしょうね。

…というのをバタバタやっつけていたのは、川崎は溝の口にあるイエローサブマリンにてMa.k.Tamagawa Meeting #1というイベントがあり、これに参加するためなのでした。完成したモノをみんなで持ち寄り、あーだこーだ言ったりネットでしか知らない方々と直接お会いできたり、名だたる達人やプロモデラーにアドバイスを請うこともできるとても貴重な機会。これはもう絶対にいかねーと。で、76クラッホーと35クラッホーとラプーンを提出してきたわけなんですが、

69_001 69_002_2 …当日までに間に合わせるためにこんなこともしてたりなんかして。

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »