« ぼちぼちやっていこうかなーと。 | トップページ | ロード・トゥ・関東展示会 »

2012/02/16

往復15時間!?

ども。

まーそれにしても半年に起こった出来事を思い出しながらまとめるって、ただでも難しいと思いますけどね、なにしろオレですからね。オレ。毎日をふわ~っと生きて明日のことも昨日のことも置いてきているオレがですよ。半年のことを二三日でブログに書くなんて無限の大事業みたいなもんなワケですよ。コロニー建設とか火星テラフォーミングですよ。まあ、でも、やるんですけどね。コーヒーすすりながらがんばりまーす。

127_001 これね。ここを読んでおられるマシーネンがらみの方ならほとんどご存知かと思われます。Ma.k.新潟展示会の模様です。新潟… 去る2011年11月、展示会見たさに新潟まで行ったのです。ぼちぼちつかまり立ちができるようになったばかりの娘と嫁を置き去りにして。同乗者を募り、タケシングさん、サントイスさん、スギヤマさん、スバルさんの計五人でガチャガチャに荷物をつめこみ、片道7時間半もかかると知らずに。はー…。ほんっと、新潟ナメてた! 越後湯沢のちょっと向こうくらいが新潟の限界だと思っていたのでした。関越トンネルを越えてからまだ3時間くらい走らなきゃいけなかったとは…。

127_002 127_003

しかし、その苦労に見合うだけの見応えはありました。古民家を改装したオシャレなギャラリーに、これでもか、これでも足りぬか、と並べられたプラモデルの山。山っつーか、そのほとんどは首謀者のかえるたろうさん、こもんたさん、ポカモトさんの三人でしこしこ積み上げた執念のカタマリ。いくら主催者とはいえ一人アタマのノルマが50とか… 正気の沙汰じゃない! っていうか、キットだけでおいくら万円かかるんだっつーの。

127_004 127_005

数だけではなく、クオリティも半端なく高かった。とにかくこのそのお三方を中心に、レベルが高いのです。あらかじめわかってはいたことですけど、やっぱり実物を見るのは大事です。実物を見るために出かけていっただけのことはあった。往復15時間の価値は十分にあったと断言しておきます! 

127_006 また、積極的な告知とネットを通じたロビイ活動が功を奏し、各地からの作品招聘もなされておりました。これ、JMCで賞とったえび反り師匠の作品の現物。これだけじゃなく、マシーネングラフィックス2の表紙を飾ったえでぃさんのポーラーベア二体もやってきてました。どっちも東京でさえ見たことねえ(えでぃさんのは後に新宿模型ファクトリーに展示されましたが)。すげーな新潟! たまたま同日に名古屋でガンプラのイベントかなんかも行われていたんですが、それに絶対参加していなければならないハズのMAX渡辺さんも二時間ほど滞在していかれたんだとか。やー、MAXくん、義理堅いね! 新潟のみんなが惚れ直してたぞ! なのに、HJもMGも取材に来なかったというこの片手落ち加減…。マ ジ で ちょっと考えたほうがいいぞ。地方での気合入りまくったイベントが今後も起こり得るかどうかが掛かった機会だと思うんだけどなあ。

127_007 127_008 127_009

今後、マシーネンのみならず、SNSなどを中心に様々な模型イベントが企画されていくと思います。当然のことですが、模型制作の技術や情熱に地方だとか都会だとかは関係ありません。たまたま露出しやすい都市部周辺が目立つだけで、埋もれてしまいがちなあちこちの超絶作品がこれから徐々にリンクされていき、情熱を隠しきれない方々がその欲求のままに「現物をズラッと並べて存在を刻みたい」と行動にでるハズなのです。模型誌はこれまで、市井の模型愛好家(積みモデラー含む)を啓蒙し、牽引する役割を担ってきましたが、これからはもうそうじゃない。すでに実力を蓄えたプロ顔負けのモデラーさんの発掘、地方でのイベントのサポート、「模型」という趣味とそれにまつわる諸々に「雑誌に載っちゃった~」という強力な足場を与えて助長するという「育成事業の一環」の側面をもっと重要視すべきじゃないでしょうか。個人的な考えなんですけどね。

127_010 127_011 127_012

…話を戻しますけど、ほんとに素晴らしい展示会でして、座ったりねそべったりしながら作品を見ていられるのです。コーヒーも出してくれるし、なんなら泊まることもできたらしい。あと、女の子もちょこちょこやってくるのです! しかもそこそこかわいいんだよみんな。こんちくしょう。新潟、こんちくしょう。

127_013 滞在時間もそれほど余裕がなく、とにかく人と話すことと作品を眺めること、あと長時間のドライブでの疲労を癒し、帰りの運転用の体力を取り戻すための休憩に忙しく、撮れた写真はこれだけ。ですが、この他にも水島新司ロードを歩いたり、かえるたろうの彼女が短いスカートをはいていたり、名物タレカツ丼がなんとも不思議なジャンクなうまさだったりなど、万語を尽くして語りたいことは多々あるのですが、あんまり書いてると終わんないからね、なにしろ半年分たまってっから。





















|

« ぼちぼちやっていこうかなーと。 | トップページ | ロード・トゥ・関東展示会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぼちぼちやっていこうかなーと。 | トップページ | ロード・トゥ・関東展示会 »