2008/06/12

いやぁ~

どーも。

野田大元帥の訃報を聞いたばかりなのに、今度は水野晴郎/マイク・ミズノさんがお亡くなりになりました。。映画解説を降板されてからはシベ超制作とその宣伝活動に精を出されておられましたね。みなさんはシベ超、ご覧になられたことはございましょうか。オレは第1作しか観ていないのですが、いつか2、3、5、そして7(4と6についてはwikiって下さい)を必ず観ようと心に決めていました。しかし内容が内容でして、今観よう! というタイミングがわからな過ぎて今日まで放置していたのです。。。もしかしたらミズノ監督が亡くなられた今がそのときなのかもしれません。ご冥福をお祈りしつつ、山下大将の怪演技に浸る算段をすることにします。。。。

しばらくプラモデルにかまけてしまい、テーブルのすみっこで豆腐の入れ物にバラバラ状態でほったらかしておいたアレをついに完成させる決意を固めました。手をつけたのはもう二年も前のことなんですね。光陰矢のごとし。少年老い易く学成り難し。あれからオレもジーンズのサイズが一つ大きめになり、尿の切れは悪くなり、頭髪の状況は心もとなくなりました。

Img_2538ザッと色を塗ってみた。首が長かったせいでなんとなくヒョロッと見えてたんだけど、詰めたらよくなった。ヨロイの部分はプライマーを混ぜたフラットブラックの下地を作ってからクレオスのMrメタルカラー、ダークアイアンをそのまんま吹き付けた。まーノズルがつまることつまること…

 

Img_2539やる気になってきた。この人はずいぶん細かくたくさんの荷物をお持ち歩きでして、都合4つほど革のバッグを作り、マントを作り、そしてあのでっかい得物を作らねばなりませんが、さほど大変ではないでしょう… たぶん。

| | コメント (6)

2008/04/29

大変ですよ。

どーも。

ここ最近、プラモデルが作れない作れない言うとるダメ中年とまそんです。プラモデルなんか作らなくていいからもっと社会に貢献したり家庭を豊かにすることなどを考えるべきでしょうし、なにより一人前に仕事をそつなくこなすことを優先するべきなのですが、そういうことはもっとちゃんとした大勢のまともな大人の方々がされていることですし、働くよりも遊んでいたい。許される限り甘えていたい。ダメ人間のレッテルを貼られてもヘラヘラ笑えるほどプライドと無縁でいたい…。そういうのもストレス社会に生きる現代人の一つの夢だと思うんですよね。オレはストレス社会に生きてないですけどね。

Img_2459ね。ここしばらく、毎日なんかかんかデザインナイフと細切りの#400をもてあそんでいるうちに少し進んでおりますデス。まだまだ粗いんだけど、いい加減にしないといつまでたっても完成が見えてこなさそうなんで切り上げることにしたよ。

 

 

Img_2452で、もうディテールね。細かいことをたくさんやれば粗も目立たなくなるかもしれない。これはなにをやっているかというと、リベットを打っているところ。0.5ミリから0.7ミリで穴を開け、伸ばしランナーを植えていきますデス。

 

 

Img_2455で、長さをそろえて刈り込んだらライターの火を近づけて先端を丸くちぢこめますとリベットになるんデス。たぶん、スケールモデルとかで昔使われてた技法。知らんけど。

 

 

Img_2456左腕は「磁石です」で片付けられている超技術でできた義手ですので、マンガをめくりながらそれっぽくしときましたよ。設定どおり作ろうとすると絶対つまづくのでやめておく。でも、サイズが1/6だったら絶対にやってたな…。

 

Img_2458_2

ここまでやってきたけど、まだまだやることあんな~。だいたいこの人カラダにいろいろくっつけすぎだよね。ちょっとづつ進めまーす。

| | コメント (2)

2008/04/04

ぶぉぉおおお~~ ボンッ パリンッ

どーも。

新年度に入っていろいろごたついてらっしゃる方も多かろうと思いますが、みなさんはいかがおすごしですか。寒暖の差も緩んだこちらでは満開の桜もそろそろ散りはじめ、花見がてら散歩にでかける方々の姿もたけなわといったところです。思えば去年でした、花見に出かけたら実家の近所で飛び降りがあったのは…。今年はなんとほぼ同じ場所で火災が発生したらしく、先日実家に顔を出しましたら当の家とその上の家が真っ黒けになっておりました。それにしても火事って恐ろしいですね。なんでも朝6時くらいに出火したとかで、ベランダにファイナルファンタジーの魔法みたいなうねる火柱がごうごうと噴き出していたらしいのです。いちおう鉄筋コンクリートの建物なのにベランダ伝いに上の階に延焼してしまうあたりに炎の激しさを感じます。朝っぱらから家を追い出されて避難させられた挙句、消火のために家をめちゃめちゃにされた上の階の人、御愁傷さまです。ちなみに実家のお隣さんの今年大学を卒業された息子さん、卒業祝いにもらったお金をそっくりつぎ込んだデジタル一眼レフを手に火のような勢いで写真を撮りに飛び出していったそうです。いい写真、撮れたかな?

ところでガンダム00が終わりましたね。とうとう一話も見逃さずにキチンと付き合いきりました。みなさんもご覧になりましたか。もう、なにもかもがブッ壊れて一切合財がリセットされた感じでしたね。もはや新しいプラモやおもちゃを売るためでしかない大破壊なのはオトナの我々の目には明らかですが、それにしてもあざとすぎるというか、オレにはいったいなにが言いたいのかちっともわかりませんでしたけど、みなさんはどうでしたか? おもちゃが新しくなりますよ、の予告以外になにか感じられましたか? 感じられたならそれはそれで幸福なことだと思います。オレはもう、とにかくティエレンを出せティエレンがどたんどたん走ったり転んだりしてる姿を見せろと念じていることしかできませんでした。最近のサンライズロボットアニメは途中で主役機が交代するのではなく、いったんお話が終わったことにして半年ほどしてから続きを始める、というシステムになっているようで、その間に登場人物の顔も名前もすっかり忘れてしまうようなおっさんは冷遇されております。小うるさいことばっかり言ってひとっつもカネを落とさないようなヤツなど相手にする必要はないということなのでしょう。続編にGNドライブ搭載型ティエレンなどというフザけたシロモノが登場しないことだけを祈るばかりです。

Img_2437唐突なんだけど、ずいぶん久しぶりにこんなものをいじくり始めてみた。キムさんのココナを塗ったせいで閉じかけていたチャクラが開き、炎のヘビ・クンダリニーが脊髄を伝って昇っていったためです。未だミクロマン 改造で広大なネットをさまよう流浪の民はあとを絶たないようで、本当にみなさんミクロマンに飢えてらっしゃるんですね…。新作の報も絶えて久しく、トイザラスに行けばミクロマンの棚自体がごっそりなくなっているという恐ろしい現実。。そう、ホッキョクグマやオランウータンも守らなければなりませんが、ミクロマンだって切実に絶滅危惧種です。もっぱら投売り対象品でありながら、一方ではハード・トゥ・タッチであるというアンバランスな現状で失地回復はもはや見込めそうもありません。我々一介のオーディエンスにできること… それはせいぜい、投売り品の回収と改造くらいのもの。久々にブログ書くもんだからオオゴトっぽく書いてみたけど、要はタカトミに頼らない遊び方を考えるしかなくなってきたんでしょうね。ミクロ 改造の検索者がとみに増えていることはそれをニョジツに表しているのだと思います。だから、というワケでもないんですけど、ゆえあってしばらくプラモデルを作れそうにないので、ほったらかしにしてあったかわいそうなミクロマンを成仏させてあげることにしました。

Img_2438なんか、ちょっとうまくなってる気がする。この熱が冷めてしまわぬうちに完成させるぞ(棒読

| | コメント (2)

2007/09/09

ちょっとやってみた。

どーも。

みなさんのお住まいの地域はいかがでしたか、台風。つい川の様子を見に行って流されたり、ついガンジャ畑の様子を見に行ってまんまと逮捕されたりした人も出ますが、温厚にしてつましき紳士淑女である当ブログ読者のみなさんならば家で用心して無事に過ごされたことでしょう。よかったよかった。

さて、開始当初はミクロマンをメインコンテンツに、としていた当ブログですが、不肖とまそんめのいい加減な性質と生来の飽きっぽさがゆえアッチャコッチャ目移りを連発、挙句に未完成のパテ塊を山積してきたワケです。そしてついに今日、アッチャコッチャ目移りしまくって一周して戻ってきた成果をちょみっとだけお見せできるコトになりました。とっくりとごらんあれ

Img_2138 …大袈裟にブチあげてみたけど、要するに「ちょっと手が空いたので色塗ってみました」ということですね。ガイアカラーの白にメタルプライマーをちこっと垂らして塗ると隠ぺい力と食いつきは抜群。それでもいっぺんに厚塗りしようとするとSDNで染めた地色が染み出してきて面倒だ。地味にうすく塗膜を形成しながら積層していくのがコツみたいだね。 

 

 

Img_2140どうでしょうか。白の配置こそどこかでみたようなオリジナリティのない無難なデザインなんですが、キモになるオレンジの配置にセンスが感じられませんな。。。部分的にラインにしたほうがよかったかもしれんけど、とりあえずコレはこういうことで。

 

 Img_2142Img_2141

こうして見るともうちょっと下半身に緑を残してやってもよかったかもしれん。それにしてもアタマおっきいな~。あと、背中がちょっと寂しいッスね。。

染色して塗装待ちになっているボディはまだたくさんある。まあ…ぼちぼち片手間に塗っていくぞ。あと、なんか武器も作ろうかな。

| | コメント (0)

2007/05/22

こんなこともしてみたよ

どーも。

せっかく塗装ブースを組み立てたので、ついで、といっては大変アレなんですが

Img_0874Img_0875  半年くらい放置していた彼をメッキ頭にしてさしあげた。

 

 

Img_0879 なんかホコリがたかってるのかなあ。すげー片手間にやったからな。最近ちっともアタマ作ってない。作りかけのヤツも箱にしまったまま… ああ…

 

Img_0877 装甲を黒く染めてメッキシルバーを吹いてみた。が、これは明らかに失敗。下地に黒をスプレーする理由は二つ。明度を調節しやすくするためと、表面を滑らかにしてより金属っぽい光沢を出すため。黒く染めただけではダメでした~ へへへのへ。もっかいやり直し。

 

ミクロマン、新しいシリーズやらないね。自分でなんとかしろ、ってことなんでしょーかね。パワードスーツみたいなモンとか作りたいな~

あ、そうだ。ブログ開始から一年、100回を超えました~ パチパチパチ。

| | コメント (0)

2006/07/11

ダメだわ。

どーも。

ここんところのダルさ、というか精神的な停滞感はすごいです。津波のような侘しさですよ。やるせない。紙キレをぺろんと広げて2,3の道具を箱から出せばもう始められる頭部制作でさえ、手が進まんのです! 土下座!

いや、別に誰にはばかることはないんだけどね。なんというか、ブログを書いたりなんだりしてるウチに自分の中で義務化してしまったのかもしれない。いいじゃないか、オレが楽しんでなけりゃこんなの書く意味ないしな。楽しもうよ! 最高の週末を! いや、最高の週末とかイメージできないよ永吉。せいぜいゴハンがラザニアだとかそんなんだ。庶民目線でモノを考えられないんだろうな、永吉はさ… どうせアレだろ、ヨットだろ! 水着の女か! こんちくしょう!! またカモられちまえ! うそうそ。永ちゃん、これからもがんばってくださいね。

Img_0414_edited ご覧の通り、地味に進めたり戻ったり逡巡しています。こういう優柔不断な男、母性本能くすぐりますか? 奥さん…

 

Img_0416_edited 髪の毛はまあ、今のところ見ないで置いてください。そう、あなたならきっとできるはず。脳内スクリーンで愛らしい髪型をあてがうことが。。。

 

Img_0421_edited 外すとこのような按配です。えーっと、誰をマネするツモリでしたっけね。ま、これはこれでいいんじゃないかな。うん。萌える萌える。

 

Img_0417_edited このコも修正してたヤツな。髪の毛はなんかのフィギュア見て「動きのあるロングっておもしろいかもね」と思って。

 

Img_0418_edited もちろんまだシルエットさえザックリだけどこのような感じでどうでしょうか、奥さん! 

 

 

Img_0420_edited 顔はコレ。どれが元になっているかわかるでしょうか? …そこまで細かく気にしてねーっつんだよな。でもたぶんだいぶマシになってる ハズ。オレ、そう信じてる。

 

このほかにアンドロイ子さんを再開しました。やっと。久しぶりに手に取った。へ~ こうなってんだ、とか思ったよ。やっぱおもしれーな~ とか。バカですね。

Img_0424あらぁ… お久しぶり。最近お店もすっかり寂しくなっちゃったのよ? 誰のせい? ウフフ。

 

 

しばらくは複製用の顔の修正、そしてアンドロイ子さんをがんばります! なんとかやる気出して! なんかホラ、ウコンとか飲んで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/02

ぬーりぬり。

どーも。

センズリやめっ! パンツあげ!!

というわけでちょっと今気になっている魔法の海兵隊員まりたん。評価の声をきくとまーロクなこと書いてないので現在保留。保留ばっかりの梅雨ですがみなさん、洗濯物はカビくさくないですか。

Img_0409 複製したコたちを塗っていた日曜日でした。異常な集中力を使ってしまいMPは0に。

 

 

Img_0410_edited どうですか。このアンジェラ・アキばりのガイジン顔、塗るにあたって手直ししました。うん、あんまりよくねえ。左右違うし鼻のカタチが修正しきれなかった。まあ・・・これでいいや。

 

Img_0411 こっちのコはほとんど修正ナシで塗れた。…ってか、キズとか入ってたんだけど気持ちが塗装にむかって突っ走っていたためにほったらかして筆を塗料ビンにどぶん。あ、髪の毛はトップコートとかドライブラシとかかけてないんでまだ未完。

 

筆、っていうか竹串でちくちく塗ったんだが、この精神統一っぷりは実に心地いい。安いクロックアップ感が楽しめます。ただ、道具を洗うのがめんどくさくて筆やらスティックやらを使わなかったら調色すんのがかったるかった。ラクしようと思って結果、めんどくさいことしてるっていうのはもうオレのライフスタイルですね。つまようじや竹串を筆として使うためには先端をすこし加工したほうがいいのかもしれない。今回はサボりました。

Img_0412_edited 次はこのコを塗ろうかと。ご覧になってわかるかどうか… 顔は目、頬を中心にいじりました。複製品をナイフでうすーく削っていったら気泡だらけでアバタ顔に。

 

Img_0413_edited サフを吹いてありますんで肌色のせたら色がぐしゃぐしゃに。わかってたんだけどね。えへへ。やっぱりエアブラシ使ったほうが無難ですね。

 

 

複製した顔、現在順次大幅修正中です。結局髪も顔もカタを作り直すことにしました。やればやるほど難しさがわかってくる顔の造形。そこの貴様! 回れ右! ケツの穴閉めろ! ウフフ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/26

なんてありさまだ。

どーも。

Img_0392 買ってきた。ずーっと迷っていたんだ。ミリフォは8体セット2000円で投売りされてるのを見て散々悩んでやっと買った。でもアレは遊べた。子供の頃みたいにおもちゃを並べてごっこ遊びみたいなことができなくなっちゃったのでパーツを組み替えてポーズつけたりだけど、とにかくパーツ数がかなりあったので飽きるまで時間掛かった。思えばアレがいけなかったんだ。。トイザらスに週3日とか行くような生活に戻っちゃったんだからな。

 で、マスフォ。友達がアクロイヤーXのセットといっしょにコレ買ったんだよ、オレがミリフォ買うのといっしょに。ウチに来てリビングをめちゃくちゃに散らかして開けたんだけど、結局二人でミリフォばっかりいじってた。プレイバリューが薄い、そんな印象しかなかったんだよな。アクロもマスフォも。結局、アクロは1500円で買いましたがマスフォだけはどーにも踏ん切りがつかなかった。どうせ遊ばないしな… でも300円にまで下げられてたらもうどうしようもないだろ。どっか割れてても文句言わないよ、一体80円なら。気が向いたら開けてちょこっといじくろう。そしてまたすぐ箱にしまっちゃうんだ。不幸なおもちゃだよね。。トイストーリーなんて観るんじゃなかった!

マクラが長引いたがこっちが本題さ。

Img_0393_1 いつもよりずっと時間かかった。一つにはパテを変えたこと。ヤギ頭もそうだったんだけど、ミリプットさんの軽量エポキシから普通のタイプにしたのだ。軽量タイプのほうがずっと削り心地も軽快だしペーパーも入りやすい。早いんだよ。でもその反面密度がやや疎な気がする。細かい作業が多くなってくると集中力が途切れてナイフの刃先が「持って行っちゃう」んだ。でも普通のタイプはまるで造型用ワックスのようなヌラリとした粘り気と密度があって細かい作業に向いてる(と思った)。ただしやや硬い。表面処理にちょっとだけ時間がかかるんだ。 

Img_0397 う… 写真で見るとまだ左右が対称じゃねえな。ハンネのぽてっとした顔を強く強く意識して、というかいやらしいまなざしで穴が開くほど観察しながら「オトナになったらこんな感じなんじゃないか たぶん」と念をこめてノミ(精密ドライバー)を入れた。火の鳥・鳳凰編のもされちゃったほうの彫刻の人みたいな気持ちで……

  Img_0398

横。今まで作ってきたヤツよっか鼻梁をずーっとつぶした。ほんとは口ももっとちっちゃくてほっぺたも横にふくらんでるんだけどね。髪の毛パーツを共有したいのもあったし、まあ…オレの仕事だからこんなもんなのさ、今のところ。

Img_0394_1 髪の毛もハンネを意識しながら作った。北斗の拳でリンが急にオトナになったあの感じ、バンダナは巻いてるし髪型もあんま変わってないんだけどでも、やっぱ成長したなあ…つう感じにしたかったんだ。おっと、そういうことは言葉じゃなくて「カタチ」で語らねえとな!

 

Img_0395

…そうですね、ちょっとハンネに見えません。いや、まだコレからだ。試合はまだ始まってさえいないぜ。

 

Img_0396 でもなんだかめんどうだからこの方向でいいや。えへへ。すでに複製した髪型とややカブる節がありますね。髪の毛のカタはやっぱりやり直すことにして、アッチをやめてコッチを入れます。ついでだからこの顔も複製するツモリ。

 

ガッツ。アンドロイ子。ヤギ頭。髪のカタ。そしてこのなんちゃってハンネ。はいはいはいはい! わかってますよ! かたづけりゃいいんでしょーよ! 風呂敷広げるのはここまでにして、溜まってる中途半端を消化することに専念したい。あ、9月までにグフカスも作んなくっちゃいけないんだ! やべ… どうしよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/21

続きましょうよ

どーも。

ミクロマン改造、というカテゴリでこのまま進めて後々配布したり販売したりしたら問題になるんじゃないだろうか。そんな心配をしはじめた獲らぬタヌキのとまそんです。奥さん、毎日下着が湿って大変デスネ… げへへへ。

Img_0369 とりあえず複製した。

 

 

Img_0371 ごらんのよーに気泡がバッチリはいっておりますが髪の毛をかぶせるとほとんどわからないのでこの部位ならほっときま~~す♪ でも、顔パーツは形状がゆるやかなために気泡でワヤになるようなことはほとんどありませんでした。ラッキー。

 

Img_0370 問題は髪の毛。まあ、予想通りといいますか… おそらく粘土に埋め込んだ時点で分割線を工夫し突端がカタの中に埋没しないように知恵を絞るべきだったのだ。

 

Img_0372 こちらもこのありさま。アルテコの粉を流し込んでキャストが回りやすいように…という知恵をいただいていたので試したがほとんど効果ナシ。まあ、もっと大きなブツを扱うときの知恵なのでしょう。無念!

 

うーん… 髪の毛はもしかしたら型を起しなおす必要があるかもしれねえな。ばっさばさ量産して売りさばこうと思ったのに! ギハハハハ。

Img_0374_1

というわけで、もう見飽きてる風でもありますがおさらいということで。

 

 

Img_0376

この髪型が一番気泡の影響をうけました。うーむ。

 

 

Img_0375そしてこの髪型が一番影響を受けなかった。とんがってる部分がないほうがいいよね、やっぱり。 

 

Img_0378 この髪型、意外に大丈夫だった。アルテコの粉が効いたのかしら。

 

 

Img_0379 これはちょっとなあ… 今更だけどもう少しボリュームのあるショートにすりゃよかった。キャストも回りにくいし似合う顔限定されるし、あんまりかもね。

 

よし、とりあえずこれで一段落! やりかけのモノに手を入れながらこのコたちは彩色してみようと思ってる。うなれ、オレの筆さばきよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/20

続きまーす。

どーも。

口内炎がいたくっていたくって。下唇のすぐうらっかわにできちゃって、これがまーなに食ってもなに飲んでも痛いの。こんなときにかぎって、一玉3000円くらいする超うまいマンゴーとかもらったりするんですよね。うまかった… でも痛かった!

Img_0364 昨日作っといた上型と下型。これに湯口を刻んで画像のようになりましたですね。これに離形剤を塗りまして、いつでもキャストを流し込むことが可能に! わくわく。

 

Img_0365 合わせはきっちりガッチリ。あ、そういえば上型から下型をはがすときに一部癒着してしまいまして。そのおかげで湯口を大きくとることができたのでケガの功名ということにします。断じて。

 

Img_0366 これが使っている注形材。ホームセンターで買いました。これがあんましよくないんだ。というかみんなこんなもんなのかな。よく知らなかったのでフタ開けっぱなしとかにしてたけどそれは激しくよくないらしい。湿気を吸ったり揮発して有害物質を放ったりするそうだ。みんな、そいつにさわるな!

Img_0367_1

ちょと写真の向きヘンだけど、まずまず上手に抜けました。表面処理が甘かったコとか、結果に如実に出ちゃうんだよね。あんだけがんばったのに… ちぇ。

 

Img_0363 明日は髪の毛、できるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧