« 2011年7月 | トップページ | 2012年7月 »

2012/02/17

ロード・トゥ・関東展示会

ども。

一度パーッと書き出すと、わりとキチンと書けるもんで、発泡酒とベビースターをちびちびやりながら楽しくパチパチ打ち込んでいるとまそんです。パソコンにゆっくり向える余裕、なかったもんなー。

で、Ma.K.新潟展示会がいかにすばらしかったか、そして新潟はどんだけ遠いのかを書きましたが、展示会当日が11/5~6。そのあとMa.K.関東展示会が11/20。新潟も外せなかったんですが、関東展示会も外すことはできないマシーネン界隈の一大イベントです。で、オレの中ではなにを出すかがとっくに決まっていたのでした。というか、参加者は前もって作品名も届出なければならんのです。ノイスポッター。そう決めていたのでした。

これに先立って、ツイッター上でなんとなく「今までちっさいクラッヘンを作ってきたからでっかいノイス作りたい」のような軽口を叩いたのです。これがムクムクと脳内で芽を吹き、できるだけでかいノイスポッターをどうにかして…という妄想につながりました。その時点でおそらく6月とかそんな感じ。全然余裕がありました。でかけるたんびにシコシコと材料を集めていき、あとは可能な限り正確なモノに仕上げるため、キットそのものを誰かからお借りしよう、図々しくもそう決めていたオレ。

443090693

とはいえ、おいそれと手に入るものでもない貴重なキット。しかし運良くご近所さんのタケシングくんが厚木ポストホビーのコンテストで賞品として一つ受け取っていたので、それをお借りして徹底的に採寸する手はずを整えていたのです。が…いろいろあって予定が延びてしまい、受け取ったのが新潟展示会の当日。つまり11/6。材料はそろっていたのですが、20日までは二週間。ムリだろ! 子供もいるのに! ただね、こういう状況に追い込まれると、ムチャしてみたくなるのが人情。嫁とムスメが寝室に入る21:30以降の能う限りの時間をめいっぱい使って、とにかくガツガツ作業に没頭しました。

443645513 444701230

エポパテでやっておかねばならないことを先にやっておけば、その間にキットの採寸ができる。ノコやヤスリで出る複合素材の粉にまみれたノギスと計算機。少し考えても完成しそうにありませんでしたが、始めてしまった以上あんまり中途半端なコトもできません。

454186539 手に入る最大のスチロール製の球の直径から割り出したノイスのスケールは1/12。思ったほどではありませんでしたが、胴体にあたる柱、かなりの数が必要になっていくる円形のパーツやディテールはどうしてもなにかアリモノを流用せねばなりません。なければ作るの精神も、やっぱりある程度使えるものを使って、どうしても手に入らないものに限定しなければ、二週間ではさすがに…。しかし、よくしたもので、手に入れておいた100均のスプレーボトルやホウキの柄など、採寸から割り出した数値にほとんどピッタリ! もう、これは「やりなさい」というグレート・ワンの思し召しとしか!

463132523 …そんなこんなで、もうマシーネラーなら一瞥してすぐわかる程度にはノイスポッターになりましたが、残念。あとちょっとのところまでで時間切れになってしまいました…

463145417 関東展示会では必ずお目にかける、というくるうくんとの約束も果たすことかなわず…。

127_017 …年末の[fg]展示会用に準備した、このいかにもよさげ~な画像ですが、これも結局完成じゃないんだよね。

というわけで、次回は関東展示会を振り返りますよ~ん。

| | コメント (1)

2012/02/16

往復15時間!?

ども。

まーそれにしても半年に起こった出来事を思い出しながらまとめるって、ただでも難しいと思いますけどね、なにしろオレですからね。オレ。毎日をふわ~っと生きて明日のことも昨日のことも置いてきているオレがですよ。半年のことを二三日でブログに書くなんて無限の大事業みたいなもんなワケですよ。コロニー建設とか火星テラフォーミングですよ。まあ、でも、やるんですけどね。コーヒーすすりながらがんばりまーす。

127_001 これね。ここを読んでおられるマシーネンがらみの方ならほとんどご存知かと思われます。Ma.k.新潟展示会の模様です。新潟… 去る2011年11月、展示会見たさに新潟まで行ったのです。ぼちぼちつかまり立ちができるようになったばかりの娘と嫁を置き去りにして。同乗者を募り、タケシングさん、サントイスさん、スギヤマさん、スバルさんの計五人でガチャガチャに荷物をつめこみ、片道7時間半もかかると知らずに。はー…。ほんっと、新潟ナメてた! 越後湯沢のちょっと向こうくらいが新潟の限界だと思っていたのでした。関越トンネルを越えてからまだ3時間くらい走らなきゃいけなかったとは…。

127_002 127_003

しかし、その苦労に見合うだけの見応えはありました。古民家を改装したオシャレなギャラリーに、これでもか、これでも足りぬか、と並べられたプラモデルの山。山っつーか、そのほとんどは首謀者のかえるたろうさん、こもんたさん、ポカモトさんの三人でしこしこ積み上げた執念のカタマリ。いくら主催者とはいえ一人アタマのノルマが50とか… 正気の沙汰じゃない! っていうか、キットだけでおいくら万円かかるんだっつーの。

127_004 127_005

数だけではなく、クオリティも半端なく高かった。とにかくこのそのお三方を中心に、レベルが高いのです。あらかじめわかってはいたことですけど、やっぱり実物を見るのは大事です。実物を見るために出かけていっただけのことはあった。往復15時間の価値は十分にあったと断言しておきます! 

127_006 また、積極的な告知とネットを通じたロビイ活動が功を奏し、各地からの作品招聘もなされておりました。これ、JMCで賞とったえび反り師匠の作品の現物。これだけじゃなく、マシーネングラフィックス2の表紙を飾ったえでぃさんのポーラーベア二体もやってきてました。どっちも東京でさえ見たことねえ(えでぃさんのは後に新宿模型ファクトリーに展示されましたが)。すげーな新潟! たまたま同日に名古屋でガンプラのイベントかなんかも行われていたんですが、それに絶対参加していなければならないハズのMAX渡辺さんも二時間ほど滞在していかれたんだとか。やー、MAXくん、義理堅いね! 新潟のみんなが惚れ直してたぞ! なのに、HJもMGも取材に来なかったというこの片手落ち加減…。マ ジ で ちょっと考えたほうがいいぞ。地方での気合入りまくったイベントが今後も起こり得るかどうかが掛かった機会だと思うんだけどなあ。

127_007 127_008 127_009

今後、マシーネンのみならず、SNSなどを中心に様々な模型イベントが企画されていくと思います。当然のことですが、模型制作の技術や情熱に地方だとか都会だとかは関係ありません。たまたま露出しやすい都市部周辺が目立つだけで、埋もれてしまいがちなあちこちの超絶作品がこれから徐々にリンクされていき、情熱を隠しきれない方々がその欲求のままに「現物をズラッと並べて存在を刻みたい」と行動にでるハズなのです。模型誌はこれまで、市井の模型愛好家(積みモデラー含む)を啓蒙し、牽引する役割を担ってきましたが、これからはもうそうじゃない。すでに実力を蓄えたプロ顔負けのモデラーさんの発掘、地方でのイベントのサポート、「模型」という趣味とそれにまつわる諸々に「雑誌に載っちゃった~」という強力な足場を与えて助長するという「育成事業の一環」の側面をもっと重要視すべきじゃないでしょうか。個人的な考えなんですけどね。

127_010 127_011 127_012

…話を戻しますけど、ほんとに素晴らしい展示会でして、座ったりねそべったりしながら作品を見ていられるのです。コーヒーも出してくれるし、なんなら泊まることもできたらしい。あと、女の子もちょこちょこやってくるのです! しかもそこそこかわいいんだよみんな。こんちくしょう。新潟、こんちくしょう。

127_013 滞在時間もそれほど余裕がなく、とにかく人と話すことと作品を眺めること、あと長時間のドライブでの疲労を癒し、帰りの運転用の体力を取り戻すための休憩に忙しく、撮れた写真はこれだけ。ですが、この他にも水島新司ロードを歩いたり、かえるたろうの彼女が短いスカートをはいていたり、名物タレカツ丼がなんとも不思議なジャンクなうまさだったりなど、万語を尽くして語りたいことは多々あるのですが、あんまり書いてると終わんないからね、なにしろ半年分たまってっから。





















| | コメント (0)

2012/02/14

ぼちぼちやっていこうかなーと。

ども。

え、「ども」じゃねーよって? っていうテンドンも新鮮な二日連続ブログですが、こう、ね。半年以上ほっといていきなり二日書くってね。自分でも「またちょちょっとやってすぐ放置するんだろ?」って思っちゃいますよね。そうらなない自信、ないなー。期間限定再結成ライブみたいな気持ちでがんばろうと思います!

76_163


76_175


76_194


76_155

こんなこと言ってはなんですが、一模型店の展示会のためにはるばる地方から作品を郵送しての参加、知り合いに作品を託しての参加など、「フットワークが軽い」とかいうレベルではない参加が目立つのがマシーネンの人たちです。[fg]でイベントやったりしていろんな方と交流ができるようになり、ホントによかったなあと思うのは、こんなことでもやってなかったら絶対に会うことはなかった遠方の友人が見つかること。模型を通じて模型だけじゃない付き合いができる人との輪につながれるでしょう。オレ、どっちかっていうと模型そのものよりも人付き合いの方が大事になってるよね。完全に。

76_188


そうだったなー。こんとき、センセに20コ近くもサインしていただいたんだった。ホントに、いやそうな顔の一つもせずにですよ。ありがとうございます。いまさらですが。

104_141104_144


109_006


あー、そのあとにこんな写真が出てきました。これらは2012年冬のワンフェスで頒布させていただいたシロモノなワケですが、それについてはもう少しあとにしましょう。

127_001


ああっ、だいぶ飛んでこんな写真が。これについてはまた明日。

| | コメント (0)

2012/02/13

さーてと。

ども。

、「ども」じゃねーよって? すんませんほんとすんません半年以上放置してホントすんません。さっき見たら6月の溝の口ミーティングの記事を7月に書きかけてそれっきり…。戦慄! 凍った。使おうと思って溜め込んでた写真の量を見て今フリーズした。ほんと、ほんとにすんとにすんません。

えー…。あらためまして、お久しぶりです。元気にしております。娘は無事に一歳になり、つい先々週くらいに歩くようになり、今日のお昼ごろ初めてごはん欲しさに「マンマ」としゃべりました。家族共々順調です。ではなにゆえブログをさぼっていたのか。それはねー、あまりに書くことがありすぎてまとめきれないまま時間が経過してしまったせいなんですね。あと、ちょこっと言いたいことがあるとツイッターにぜーんぶ書いちゃうので気が済んじゃうっていう。あとね、一番大きいのが「パソコン立ち上げない」です。スマートフォンで[fg]みてスマートフォンでツイッターやってスマートフォンでメールチェックしてスマートフォンでグーグル使えちゃうともうパソコン立ち上げるの億劫になっちゃうんだよ。もー、なんだこれ。なんというダメさ加減。

じゃ、およそ7ヶ月にも及ぶ過去の出来事をザックリかいつまんで振り返るブログ、始めます。

76_181


そういやあ、溝の口ミーティングの作品もほとんど紹介してなかったんだ。全作品の写真を紹介するつもりだったんですけど、参加者のみなさんそれぞれとの会話やエピソードが入り組み、それをどう書くかまとめようとして挫折してたのです。

76_161

とにかく、マシーネラーの技術の高さとフットワークには呆れるばかり。「すごい」とか「うまい」くらいしか形容する言葉を持たないオレは画像一枚貼るごとにヘトヘトに…。

76_168_3

はー。すんごく久しぶりに画像みてるなーオレ。溝の口ミーティング、打ち上げに参加できなくてタケシングくんとふたりでトボトボ会場を後にしたんでした。

76_174_2

しっかし、画像、あるなー…。追いつくのかしら。

| | コメント (5)

« 2011年7月 | トップページ | 2012年7月 »